連休中の営業カレンダー  golden week schedule
2017/04/20(Thu) | お店日記 | page top↑
calender.png エスペーロ能勢のホームページ http://espero-osaka.com を開いてトップページのカレンダーの写真をクリックしていただきますと営業日がわかります。

原則として金土日月が営業日ですが、イベント出店や貸切などで通常営業ではない場合がありますので、お手数ですが営業カレンダーかお電話(080-3764-7905)で確認してからご来店いただけますとありがたいです。

さて、ゴールデンウィークの営業は下記のとおりです。

       4月29日(土・祝)     通常どおり(11:00~17:00)
       4月30日(日)       通常どおり
       5月1日(月)        通常どおり
       5月2日(火)~4日(木)  おやすみ
       5月5日(金・祝)      通常どおり
       5月6日(土)        通常どおり
       5月7日(日)        11:00~14:00 貸切、14:00からは通常どおり



憲法フェスタ
なお、5月4日は店舗はおやすみですが、いたみホールでの憲法フェスタに出店いたします。施行70年を迎える日本国憲法についてみんなで考 える「市民のおまつり」には、歌あり笑いあり講座あり。お近くの方はぜひどうぞ。













4月12日(水)春の庭 spring garden
2017/04/13(Thu) | お店日記 | page top↑
20170412椿 風はまだまだ冷たいのですが、エスペーロ能勢の草花たちが次々と顔を出して「春だよ」と教えてくれているような4月です。青空の中の椿は咲いたあとにぽとりぽとりと地面に落ちてこんどは地面を飾ってくれます。

 
20140412たんぽぽたんぽぽは漢字で書くと蒲公英。生薬になる根っこの名前だそうです。そういえば根っこから作ったタンポポコーヒーというのを飲んだことがあります。若い葉っぱはサラダにできるそうなので試してみようかな。


20170412水仙 水仙。





20170412菜の花
菜の花プロジェクトみのおからもらった苗がぐんぐん大きくなっています。




20170412ふき ふきはふきのとうが終わって葉っぱが出できました。大きくなったら茎を佃煮にできますね。




20170412スノーフレーク
こんなかわいい花もありますよ。スノーフレークという名前です。




20170412すみれ すみれが群れて咲いています。頼りなげですが集まって咲いているので遠くからでもすみれだとわかります。





仏の座のとなりに咲いているこのピンクの花はなんという名前でしょうか。わかりません。20170412仏の座と?







20170412いちご?石の間で咲いているこの子の名前は?





庭のぶらぶら歩きはとても楽しい。
 

4月6日(木)カフェの日々 cafe days
2017/04/07(Fri) | お店日記 | page top↑
和室利用エスペーロ能勢を開くまでは、正直言ってこれほどカフェに重点を置くことになるとは思っていませんでした。せっかく遠くから能勢まで来てくださるお客様にお茶ぐらいはという思いから始まり、どうせならランチもとなりましたが、いざオープンしてみるとお客様はカフェを目当てに来てくださる方も多くて、いささかあたふたとしております。

グルメなものは作れませんが、フェアトレードやオーガニック、地産地消の食材を使って、いくつかエスニックなメニューの紹介もしたいというのがエスペーロ能勢のカフェのコンセプトです。食を通じて外国を知るということもありますね。

今月初めには町内会のみなさんが11名で予約してランチしてくださいました。幹事さんが「あまりエスニックなものは・・・」ということでしたのでマイルドなメニューにしました。和室は座卓を二つ並べると12名様までお座りいただけます。ふすまを閉めることもできますのでグループでのご利用はご相談ください。

もちろんカフェを利用しないでお買い物だけあるいは店内の商品を見るだけのお客様も大歓迎です。



車椅子

またある日には車いす4台のご利用がありました。テリーが送迎をお手伝いしている障がい児放課後デイサービスの方たちが来てくださったので す。エスペーロは1階はほぼバリアフリーなのですが入口だけ踏み石があったり段差があったりしますので板を2枚渡して無事車椅子で入ってもらうことができました。エスペーロは障がいを持った方でも気軽に入っていただけるようなカフェになりたいと思っています。ご利用いただいてご意見を参考にしながら改善できるところは改善していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。




4月5日(水)この2週間 these two weeks
2017/04/05(Wed) | お店日記 | page top↑
エプロン毎日の業務に追われてブログの更新が2週間も滞ってしまいました。この2週間の間に世の中は一気に春。開店2か月を迎えたエスペーロ能勢には毎日いろいろなお客様が来てくださいました。そんなあれこれを一挙掲載です(写真はクリックして拡大してください)。

私が店で着けているエプロンはインドネシアのバティックプリントでできています。ある日来られた女性のお客様がそれを目にして「とても懐かしいです」。聞くと彼女のお父様は船乗りだったそうで長い航海の後に帰宅される時は世界各国の珍しいお土産を持って帰られたということでした。その中にインドネシアのバティックもあったのだそうです。「長い航海でさびしかったですか」「はい。でもまとめて1か月ぐらい休みが取れたのでいろんなところに連れて行ってもらいました」「ではよい思い出がたくさんありますね」。バティックのエプロンからお父様の思い出話になりました。こんな何気ない会話がとても好きです。

ワゴン@ごこちマルシェ@それからこのマルシェワゴン。完成したばかりのブランニューです。みのおフェアトレードの会楓の代表の三浦さんが作成 してくださいました。おしゃれでしょう。おしゃれなだけではなくとても機能的にできていてパタン滋子さんと@ごこちマルシェパタンと平面に畳める優れものなのです。このワゴンで妙見山の「ごこちマルシェ」に参加してきました。暖かい日で雑木林の中での出店は気持ちよく、能勢、豊能、猪名川からの出店者さんたちと交流もできました。 友人知人も訪ねてくださって嬉しかったのですが、中でも私たちが敬愛する滋子さんが来てくださったのは嬉しい驚きでした。先月卒寿を迎えた滋子さんは好奇心旺盛。元気で優しくておちゃめな90歳です。この日も能勢電の妙見口駅から黒川のケーブル駅まで歩いてきたとおっしゃるのでびっくりしました。「ああ、気持ちがいい」と美味しい空気を深呼吸しながら一緒に写真を撮ってもらいました。

 
前のエスペーロでお客様だった方も遠くから来てくださいます。先日箕面から来てくださったIさんが庭に置いてあった大鉢を見つけて「スイレンを植えてみませんか」。開店祝いにKさんからいただ20170403すいれんいた大鉢はランの花を入れていたのですがランの花が終わり庭に所在なく置かれていました。そういえばスイレン鉢にぴったりです。その後スイレンの苗と土をいただき植え方の本まで貸してくださいました。夏のボウフラ予防にはめだかか金魚を入れるとよいのだそうです


ハンモック 庭もだいぶん春めいてきました。店内が満席になった時やワンちゃんをお連れの時にはこのテーブルコーナーをお使いいただくこともあります。ハンモックも吊り下げました。カンボジアからやってきたハンモックです。子どもたちだけでなく大人の方にも人気のハンモックです。お時間のある方はお昼寝でもどうぞ(笑)




20170403山空海温泉
月曜日の閉店後に近くの温泉に行きました。エスペーロから車で10分、田尻川沿いにある山空海(さんくうかい)温泉です。元々は湯治の湯だったそうで古く狭いのですがお湯質は抜群によいです。お肌も髪もすべすべさらさら。おすすめです。山空海温泉看板






20170403ランチ先週のランチはこんな感じでした。ジプシースープや小豆のサモサがエスニックです。そしてグリーンサラダが人気です。茨木市泉原にある「菜の花プロジェクトみのお」の畑で栽培されている無農薬野菜がサラダ野菜10~13種類入っています。先週のラベルには「サラダ野菜13種セット」として「サニーレタス、リーフレタス、ワサビ菜、サラダからし菜、赤サラダからし菜、サラダ春菊、ルッコラ、パセリ、ディル、コウサイタイ、イタリアンパセリ、スープセロリ、パク チー」とあります。





 
西淀川モスク 定休日に入って火曜日に私が行ったこの場所はどこでしょう?外国みたいでしょう?答えは大阪モスクです。西淀川にあります。私の目的は1階にあるハラールフードの店でインドネシアや中東の食材を買うことです。ところが店はドアが閉まったまま。向かいのハラールレストランで聞くと「きょうは開いてるよ。きっと今はお祈り中」。ということで待つことしばし。そのうち観光バスがやってきてマレーシアからの観光客さんがぞろぞろと降りてきました。旅先でもやはりモスクでお祈りをするのです。クアラルンプールから来たという女性としばらくおしゃべりしながら待っているとお祈りが終わった店の人が上階のモスクから降りてきました。いつものアブドラさんではないので「アブドラさんは?」と聞くと「ガイドの仕事が忙しいから店にはいない」とのこと。インバウンドの観光客の増加に店よりもガイドというわけか。そのせいか店には欠品が多く、まあそれでもサンバルやケチャップマニスという調味料を買って帰りました。

もっといろいろなことがありましたが、きょうのところはここまでにします。

3月19日(日)暖簾をいただく noren (a shop curtain)
2017/03/19(Sun) | お店日記 | page top↑
のれん1 エスペーロ能勢の玄関にこんな素敵な暖簾がかかりました。ロゴがプリントされています。



贈呈




エスペーロ能勢の開店を祝ってくださる方々からのありがたいプレゼント です。呼びかけ人の岡本さんが昨日来店されて直接贈呈してくださいました。何よりのプレゼントを考えついてくださった岡本さん、そして呼びかけに応じて贈ってくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。


のれん2 さっそく裏の庭から竹を伐って暖簾に通し玄関にかけてみました。いいでしょう?これなら477バイパスからも見えますね。今まで「前を通り過ぎてしまった」とおっしゃったお客様もありましたが今度は大丈夫かな。




柱時計
もうひとつこの日新しく店内に設置されたものがあります。それはこれ、柱時計です。 友人のEさんからもらい受けた古い掛け時計。「贈クルミヤ書店殿 旺文社」と書かれていますから書店の開店祝いか何かに旺文社から贈られたものではないでしょうか。しばらく眠っていた時計が近所の時計屋さんで修理してもらってエスペーロ店内の柱でまた時を刻み始めました。毎時にボーンボーン、30分ごとにボーンと優しい響きで時を告げてくれます。これからは毎日ネジを巻く仕事がありますね。




3月16日(木)第3世界ショップ展示会 fairtrade exhibition
2017/03/18(Sat) | イベント | page top↑
20170316第三世界ショップ展示会第3世界ショップの展示会があって東京へ行ってきました。いつもモノレールの流通センター前にある倉庫を会場として行われます。倉庫なので少々寒いのですが、会場が広いのでたっぷりとディスプレイしてあってゆっくり見て回れます。




今年のテーマは「競創」。競って相手を蹴落とす「競争」ではなくて競って創造する「競創」。効率化優先の第一次近代社会はすでに行き詰まりを見せている。国と国とが競争するのではなく、互いに切磋琢磨して国境を越えた第二次近代社会を創ろうというのが第3世界ショップの考え方なのです。
学習会
今回の展示会でも第3世界ショップが協働してビジネスを展開するカンボジア、 フィリピン、台湾からのゲストが来日して学習会が開かれました。



 
林和春さんと湾の林さん(はやしさんではなくりんさん)は農薬を使わない烏龍茶つくりをしています。一度は日本の貿易会社で働いた林さんですが(そのおかげでとても日本語が流暢)両親の真摯なお茶作りの姿を見てそのあとを継ぎたいと思ったそうです。そういう林さんもお話を聞くととても誠実な人柄がわかります。実際に淹れてくださった烏龍茶は丸く甘味のある美味しいお茶でした。もうじきエスペーロにも入荷します。

再会
第3世界ショップでは1年に何回かアジアで国際会議を行います。現地のメンバーと同じテーブルで社会貢献ビジネスなどについて語り合うの で、スタディツアーではなく国際会議と呼んでいます。インドネシア、カンボジア、ミャンマー、台湾、フィリピンなどです。私は数年前にインドネシア、昨年は台湾の国際会議に参加しました。今回台湾会議の時のメンバーに再会して旧交を温めました。背の高い男性はフィリピンのシャピイという団体のニールさんです。シャピイはニールさんのご両親によって始められました。内戦が続いたミンダナオ島で女性のための仕事作りとしてバナナやコゴンやアバカの材料で紙をすき、押し花をほどこしてカードやカレンダーを作っています。エスペーロでも人気の美しい押し花カードです。

小柄な女性は台湾の地方都市で農業をしながらドキュメンタリーフィルムをつくっている陳さん。大企業に勤めていたのをやめて農薬を使わないでお米や豆を作っています。

写真には写っていませんが、カンボジアからのデンくんは若いながらもカンボジアでのカシューナッツづくりの中心メンバーです。特産のカシューナッツをそのまま売るだけではなくカシューナッツバターに商品化して売り出そうとしています。

彼らに共通するキーワードは「地方」です。都会ではなく地方で何かを起業していく。それはエスペーロがある能勢にも通じます。何もない田舎と言われてきた地域に実は可能性があることを彼らは教えてくれます。

試食プレート お昼は第3世界ショップのスタッフ特製の美味しいランチでした。カレーの壺やチャツネやナッツやオートミールなど、いずれも第3世界ショップの商品である食材が使われています。どれも美味しかったけどこれぞ!と思ったのはチキンの唐揚げにチャツネのソースをからめたものでした。いつかエスペーロのカフェでもメニューに入れたいと思います。


そんなこんなで、楽しく美味しく実のある展示会でした。写真を撮り忘れましたが、おなじみ山羊革のペンケースや財布、ミラー刺繍のバッグやポーチなど、たくさん仕入れましたのでどうぞお楽しみに。


3月12日(日)看板がつきました stand a signboard
2017/03/12(Sun) | お店日記 | page top↑
20170311屋根裏シアター 昨日は第一回屋根裏シアターで『がんばっぺフラガール!』を観ました。参加者は少なかったけど3.11にふさわしい映画を一緒に観られてよかったです。また、この屋根裏が映画会にぴったりだということもわかりました。今回は借り物でしたが、プロジェクターやスクリーンを購入して定期的に映画会ができたら楽しいなと思います。観客は1人でも2人でもよいのです。能勢には映画館がありませんからこの屋根裏をシアターとして活用してもらえたら嬉しいです。

看板(南から)
ところで、エスペーロ能勢に来られる方々をいつも迷わせているアクセスの 道路ですが、このたび手作りのサインボードを出しました。地黄郵便局から100m北へ行ったところにY字の分岐点があって左の細い道を下りてほしいのですが、ほとんどの人が右の道なりに行って通り過ぎてしまうのです。Y字のところに設置したサインボードに気がついてもらえればよいのですが。ノボリを立てたら、とアドバイスしてくださる方もあるのですが、どうもノボリは風景に似合わないと思って気が進まないのです。
看板(北から)

きょうは暖かい一日でした。とても嬉しいお客様がありました。この家にかつて住んでおられたSさんのファミリーが訪問してくださったのです。自分がかつて住んだ家がリフォームされて別の家になっているのはどんなに興味深いことでしょう。別の家といってもあちこちに面影が残っていますから、ほんとうになつかしそうに見てくださいました。和室はほとんどそのままに残っていますし、台所の窓もそのままです。屋根裏へ上るために立てかけてあったはしごや土蔵にあった長持ちやタンスがディスプレイになっているのにも気がついてくださいました。土蔵や庭も散歩されて、栗の木や竹林の手入れについても教えてくださいました。あらためて前の家主さんからこの家をバトンタッチできた気持ちです。
20170310梅の花
庭の梅の花も開き、あちこちに元気なりゅうきんかが黄色い花を咲かせています。そういえばきょうこの春初めてのうぐいすの声を聞きました。 一回だけ。それもあのホーホケキョとはちょっと違うような。きょうご来店くださったOさんによると「まだ鳴き方20170310りゅうきんか 練習中」なのだそうです(笑)













3月10日(金)ナシゴレン nasi goren
2017/03/10(Fri) | カフェメニュー | page top↑
3月第2週のランチきょうから4日間のカフェメニューです。

インドネシアの炒飯、ナシゴレン。インドネシア語でナシはご飯、ゴレンは揚げる炒める、の意味です。つまり炒めたご飯。

少しだけスパイシーな炒飯です。具はチキンと野菜とテンペも少々。ナシゴレンに必ず付くのが目玉焼きとえびせんとトマトときゅうりです。

無農薬栽培の10種の野菜サラダと春の香りがする菜の花のおひたしがつきます。

スープはやはりインドネシアのソト・アヤム。ソトはスープ、アヤムはチキンの意味です。つまりチキンスープ。

ランチは800円でドリンクをつけると1000円です。どうぞめしあがれ。

3月10日(金)明日は第一回屋根裏シアター Loft theater
2017/03/10(Fri) | イベント | page top↑
屋根裏シアターチラシ 明日は第一回屋根裏シアターです。

エスペーロ能勢には屋根裏があります。古い日本の農家がよくそうであるように、蚕小屋や物置に使われていた屋根裏です。

その屋根裏で映画会を行います。

明日はあの3月11日から丸6年。家族、友人、家、仕事・・・大切なものを失って今も苦悩の中にある人々は多いです。また原発事故の放射能でふるさとを追われた人々もたくさんいます。

震災の時、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズも大きな被害を受けました。活動の場をなくしたフラガールたちは全国行脚の旅に出ます。「涙ではなく笑顔を選んだ」フラガールたちの感動のドキュメンタリーです。


20170310映画会準備
屋根裏の準備もできました。明日は第一回ですが、これからも時々よい作品を 選んでこの場所で映画会を企画していきたいと思っています。

どうぞお気軽に足を運んでください。
















3月9日(木)エスペーロ能勢へのアクセス how to get to espero nose 
2017/03/09(Thu) | お店日記 | page top↑
800px-箕面森町地区センターバス停 エスペーロ能勢ではメールアドレスがわかるお客様に不定期でイベントなどのお知らせをしています。もしまだ届いていないという方でお知らせメールをご希望の方はどうぞエスペーロまでアドレスをお知らせくだい。次回からお送りいたします。

きょう「エスペーロからのおしらせです」メールをBCCで多くの方にお送りいたしました。通常BCCメールにはあまりお返事をいただかないのですが、きょうは3名の方からお返事をいただきました。

そのうちの1通は80代のご夫婦からのものでした。旧エスペーロの近所にお宅があって、よくお買い物に来てくださっていましたが、能勢に移ってからは遠くてご来店が叶わないでいます。

私はそのTさんご夫婦からのメールに感激しました。そのメールにはこのように書いてありました。

「一度お邪魔しようとは話し合っていますが、なにしろ能勢口から妙見口まで行って地黄まで循環バスで行くとなると少々腰が重くなります。そのうち暖かくなったらぜひ参上します。それまでオリーブオイル大一瓶置いといてください。何とか頂きに参上しようと気合が入りますので、ぜひ置いといてください」

とくに最後の一節にほろりときてしまいました。時間と労力をかけて能勢のエスペーロまで来てくださるというそのお気持ちがとても嬉しかったのです。それで、箕面方面からは電車ではなく阪急バスを1回乗り継ぐだけでエスペーロまで来る方法があることをメールでお知らせしました。
それはこのようなルートです。行きも帰りも一日一便だけです。乗り換えは森町地区センターで1回だけです。
   (行き)
   千里中央         12:30(土日は12:27)
   白島            12:39(土日は12:36)
   箕面森町地区センター 12:57
   地黄局前          13:20

   (帰り)
   地黄局前          16:12
   箕面森町地区センター  16:42

千里中央方面からお越しの方はこのバス便が便利かと思います。千里中央からエスペーロまで1時間かからないで来ることができます。どうぞご検討ください。


 ホームに戻る  次のページ