FC2ブログ
ご自由にお持ちください take-free box
2020/08/01(Sat) | お店日記 | page top↑
ご自由にお持ちください店の前に「ご自由にお持ちください」の箱を置きました。

きっかけは、先日知り合いの事務所で、引き取り手がなく場所を取るので捨てられそうになっていた保存瓶2個です。少し大きすぎるのが難点だったようです。

それならエスペーロ能勢の店の前に置いてみよう、と思いました。車で来る人も多いし、田舎の人は漬物や保存食を大量に作るような気がします。

ほかにも、先月締め切りを過ぎて託されたアベノマスク数枚、義母が数回だけかぶっただけのフェアトレードの帽子なども。

亡き義母が趣味にしていた折り紙の作品を捨てられないでいたのですが、それも一箱あります。なかなかの作品ですよ~

昨日、さっそくお客様が帽子とマスクを連れて帰ってくださいました。

これからも何か出てくれば補充していきます。店内に入る前にちょっと見てみてくださいね。

8月のカレンダー訂正です calendar of Aug.
2020/07/26(Sun) | お店日記 | page top↑
8月のカレンダー 先日、8月の営業カレンダーをおしらせしましたが、その後変更になりましたので、再度おしらせいたします。

休業日が延びて11日(火)から27日(木)まで夏季休業といたします。28日(金)から営業再開です。

長いお休みとなりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

29日(土)と30日(日)は第32回屋根裏シアターです。ドキュメンタリー映画『1日1ドルで生活』を上映します。

https://www.cinemo.info/74j


映画についてはまた詳しくお知らせいたします。今回も密を避けるために各回5名さまの定員で実施いたします。


それでは8月もどうぞよろしくお願いいたします。
「野鳥が棲むコーヒーの森」のおはなし会 coffee trees with birds
2020/07/24(Fri) | お店日記 | page top↑
フィリピンの森の写真 連休初日のきょうは画家の高濱浩子さんをお招きして「フィリピンの山奥へ 野鳥が棲むコーヒーの森」のおはなし会でした。開催決定後すぐに定員に達しましたのであまり広く広報できていなくてすみませんでした。



舞台はフィリピンのルソン島北部。バギオという標高1500mの天空都市がありますが、そこからさらに山深く入った森で野鳥とコーヒー栽培に出会った高濱さんのおはなしでした。



高濱浩子さん森にすむ鳥や動物たちは美しいだけでなく、そこに住む人々にいろいろな ことを教えてくれる存在で、たとえば天気や季節を知らせてくれます。生活の中でふつうに人々と共存していて、友達のような関係に思えました。害虫を食べてくれる野鳥はなくてはならない存在で、鳥がいることが森の自然の指標になるということでした。

この地域では環境NGO「コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)」https://www.cordilleragreen.net/ が活動しています。かつては畑を焼き払って手っ取り早いサヨテ(はやとうり)の単一栽培をしていた地域にコーヒーの木を植えています。コーヒーの木は木陰をつくるシェードツリーを必要としますので、コーヒーの木だけではなくさまざまな果樹や野菜も同時に栽培します。森林農法と言います。そのことで地域の自然はもどり、生産も豊かになってきました。

実は、私たち夫婦も2年前にこのコーヒー農園を訪問してコーヒーの収穫を体験させてもらいました。そしてきょうのおはなし会の参加者の方たちの何人かはCGNを訪問した人たちでした。私たちは、自分たちが訪ねたコーヒーの森を思い出しながら美しいスライドを見てお話に聞き入りました。

高濱さんのお話のあと、参加者がそれぞれにマイクを持って思いを語りました。フィリピンに住んだことがある人、フィリピンが好きな人、フィリピン人のお友達がいる人、フィリピンのコーヒーが好きな人。

そうなんです。このフィリピンのコーヒーはシサム工房さんを通してシサムコーヒーとしてエスペーロ能勢でも販売しています。美味しいコーヒーです。ぜひご賞味ください。https://www.binchoutan.com/sisam-coffee/index.html

コロナの時期に密を避けて定員を限定してのおはなし会でした。そういえば、お話の中で私たちの胸に残ったエピソードがあります。フィリピンでもコロナで食糧が手に入りにくくなったとき、野鳥の棲むこの地域の村長さんが言ったそうです。「私たちの村は昔から持てる者が持たざるものに分け与える習慣があります。どんなに大変な時でもそれは生きています。政府の米は都会の貧しい人たちにあげてください」。これからコロナのような非常時には、このようなコミュニティーがいかに大切になるかを考えさせられました。

ご参加くださった皆さん(遠くからの方も多かったです)、高濱浩子さん、ありがとうございました。素敵な笑顔の高濱浩子さんの写真は参加者の太田さんからいただきました。



8月のカレンダー calendar of Aug.
2020/07/22(Wed) | お店日記 | page top↑
8月の8月のカレンダーカレンダーです。
黒丸が営業日、赤丸が休業日です。



8月11日(月)から21日(金)まで夏季休業日となりますので、よろしくお願いいたします。



29日(土)と30日(日)は屋根裏シアターを予定しています。タイトルはまだ決まっていません。決まり次第お知らせいたしますね。



それでは8月もどうぞよろしくお願いいたします。



各国語で「ありがとう」 thank you!
2020/07/04(Sat) | お店日記 | page top↑
箸袋エスペーロ能勢の箸袋です。

スタッフのクマちゃんがいつも丁寧にハンコを押してくれます。この5つのハンコは国立民族学博物館のショップで買いました。

各国語で「ありがとう」の言葉です。すてきでしょう?

上からトゥリマカシ(インドネシア語)、たぶんコップンカー(タイ語)、シュクラン(アラビア語)、サンキュー(英語)、そして、たぶんダンニャヴァ-ド(ヒンディー語)。

お客様にはあまり注目されていないようなのですが、以前「これはビルマ語ですか?」とタイ語を見た方が聞いてくださいました。きっと似ているのだと思います。

アルファベットは普通ですが、タイ語やアラビア語、ヒンディー語などの絵のような文字はほんとうにおもしろいですね。日本語もきっと外国人から見たら絵のように美しいのだろうなと思います。

マスク寄贈のご報告 masks for the Philippines
2020/07/01(Wed) | お店日記 | page top↑
アベノマスクエスペーロ能勢にフィリピンやインドネシアの工芸品を卸してくださっている神戸のAWEP(アジア女性自立プロジェクト)さんが、不要になっている政府支給マスクを集めてフィリピンへ送るという話を聞いたので、エスペーロ能勢でも急遽みなさんに協力をお願いしていました。http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1463.html

その後、お客様や近所の方や友人知人が協力してくださって、2枚入りのもの、施設へ送られてきたという1個入りの物など合わせて、100枚以上のマスクが集まりました。ご協力ありがとうございました。

awepマスク6月末の締め切りに合わせてAWEPさんへ送りました。AWEP さんのきょうのフェイスブックページの写真を見ると無事届いているようです。左下の箱がエスペーロ能勢から送ったマスクです。

フィリピンへ送られたマスクはランパラハウスという団体で立体マスクに仕立て直さされたのち、手ごろな価格で販売されるそうです。ランパラハウスで仕事が生まれるというわけですね。
https://tcc117.jp/awep/info/2782/



ちなみにランパラハウスではこのような手工芸品を作っています。

ランパラハウス スリッパ
ランパラハウスのポーチ フィリピン伝統の織物を使ったサンダルやポーチはエスペーロ能勢でも販売しています。








子ツバメが迷い込んで swallow leaving the nest
2020/06/22(Mon) | お店日記 | page top↑
つばめの親子1エスペーロ能勢はこの時期、窓を全開にして網戸状態ですが、玄関と勝手口は網戸がないので、ときどきアブやトンボが飛び込んできます。そして時にはツバメも。

ランチの波が去って店内には2組のお客さん。少し落ち着いた昼下がりの店内に、さっと一羽のツバメが入ってきたと思うと、けたたましく鳴きながらもう一羽のつばめが。

どうも巣立ちしたばかりの子ツバメが店内に迷い込んだのを、親が必死で外に出そうとしている声でした。

すぐに網戸を全開にして開口部をいっぱいにしましたが、子ツバメはどうしたらよいのかわからないようで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。天井にいる子ツバメを電気の笠の上から親がうながしますが・・・
つばめの親子2
私たちもどうしたらよいのか、ただ見守るだけ。

しばらくあっちやこっちや飛び回った挙句に、やっとのことで2羽は無事に外へ飛 んでいきました。私たちも思わず拍手。

子育てをする親の必死さが垣間見えて愛おしいワンシーンでした。

古民家ピアノコンサート piano concert at espero
2020/06/20(Sat) | お店日記 | page top↑
岳さんコンサートきょうのエスペーロ能勢は、貸切でピアノコンサートがありました。箕面出身で現在ウィーンで活躍されているピアニスト杉林岳さんと声楽家のお母さま貴子さんのコンサートでした。

コロナ事情もあって定員15名とさせていただきましたら、すぐに定員オーバーのお申込みがありましたので、広くお知らせできなくてすみませんでした。ほんとうはもっとたくさんの方に聴いていただきたかった、素晴らしいコンサートでした。


貴子さんと岳さん貴子さんが「自然豊かな古民家にはシューベルトが似合う」と言ってくださ いました。実際、窓を開け放した店内には田んぼからのさわやかな風が吹き込んで、貴子さんの歌声と岳さんのピアノが家全体に心地よく響きました。私のとなりの方はコロナ後初のライブコンサートに感動して涙ぐんでおられました。ほんとうに、そんな気持ちになりました。


岳さんのシューベルト「3つのピアノ曲」は本邦初演だったそうで光栄でした。初演ながら30分間暗譜で弾き詰め。曲目ごとに変化のある素晴らしい演奏でした。貴子さんの歌唱指導は定評があります。コロナで大きな口が開けられない今、口を閉じたままでも響く声が出せます、と歌い方を教えてくださって、「ふるさとの四季」をメドレーでみんなで歌いました。

岳さんコンサートちらし それにしても、親子で音楽家ってすてきですねえ。きょう一番喜んでいたのはもちろん素晴らしい音楽に触れられた私たち聴衆ですが、ピアノもこの家もとてもよろこんでいたと思います。







岳さんはこのあと8月と9月にコンサートがあります。きょう参加できなかった方もぜひ足を運んでみてください。

(写真は参加者の村田さんからいただきました。ありがとうございました)

政府支給マスクをフィリピンへ sending masks to the Philippines
2020/06/17(Wed) | お店日記 | page top↑
アベノマスク皆さんのお家で使わない「政府支給マスク」がありますか?神戸のフェアトレード団体「アジア女性自立プロジェクト」Asian Women's Empowerment Project(AWEP)さんが、集めてフィリピンへ送られるそうです。

フィリピンではまだマスクが不足していたり値段が高かったりします。そこで、AWEPがつながっている生産者グループのランパラハウスさんが、寄贈された布マスクを立体マスクに作り直して現地で手ごろな価格で販売する計画だそうです。詳細はこちら↓から。
https://tcc117.jp/awep/info

我が家にも自宅と店の両方に届いたマスクがありますので送りますが、送ってもいいよという方がありましたら、エスペーロ能勢に持ってきてくださるか、直接私に渡してください。一緒に送ります。

神戸の事務所に今月末必着となっていますので、エスペーロ能勢では28日(日)を締め切りとさせていただきます。

それでは、ご協力をよろしくお願いいたします。



営業を再開しました we are open normally
2020/06/02(Tue) | お店日記 | page top↑
テント 5月29日から通常通り営業を再開しました。コロナ前と変わったことと言えば、玄関に手指消毒液を置いたことと、マスクと、庭にテントを張ったことでしょうか。エアコンがない店内は、以前と同じように窓を開け放しています。日曜日は少し肌寒いくらいでしたが。


店内の密を減らすために、テリーが庭にテントを張ってくれました。外の風を感じながらのランチもよいですね。

金曜日いちばんのお客様はいつものご夫婦でした。ほぼ毎週金曜日に来てくださっていましたが、また忘れないで金曜日の朝いちばんに来てくださって、ほんとうに嬉しかったです。

土曜日と日曜日は、待ってくださっていたお客様、初めてのお客様でにぎわいました。ただ、ご来店時間のタイミングがちょうどよくずれていたので、密になることもなく、スムーズに運ぶことができました。

それでは、再開後もどうぞよろしくお願いいたします。



 ホームに戻る  次のページ