7月10日(火)パレスチナ、シリア、そしてイラク Palestine, Syria, and Iraq
2018/07/10(Tue) | お店日記 | page top↑
ガザ報告会写真6月30日(土)にエスペーロ能勢で「国境なき医師団」の看護師である佐藤真史さんのガザ報告会を行いました。5月はガザとイスラエルとの国境付近でパレスチナ側の大きなデモがあり、それに対するイスラエル側の砲撃で多くの負傷者が病院に運び込まれました。その手術室で働いた佐藤さんの現地報告でした。
http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1264.html




ガザの美容室その後、梅田で上映されている『ガザの美容室』という映画を観に行きました。ガザの美容室に居合わせた女性たちにはそれぞれのドラマがあるのだけど、最後には美容室の外で激化する戦闘に一様の恐怖に陥っていくという怖い映画でした。場面は最初から最後まで「ガザの美容室」内なので、舞台劇を観ているような感じでした。私たちは「紛争地の人々」や「難民」という言葉で人々をひとくくりのイメージで捉えてしまいがちですが、当然のことながらひとりひとりには個性や負っている人生があるということを思い起こさせてくれる映画だったと思います。


7月に入って西日本は記録的な大雨の日が続き、エスペーロ能勢も臨時休業にしました。それでふだん行けない土日の講演会に行くことができました。



志葉さん 7日(土)は大阪市内でコープ自然派主催の志葉玲さん講演会 「メディアが報道しない現実~パレスチナ・イスラエル取材緊急報告」に参加しました。志葉玲さんはフリーランスのジャーナリストでイラクやシリアを中心に取材・報道活動をされています。志葉さんも佐藤さんと同じ5月にパレスチナにおられました。


















この美しい女性は国境付近銃撃された女性で負傷者の介護をしていたところを後ろからユダヤ 兵に銃撃されて殺されたそうです。石やパチンコで抗議活動をするパレスチナとアメリカから30億ドル以上の軍事支援を受けているイスラエルとの圧倒的な力の差。それをありのままに伝えないメディア報道の不平等さも指摘されていました。




志葉さんのお話の中で少し希望が持てたのはユダヤ人の中にもガザ攻撃に反対する'人々がいる、ということです。'Free Palestine'のプラカードを持ってガザ攻撃に反対する若者たちです。中でも、ジェナサンというユダヤ人の12歳の少女はフェイスブックで世界中に訴えていてたくさんの読者を持っているという話でした。彼女をフォローしたいのですが見つかりません。



玉本英子さんさて、8日の日曜日には箕面市国際交流協会(MAFGA)のコムカフェでジャーナリスト玉本英子さんの講演会がありました。玉本さん もイラクやシリアやアフガニスタンなど危険な地域での取材を20年間も続けている女性です。シリアでのISの弾圧や公開の見せしめが後を絶たない一方で各地の状況を伝える市民記者の存在があります。玉本さんはシリアやイラクの友人知人と密に連絡を取りながら、また現地に足を踏み入れながら、私たちが知らない情報を伝えてくれています。

中でもイラク北部山岳地帯に住むヤズディー教徒の話が印象的でした。異教徒であるというだけでISの標的にされます。夫を殺されお腹にも胎児がいて上の子を連れた女性がISから逃亡する、うそのようなあまりにも厳しい現実に、聴いている私たちのだれもがショックを受けました。しかし逃亡してきた女性をイスラム教のおじさんがかくまってあげる。両隣がISの家というおじさんなのに「人間だから」というただひとつの理由で自分の危険を顧みずに女性を助けてあげる。その即座の判断に誰もがまた感動しました。

玉本さんのお話には、そのように人間と人間のエピソードが多くて引き込まれます。そして玉本さんの現地の人への問いかけはいつも大阪弁なのが親しみを生みます(実際には英語かアラビア語ですよ、もちろん)。

写真の手前が玉本さん(MAFGAさんの写真をお借りしました)。玉本さんは実は箕面と能勢の間の豊能町在住で、エスペーロ能勢にも来てくださったことがあります。いつかエスペーロ能勢でもお話会をしていただきたいとお願いしていますので楽しみにしていてください。

このように7月に入ってからパレスチナ、シリア、イラクと続きました。次は映画『ラッカは静かに虐殺されている』を観たいと思っています。http://www.uplink.co.jp/raqqa/



7月8日(日)明日は営業します will open tomorrow
2018/07/08(Sun) | お店日記 | page top↑
大雨のあと大雨の後はじめて店に行きました。自宅から店までの道は問題なく通行できました。久しぶりの日差しにほっとする気持ちです。
















途中、近くの東郷小学小学校裏の土砂崩れ校跡の裏が土砂崩れになっていました。土砂が小川をせ きとめて田んぼと畑にあふれ、ケヤキの里の裏の畑も水没したそうです。「スイカが全部つかってしまったから、ちゃんとしたスイカが取れるかどうか」とケヤキの里で男性が話しておられました。

最初は東郷小学校の体育館が避難所になっていたのですが、このように裏が土砂崩れになったために、全員で倉垣のサービスセンターに移ったそうです。雨の中の移動も大変だったことだろうと想像します。



店は雨が打ち上げた溝のゴミが散乱していたぐらいで特に被害もなくほっとしました。


明日は通常通り営業いたします。そのあとまた1週間臨時休業となります。我が家の二女の出産手伝いに行ってきます。明日お時間がある方はぜひご来店ください。ピープルツリーで仕入れてきたリサイクルサリーの新商品もありますよ。

トマト それから美味しいトマトはいりませんか?近くの農家さんが丹精込めて作られた有機トマトが大雨で危なかったのですが、ハウスからポンプで水を汲みだしてかろうじて救出されたトマトです。完熟したら冷凍して保存もできます。ぜひ。

















大雨による臨時休業について heavy rain
2018/07/07(Sat) | お店日記 | page top↑
ほんとう芸備線鉄橋に激しく長く続いた雨でした。自宅のあるここ箕面市は今も降っていますが、やっと少しずつ小降りになってきているように思います。店舗のある能勢町は、かなりの雨が降ったことといくつかの場所で土砂崩れがあったことで、各所で通行規制が行われています。大阪だけでなく全国各地で大きな被害が出ているようで心が痛みます。お見舞い申し上げます。

写真は私のふるさと三次と広島を結ぶ芸備線の鉄橋が白木山あたりで流された写真です(中国新聞より)。復旧にはかなりの時間がかかることでしょう。

エスペーロ能勢は、天候や雨による被害が予測できなかったため、金曜日と土曜日を臨時休業とさせていただきました。自宅から店までの道は通れるようなのですが、用心して明日も(8日)もう1日臨時休業といたします。月曜日(9日)には久々の営業をする予定です。

と言いますのも、そのあとまた19日までお休みをいただかなければならないからです。 7月は予定していた臨時休業が多かったところへ大雨による予期せぬ休みが加わってしまって営業日が少なくなりました。申し訳ありません。

9日の月曜日はのんびり営業していると思いますので、どうぞご来店ください。地震やら大雨やらで疲れた心身を休めに来てくださいね。ランチも営業いたします。



明日(7月6日)は臨時休業します will be closed tomorrow
2018/07/05(Thu) | お店日記 | page top↑
能勢の雨量近畿地方は昨日から雨が止むことなく降り続けています。それも激しく降り続けています。しかも明日も明後日も雨の予報です。

エスペーロ能勢がある能勢町もかなりの雨量のようです。農家さんの田んぼや畑が心配です。農作物が雨でやられてしまうのではないかと心配です。

一の鳥居からときわ台へ抜けるところで477号線が通行止めになっているという情報も得ました。

そのような状況なので明日6日(金)はエスペーロ能勢は臨時休業することにしました。

みなさまどうぞお気をつけて。被害が出ませんように。祈っております。

7月のカレンダー schedule of July
2018/06/25(Mon) | お店日記 | page top↑
7月のカレンダーです。7月カレンダーピンクの丸印が定休日です。(クリックして拡大してご覧ください)。

7月は都合により臨時休業日が多くなっていて申し訳ありません。

イベントとしては
1日(日)のせマルシェ@大けやき 出店
8日(日)かんでん楽市 出店
どちらも店舗は通常どおりの営業です。

7月の屋根裏シアターは『バベルの学校』です。20の国から24人の生徒が24のストーリーを抱えてやってきてクラスを作ったらどういうことになるのか。フランス中を感動に包んだドキュメンタリー。

https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=34

29日(日)が臨時休業のため27日(金)と28日(土)の上映会になります。時間も涼しい午前中(10:30~12:30)でいつもと異なりますのでご注意ください。学校が夏休みの小中高生のみなさんにもぜひ観ていただきたい映画です。大人は参加費1000円ですが高校生以下は500円(いずれも1ドリンク付)です。詳細はまた追ってご案内いたしますが、どうぞ予定を空けておいてくださいね。

それでは、7月もどうぞよろしくお願いいたします。


6月18日(月)大地震 big earthquake
2018/06/19(Tue) | お店日記 | page top↑
慌ただしかった一日が終わろうとしています。我が家のベランダから見える静かな風景です。

朝、私はベランダにいて、リビングにいる夫と「今晩のUさん宅のお呼ばれにフェアトレードのワインを持っていこうか」などと話をしながら洗濯物を干していました。

その時です。ドーンと大きな音がしたと思うと突き上げてまた落とされるという衝撃を感じました。この風景もろとも地球の底が抜けて地の底へ落とされた気分でした。

地震だ!とサンダルのまま家の中に飛び込み、とりあえず玄関のドアを開けました。それから何をしてよいのやら。めまいのような揺れを感じながらおろおろしていたと思います。幸いにも揺れは短時間で収まりました。

その恐怖感。阪神も東日本も経験したことがない私にとっては生まれて初めての大地震体験でした。これまで人の経験談を聞いては「大変だったね」と言っていたものの、ほんとうの恐怖感は自分が体験して初めてわかるものだと知りました。

すぐに停電。電話はもちろんラインやフェイスブックも機能せず、171,172の伝言サービスもなぜかうまくいかず、離れて住む子どもたちをずいぶん心配させてしまったようです。フェイスブックに無事を報告する機能があることを知ってすぐにクリックしました。

回復したSNSで見ると箕面市内の友人宅は食器が割れたり本が散乱したり大変そうでした。我が家は不安定なワインラックにかかっていたフェアトレードワインが1本落ちて割れただけの被害でした。地震直前に話題にしていたワインです。あれだけの揺れでワイン1本で済んだのは奇跡的でした。
棚のグラス
我が家は無事として、今度は店が心配になりました。きょうは急遽臨時休業にしましたが、とりあえず店の様子を見にいかなけれ ばなりません。さいわいトンネルも開通していていつもどおり店に到着しました。商品の雑貨は割れ物はほとんどないにしても、食器棚から食器がおちていたらどうしよう、棚のグラス類は絶対に落ちているな、などとドキドキしながら恐る恐るドアを開けてみましたら、拍子抜けするくらいに何も異常はなく、昨日と同じままの店内がありました。ホッ!

たくさんの友人やお客様からお見舞いのメッセージをいただきました。ほんとうにありがとうございました。このまま何も起こらないことを祈るばかりです。店舗は何の被害もなかったので、通常通り金曜日から営業いたします。



6月12日(火)アジアの布展で奈良まで asian weaving exhibition
2018/06/13(Wed) | お店日記 | page top↑
awep手仕事展AWEP(Asian Women's Empowerment Project) さんのお話会があって奈良の斑鳩町まで行ってきました。斑鳩町のフェアトレードショップきららさんの主催です。

神戸の鷹取教会構内に拠点を置くAWEPさんの事務所へは以前一度お邪魔したことがあります。手作りの布や雑貨を通して、20年以上アジアの女性自立のための活動をされています。tcc117.jp/awep/

awepお話会
AWEPの森木さんのお話を聞きました。フィリピン、インドネシア、タイ、ネ パールなどの国々には、貧困のため海外へ出稼ぎに出ざるを得ない女性たちがたくさんいます。家族と一緒に暮らしながら生計を立てられる手仕事をつくることで、彼女たちの自立を支援してこられました。

また、1980年代に多くのフィリピン女性がエンターテイナー(歌手やダンサー)として来日しましたが、その後、性産業に流れたり、日本人男性との間に子どもが生まれたあとに捨てられたりという事例があとを絶ちませんでした。彼女たちが日本であるいはフィリピンに帰国後も働けるように手仕事を作ることもまたAWEPさんの仕事だったそうです。

 







フィawep商品リピンのアバカ(マニラ麻)やパイナップルの繊維を使った織物を見せてもらいましたが、いずれも手間暇と高い技術を要するものです。また、インドネシアのバティックの難しさはバリ島に住んでいた私もよく知っています。そういった伝統的な技術を継承する人材が安い化学繊維の流入でそれぞれの国でも少なくなってきているということでした。




フェアトレードshopきららさんお話会が終わってAWEPの森木さんと一緒に会場すぐ近くにある主催者のきららさんのお店におじゃましました。fts-kirara.jp/
6畳ほどの店内 は様々なフェアトレード商品が上手にディスプレイされていました。他のお店を見せてもらうとほんとうに勉強に なります。きららの平井さんとはこれまでも展示会などで顔を合わせる度にいろいろなお話をしてきましたが、この日もAWEPの森木さんと3人で、どうしたらフェアトレード商品が売れるかや仕入れの難しさなど悩みを話し出すときりがないという感じでした。

このあたりは法隆寺界隈で観光客も多いはずですが、観光客は法隆寺を観たあとはすぐにバスで去ってしまうので町の中での滞留がないのだそうです。それを少しでも町で時間を過ごしてもらおうと町の角々にレトロでおしゃれなカフェやパン屋さんができていて、今回の会場も築70年の古民家をリフォームしたZADANさんでした。窓から法隆寺夢殿の土塀が見えるすてきなカフェです。
https://i-zadan2014.jimdo.com/


6月10日(日)エスペラント語のこと what is esperant?
2018/06/11(Mon) | お店日記 | page top↑
PT送付用看板写真 「エスペーロ能勢」の「エスペーロ」ってどういう意味ですか?と聞いてくださるお客様があります。「エスペーロ」は、エスペラント語で「希望」の意味です。8年前フェアトレードショップを開いた時に、平等で平和でだれもが希望を持って生きられる社会を思い描き、英語でも日本語でもない、エスペラント語がぴったりだと思ってつけた名前です。



エスペラント語は、ウィキペディアによると「19世紀にポーランドのザメンホフ博士が考案・整備した人工言語で、母語の異なる人々の間での意思伝達を目的とする国際補助語」です。世界中の人々が仲良くするためには母語以外に共通言語を持つことが必要と考えられました。そして、どこか一国の言語が特別な力を持つのではなく平等な共通言語を持とうという理想だったと思います。みんなが理解しやすいように文法はなるべく簡単に作られています。

蛇足ですが、ウィキペディアを見ていたら「エスペラント由来のネーミング」の項の中に「fairtrade shop & cafe エスペーロ能勢」が出ていてびっくりしました。きっと私のまわりのエスぺランチストさんのだれかが投稿してくれたのでしょうね。


エスペラント辞書 最近エスペラントのことでとても驚いて感激したことがありました。友人のOさんが亡きお姑さんの荷物を整理していて「エスペラント語の辞書」を見つけたからと言って私に下さったのです。これです。奥付を見ると、なんと大正15年日本エスペラント学会発行で、この辞書自体は昭和10年の第47版、定価60銭とありました。当時お姑さんはどんな思いでエスペラント語を勉強されていたのだろうと想像をめぐらしました。



辞書奥付










宮沢賢治や新渡戸稲造、井上ひさしなどはエスぺランチスト(エスペラント語を使用 する人)として有名ですが、一昔前は一般の人々の間でも「エスペラント運動」のようなムーブメントがあったのです。現在世界には100万人ほどのエスぺランチストがいてスカイプなどを通して交流されていると聞いています。
店名をエスペラント語にしたおかげで何人ものエスぺランチストの方たちとお友達になれました。その一人のMさんが先日「野田淳子コンサート」のチケットをくださったので行ってきました。野田淳子さんは平和を歌うシンガーソングライターであると同時にエスぺランチストでもあるのです。


野田淳子さん 歌もお話もとてもよかったです。今回はなかったのですがエスペラント語の歌も歌われます。野田さんは8年前からエスペラント語を学び始めたそうです。私は実は何年も前にMさんからテキストをお借りしたまま手つかずになっています。今回、古い辞書をいただいたり野田淳子さんとお友達になれたことがきっかけで、これからでも遅くないかな、歌から始めるのもよいかな、などと思っています。



手始めにエスペーロで「初心者向けのエスペラント語講座」をやってみたいと思っていますが、興味ある人いますか~?

6月のカレンダー schedule of June
2018/05/29(Tue) | お店日記 | page top↑
6月のカレンダー6月のカレンダーです。ピンクの丸印が休業日です。

6月に入ってすぐに2日(土)が臨時休業日になっていますのでお気をつけください。

あとは通常どおりの営業です。


イベントとしては9日(土)に能勢マルシェ@道の駅(くりの郷)に出店。店舗は通常通り営業いたします。

23日(土)と24日(日)は屋根裏シアター『第4の革命』です。2日のうちご都合のよい方でお申し込みください。
http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1253.html

6月もどうぞよろしくお願いいたします。
5月7日(月)連休が終わって after Golden Week
2018/05/08(Tue) | お店日記 | page top↑
201805072階の窓から連休が終わるのを待ってくれていたかのようにたくさんの雨が降った月曜日でした☂








写真は連休明けの田んぼの様子です。エスペーロ能勢の屋根裏からは季節ごとに絵のような風景が見られます。田んぼに水が入ってあちこちで田植えが始まりました。

連休中は多くのお客様にお越しいただきましてありがとうございました。特に5日のこどもの日は家族連れのお客様が多く、裏庭でバドミントンをしたり、虫捕りをしたり、タケノコ堀りをしたり、ハンモックに揺られたり、屋根裏で絵本読みをしたり(おばあちゃまがお孫さんに。素敵な本読みの声が下にも聞こえてきました)とゆったりとした休日を過ごしていただけたのではないかと嬉しく思います。


20170507裏庭
きょうの裏庭は雨に濡れて静かです。傘を差して歩くと驚いたかえるがぴょんぴょん飛び跳ねます。木蓮の花が終わってどくだみ の葉っぱが勢いを増してきました。ハーブたちも元気です。





 



20180507店内一転静かになった月曜日の店内で、私たちはやることがたくさんありました。日曜日のマルシェに出した商品を棚に戻し、店内の掃除をし、梁のぞうきんがけをしました。





手の届かない梁はモップを長くして拭きます。上から見下ろすと古民家の造作が見えておもしろいです。お客様にはぜひ二階から見下ろしてくださいね、とおすすめします。重機がなかった時代に、昔の人々はいったいどうやってこの大きな柱を組み立てたのでしょうか。先人の知恵と苦労を思います。2階から





















 ホームに戻る  次のページ