fc2ブログ
福袋(服袋) happy bags
2022/06/01(Wed) | 衣類 | page top↑
福袋エスペーロ能勢の営業日は通常は金土日月なのですが、今週はこの4日間を丸々お休みしなければなりません。

家族のサポートのために、ふたりで東京へ行ってきます。

次の営業日は10日(金)になります。よろしくお願いいたします。

10日には、福袋(服袋)がみなさまをお待ちしております。現在6袋ありますが、なくなり次第終了です。オーガニックコットンTシャツ1枚、トップ2枚、ボトム1枚(あるいはトップ1枚、ボトム2枚)の組み合わせです。袋もついています。

定価3万円以上の内容が1万1000円(税込)でのご提供です。シサム工房のおしゃれなファッションを、この超お得な機会に、どうぞお求めください。

<ニッポンの技xアフリカの色>JapanxAfrica
2022/05/28(Sat) | 雑貨 | page top↑
キテンゲ扇子キテンゲと呼ばれるアフリカ布があります。カラフルで力強く、強い陽ざしの太陽の元でも負けないパワーを感じます。

先日大阪市内のバラカさんからアフリカのあれこれを少しだけ仕入れてみました。

そのうちのひとつがキテンゲでできた扇子です。京都の扇子屋さんで作られているということです。ニッポンxアフリカのコラボですね。

キテンゲ扇子(共布のケース付き) ¥3850(税込)

日傘用の布


私は別のこの生地を使って、アーティストさんに日傘を仕立てても らっています。出来上がったらご紹介しますね。








ミラー刺繍のペンケース embroidery with mirrors
2022/05/23(Mon) | 雑貨 | page top↑
ミラー刺繍ペンケースミラー刺繍のペンケースが再入荷しました。

インドのセントメリーという生産者団体から来ます。セントメリーは、インドのグジャラート州のスラムに暮らす女性たちを支援しています。この商品を買うことはスラムの女性たちの仕事づくりにつながります。

ミラー刺繍は、砂漠の中でも存在を知らせるためとか、悪いものを反射させる魔除けの意味とか、言われます。

このクジャクのデザインよいですね。+peace という言葉が光ります。

ミラー刺繍ペンケース ¥2200
山羊革雑貨再入荷 goat lether from India
2022/05/11(Wed) | 雑貨 | page top↑
第3世界ショップからインド製山羊革のペンケース、メガネケース、コインケースが再入荷しました。

いろいろなデザインから店長の私が好きな柄を選びます。どれだけキリンが好きなんだか(笑)

羊柄の中には必ず1匹寝ころんでいる子がいるのがかわいいです。


ペンケース¥1540 メガネケース¥1430 コインケース¥1430 

いずれも1点ずつです。
母の日ギフト Happy Mother's Day
2022/05/04(Wed) | 食品 | page top↑
チョコレート5月8日(日)は母の日ですね。プレゼントの定番はカーネーションですが、フェアトレードのあれこれを贈るのも素敵と思います。

フィリピンのミンダナオ島にあるシャピイという団体で作られている手漉きの紙でできたカードには、英語で次のような言葉が書かれています。

”お花やプレゼントをあげることもできるけど、この世の中のどんなものをあげても私の愛は表しきれないわ、お母さん”

シャピイについては→https://www.p-alt.co.jp/handcraft/shapii/

店内にはプレゼントにぴったりのものがたくさんあるのですが、いくつか組み合わせてみました。

①缶入りチョコレート ピープルツリーのミルクチョコレートとビターチョコレートが7粒ずつ入っています。かわいらしい空き缶はあとで使えますね。 チョコレート¥2200+カード¥500





②ケニアのメル・ハーブからのハーブティーハーブティー
https://www.peopletree.co.jp/fairtrade/partner/meru.html ¥648











③インドのマカイバリ農園からのフフレーバーティー レイバーティー
https://www.peopletree.co.jp/shopping/foods/401232.html ¥907
 












リサイクルサリーのブラウス recycled saree
2022/04/26(Tue) | 衣類 | page top↑
サリーブラウス1インド女性の民族衣装サリーをリサイクルしたブラウスです。鮮やかなブルーに赤のベイズリーがかわいらしいです。



もう1点は赤と黄色。注文するときに柄や色は選べないので、どんなのが来るかなあと楽しみです。



注目すべきは、どちらも後見頃に”つぎ”が当たっていることです。ほんとうに上手に繕ってあって、ちょっと見にはわかりません。”つぎも愛嬌”と思って着ていただけたら嬉しいです。最近日本でもダーニング(修繕針仕事)がポピュラーになってきました。


リサイクルサリー ブラウス ¥7150


サリーブラウス2









つぎ2 つぎ1


パレワストーン stones from India
2022/04/26(Tue) | 雑貨 | page top↑
パレワストーンロングセラーのお守りパレワストーンが再入荷しました。

ピース、ハッピー、スマイルです。

お守りとしてバッグに入れておく、スリットに写真を立てる、ツボ押しに使う、温めて背中に置いてホット・セラピー・・・お客様が教えてくださったいろいろな使い方です。

スマイルの少ない友人に贈るわとスマイルを選ぶ人、幸せになりたいからとハッピーを選ぶ人、そして今は平和な世界を願う人たちがピースを買って行かれます。

インドの天然石をハート型に加工してあるので、少しずつ色合いなど表情が違います。お気に入りを選んでください。

お守りパレワストーン ¥385

蚊取り線香入れとお香立て mosquito coi holder
2022/04/12(Tue) | 雑貨 | page top↑
蚊取り線香入れ4月に入ってストーブを焚かなくなったので、ストーブの上もディスプレイに使っています。


きょう並べたのは、蚊取り線香入れとお香立て。


蚊取り線香入れは、お菓子入れや小物入れとしても使えます。


写真を拡大して見てくださいね。お香立てもかわいいですよ。

オーガニックコットンシャツ organic cotton T-shirt
2022/04/12(Tue) | 衣類 | page top↑
コットンあるいは木綿と言うと、とても清潔なイメージが浮かびがちですが、実は原料となる綿花の栽培には、慣行農法では大量の農薬が使われています。世界中の綿花栽培面積は全耕作地の2.5%にもかかわらず、世界中で使用される殺虫剤の15.7%が綿花栽培に使われている、というデータがあります。その結果、インドの綿花畑は汚染され、農家は農薬による健康被害に苦しみ、農薬を買うための借金地獄に苦しみ、挙句の果てにはその農薬で自殺を図る農民が大変多いという悲惨な現状があります。

ピープルツリーやシサム工房のTシャツは、そのほとんどがオーガニックコットンで作られています。インドで有機栽培している組合や団体の綿花でシャツを作っています。このように推奨されるべきオーガニックコットンですが、それでも世界全体で見ると、まだ全体の1%にも満たないというのが現実だそうです。

ユニセックスでSMLサイズのオーガニックコットンTシャツです。男女の性別に関係なく、ご自分に合ったサイズのTシャツをお選びください。すでに売れてしまったサイズもありますが、お取り寄せはできます。

価格帯は5000円台です。

ムーミンのTシャツはキッズ用です。サイズ100と120限定です。ベビーとキッズは先日の福袋完売で終売にするつもりでしたが、かわいさに負けて仕入れました。キッズの価格は¥3190です。

Tシャツ1Tシャツ2 Tシャツ3 Tシャツ4 Tシャツキッズ


コーヒー各種  coffee brands
2022/03/31(Thu) | 食品 | page top↑
コーヒー各種フェアトレード・チョコレートの季節が終わりに近づき(カカオバターで作られているので25℃以上の気温で溶けやすくなります)残り少なくなってきたので、場所移動をしました。

代わって最上段に躍り出たのはコーヒーのラインナップです。エスペーロ能勢にあるコーヒーをわかりやすく並べました。一つずつ並べていますが、在庫はありますのでお尋ねください。

国別に言うと、左から、ミャンマー、フィリピン、右の3社はいずれもネパールからのコーヒーです。焙煎の度合いは。中煎り~中深煎り~深煎りを中心に置いています。いずれも森林農法で小規模生産者によって丁寧に栽培されたフェアトレードのコーヒーです。

豆と粉があります。豆は店内のミルで粉に挽くこともできますので、ご遠慮なくお申し付けください。

ドリップバッグは個性的な絵のパッケージのものがあります。絵を見ていただきたいので、一つずつ並べています。これも在庫はありますのでお尋ねください。

今回、ご縁があって新しく入荷したのは、ミャンマーのコーヒーです。たくさんある種類の中から「デモカレシ(デモクラシー民主主義」と名付けられた中深入りのコーヒー豆を選びました。民主主義を切望するミャンマーの人々に共感しながら味わいたいコーヒーです。美味しいコーヒーです。ぜひお試しください。



前のページ ホームに戻る  次のページ