2月3日(土)バレンタインデーを前に before St. Valentine's Day
2018/02/03(Sat) | 食品 | page top↑
チョコレートの真実 チョコレートのGodivaが「日本は義理チョコをやめよう」という新聞広告を出して話題になっているようです。確かにこれまで「義理チョコ」にわずらわされてきた人も多いかもしれませんね。バレンタインデーが日曜日だとほっとするという話も聞きます。

それはともかく、冬はチョコレートが一番美味しい季節のように思います。まず融ける心配がありません。特にフェアトレードのチョコレートは安価な植物油を使わないでぜいたくにカカオバターで練り上げていますので25度以上の温度に耐えられず融けてしまいます。フェアトレードチョコレートが秋から春限定の理由です。それに寒い時にちょっと甘いチョコレートを口にすると元気が出るような気がしませんか。

そしてバレンタインデーの季節にチョコレートが注目されるのは、フェアトレードにとってはとても大切なことなのです。チョコレートの原料がどこでどうやって作られているかを考えてもらう機会になるからです。

『チョコレートの真実』の見返しにはこう書いてあります。少し長いですが引用してみます。

私の国には学校へ向かいながらチョコレートをかじる子供がいて、ここには学校にも行けず、生きるために働かなければならない子供がいる。少年たちの瞳に映る問いは、両者の間の果てしない溝を浮かび上がらせる。なんと皮肉なことか。私の国で愛されている小さなお菓子。その生産に携わる子供たちは、そんな楽しみをまったく味わったことがない。おそらくこれからも味わうことはないだろう。これは私たちの生きている世界の裂け目を示している。カカオの実を収穫する手と、チョコレートに伸ばす手の間の溝は、埋めようもなく深い。(本文より)
チョコレート
エスペーロ能勢では、そんなことをお伝えしながらチョコレートを販売しています。フェアトレードのチョコレートは、もちろん児 童労働のないチョコレートです。遠くて店舗まで来られない方には近郊であれば配達いたしますので、どうぞご遠慮なくご注文ください。ちなみに6日(火)の11:30~15:30は、箕面市民活動センター(イオン109シネマの前)の場所をお借りして、「みのおフェアトレードの会楓」がフェアトレードチョコレートを販売いたします。どうぞこの機会にフェアトレードのチョコレートを選んで贈って、あるいはご自分で食べてみてください。



1月26日(金)フェアトレード・ファッション fairtrade fashion
2018/01/26(Fri) | 衣類 | page top↑
バルーンスカート赤明日と明後日の営業に向けて準備をしてきました。1月と2月は洋服と雑貨が20%オフです。なるべくたくさんの洋服から選んでいただきたいと思って新たに仕入れたものもあります。

まずボディを着せ替えました。あれやこれやとっかえひっかえ、楽しい時間です。これっ!と自分の中で決まるまで何度でも着せ替えます。

このボディが着ているのはオーガニックコットン(OC)シャツの上にOCのバルーンドレス。バルーンドレスというのは生地が2重になっていて裾がバルーンのようにふくらんでいます。さらに黒の薄手ジバルーンドレス黒ャケットを着せました。

バルーンドレスは黒もあります。











ボディ1



もうひとつのボディも着せ替えました。

通常、ピープルツリーのトップにはピープルツリーのボトム、というふうに同じブランド同士が相性がよいのですが、きょうはトップ(シサム)、ジャケット(ネパリ)、パンツ(ピープルツリー)と寄せ集めになりました。襟元のブローチも素敵でしょ。














リサイクルサリードレス表 リサイクルサリーのドレスです。どれも1点ものの個性的なドレスです。しかもお得感を感じるのはリバーシブルという点です。ひっくり返すとこうなります↓

リサイクルサリードレス裏


























シサムスカート PTスカート たくさんあってご紹介しきれないのですが、たとえばスカートはこんなのがあります。






チュニックブルーシサムプルオーバー

チュニックもセーターと重ねて着ればいろいろなカラーコーディネートができますね。





PT手織りチェックドレス

マドラスチェックのAラインワンピース。ビビッドなマルチカラーに元気がでます。そのまま着ても上に羽織っても。手織りのよさが感じられる1点です。



ぜひご自分の目で見て手で触ってそして試着してみてくださいね。価格はそれぞれですが、だいたい6000円台から15000円ぐらいまでです。2月いっぱいであれば20%オフになりますのでお得ですよ。
 














1月16日(火)手すきの紙のカード hand-made cards
2018/01/17(Wed) | 雑貨 | page top↑
シャピイの名刺とカード注文していた名刺とカードがフィリピンから届きました。作っているのはフィリピンのミンダナオ島にあるシャピイという生産者団体です。
www.p-alt.co.jp/index.php/handcraft/shapii/




島に自生するコゴン草やマニラ麻を原料として作った手すきの紙の製品です。


なんといっても押し花の可愛さがシャピイの魅力です。名刺の花は花びらを一枚一枚貼りつけてラミネートしてあります。どんなに手間がかかっていることでしょう。つまり300枚近くの名刺を注文しましたが、その一枚一枚が手作りですから同じデザインでも微妙に違うのです。


送られてきた日には、これらのカードが愛おしくて、何度も何度も袋から出しては眺めました。



下は母の日カードです。これもきれいでしょう?書いてある詩もすてきで日本語訳すると

お花やプレゼントをあげることもできるけど、この世の中のどんなものをあげても私の愛は表しきれないわ、お母さん。


村の人々が町へ出稼ぎに行かなくてもよいようにとロレッタ夫妻によって始められた紙製品事業は、今では多くの人を雇用し、経営も息子のニールさんにしっかりと引き継がれています。





12月4日(月)クリスマスカード Christmas cards
2017/12/04(Mon) | 雑貨 | page top↑
クリスマスカード112月に入りましたね。海外へクリスマスカードを送られる方はそろそろご準備ください。そういう私もまだできていませんけどね。

日本では海外ほどカードを送る習慣がありませんが、高価なプレゼントでなくてもカードにメッセージをそえていただくだけで嬉しいものです。メールやラインで瞬時に遠くの人ともつながることができる時代だからこそ、手で書いて切手を貼ってポストに投函されたカードがよけいに嬉しいのかもしれません。

今はクリスマスカクリスマスカード2ードの季節ですが、ほかにも「おめでとう カード」や「ありがとうカード」もあります。フィリピンの手すきの紙に押し花をひとつひとつ貼りつけた手作りのカードです。












11月25日(土)冬もおしゃれに fairtrade fashion
2017/11/25(Sat) | 衣類 | page top↑
ボディ1久々に洋服のご紹介です。

上から

手編みニットキャップ。何気なく縫い付けられたレザーパッチがワンポイントのアクセントになっています。他にグレー、ホワイト、ネイビーがあります。ネパールより。

オーガニックコットンセーター。強すぎず弱すぎず適度なフィット感が心地よい。インドより。

オーガニックコットンスカート。秋の草を描いたような美しい模様と色。インドより。


















ボディ2








スヌード。グラデーション糸をぜいたくに使って編みました。

オーガニックコットン長袖シャツ。パステルカラーの着心地のよいシャツ。インドより。

Vネックワンピース。しっかりとした手織り感。ネパールより。

足元はこんなフェルトのブーツもよいですね。ネパールより。

















11月22日(水)クリスマス飾り Christmas tree
2017/11/22(Wed) | 雑貨 | page top↑
クリスマスツリー 11月も下旬に入りました。みなさんのお家ではクリスマスツリーを飾りますか?

エスペーロ店内にはフェアトレードのクリスマス飾りがいろいろあります。クリスマスツリーのタペストリーにスタッフのまゆみさんが楽しく飾ってくれました。

お気に入りを見つけてお家のツリーに飾ってあげてください。毎年ひとつずつ飾りをプラスしている方もありますよ。それも楽しいですね。
(クリスマスオーナメント ¥350~)






アドベントカレンダー




クリスマスの日を待つ楽しみ。それを一層増してくれるのがアドベン トカレンダーです。12月1日から一日1つずつ小窓を開けていきます。すると中にはハート形のフェアトレードチョコレートが入っていていろいろな国の国旗が描かれた上にはその国の言葉で「メリークリスマス」と書いてあります。扉の裏にはクリスマスのトリビアが書かれていて毎日ミニ知識が得られますよ。
(アドベントカレンダー ¥842)




11月9日(木)冬の帽子と手袋 winter wear
2017/11/09(Thu) | 衣類 | page top↑
ニットキャプと手袋

先日のブログで冬支度のあれこれをご紹介しました。
http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1197.html

その後さらに追加で入荷したピープルツリーのニットキャップと手袋です。見ていただくとおわかりのようにどれも一点もの。なぜかというと、編み物の残り糸を集めて編んだエコな作品たちだからです。みんな違ってみんないい。選ぶのが楽しいですね。

11日(土)の多民族フェスティバル@箕面市小野原公園にも持っていきますので、お気に入りを見つけに来てくださいね。

ニットキャップ 2500円+税
ニット手袋(指を出してもミトンにしても使えます) 3500円+税

11月6日(月)わせねでね Don't forget us.
2017/11/07(Tue) | 雑貨 | page top↑

わせねでねエスペーロ能勢のフェアトレード商品は多くがアジア各国からの商品なのですが、それ以外に障害を持っている方の手工芸品、そして東日本大震災の被災地からの手工芸品もあります。

被災地からの手工芸品は、友人の浜ちゃんがその橋渡しをしてくれています。浜ちゃんは震災後の復興事業でNGOの一員として何度か気仙沼に足を運び、被災地の体育館で風船バレーボールをするイベントに関わりました。毎日することがなく心も体も弱っていた人々を誘い出しての企画でした。

仮設の人々は時々集まっては手工芸品を作るようになりました。それなら関西でも売ってみよう、と浜ちゃんたちは大阪へ持ち帰りイベントやエスペーロのような店で少しずつ売っては代金を気仙沼へ送りました。

震災から6年以上が経つ中で、NGOとしての活動は終わりましたが、それでも浜ちゃんはつながった人々が作るものを個人で買い続けています。気仙沼の人たちはお金よりも自分たちの作品を喜んで買ってくれる人がいる、ということが嬉しいそうです。だって浜ちゃんが代金を渡すと「あんたにあげる」と言われるのだそうです(笑)

この6年間でエスペーロにもいろいろな作品が届いてはお客様に買われて行きました。子ども用のほんとうにかわいいベストを編んでくれていたじん子さんは今ではもう細かい作業ができなくなったし、わらじストラップの元船長さんも高齢であの小さなわらじが編めなくなったそうです。それでも浜ちゃんは最後の一人まできっと買い続けるのでしょう。

この写真は今回エスペーロで預かったふくろうのマスコット、さんまのタペストリー、まんぼうのミニポーチ、そして2種類のブローチです。他にもお地蔵さまとかわらじストラップなどが店内にあります。店内の薪ストーブの前あたりにありますので、今度ぜひお気に入りを探してみてくださいね。

わせねでね~ほんとうに忘れてはいけないですね。


手芸コミュニティ わせねでね

20128月に気仙沼市内の手芸の好きな人が集まって、始まりました。

作品は、その頃に気仙沼で復興事業活動をしていた、関東・関西の人たちが送ってもらって、様々なイベントに参加・展示・販売をしています。

「今回もイベントでいろんな人にわたせたよ〜」=6年経ち、復興事業から離れても関西で活動できること。

そして展示・販売できること・・「制作の励みになるよ〜」

このやりとりが、うれしくて続いています。

わせねでね〜は、気仙沼の浜のことばで、「ワスレナイデネ〜」です。


10月29日(日)冬支度 preparing for the winter
2017/10/29(Sun) | 衣類 | page top↑
ニットキャップ台風22号は能勢のあたりではさほど強くなく、さっさと通り過ぎてくれたようでホッとしました。そして明日は寒くなるようです。

エスペーロ能勢の薪ストーブは、31日の煙突そうじが終わると11月からは使えるようになります。待ち遠しいです。


みなさまの冬支度は大丈夫ですか?今エスペーロの店内にはフェアトレードのニット商品が揃っています。

ニットキャップ。ネパールで作られている、いずれも個性的なキャップです。温かくて、風の強い日には手放せません。



手袋

手袋もカラフルです。 5本指にミトンカバーがついたもの、ミトン、親指と人差し指がついているミトン、指のないアームウォーマーなど、形もバラエティに富んでいます。




レッグウォーマー 足を冷やさないことはとても大事ですね。とくに足首を温かくすると効果的です。レッグウォーマーは実用プラスファッション性もあって人気です。今年の新作はショートレッグウォーマー。

いずれも一点ものなので早めにお気に入りを見つけに来てください。


















10月23日(月)フェアトレードチョコレートが入荷しています fairtrade chocolate
2017/10/23(Mon) | 食品 | page top↑
チョコレート
 ホームに戻る  次のページ