FC2ブログ
11月18日(月)シアバター shea butter
2019/11/18(Mon) | ボディケア製品 | page top↑
シアバターフェアトレード商品にはボディケアのための商品もあります。そのひとつ、シアバターは日本では採れない「シアバターの実」からつくられます。100%ビュアの未精製のシアバターです。

シアバターは西アフリカのマリ共和国からやってきます。シアバターの木から実を採るのはおもに現地の女性の仕事になっているそうです。

(以下わかちあいプロジェクトの説明より)
このシアバターの生産者は、アフリカ・マリで設立した団体「COPROKAZAN」。
1999年、マリ南部に位置するザンティエグブー村の女性たちが、貧困問題の解決と生活水準の改善、また村の女性の自立を目指して、シアバターで安定した収入を得るためにグループを設立したのが始まりでした。2015年には約2000名が所属するほど大きな団体に成長しており、そのうちの900名以上は女性のメンバーです。
フェアトレード認証を受けたことで、公平な商品取引を可能にし、生産者の生活の向上や製品品質の改善に還元されています。



保湿力が高く、固形のバターが体温で自然にとけて肌になじみます。産地の西アフリカでは、赤ちゃんの全身に塗ると聞いたことがあります。日焼けや火傷などにも効果があり、現地では万能薬として使われているシアバター。お肌だけでなく、唇にも、髪の毛にも、これから乾燥する季節へ向けて頼れる味方になりそうです。

https://www.fairselect.jp/?pid=115907107

50g  ¥990(税込)
11月15日(金)チョコレート第3弾!new arrival chocolate
2019/11/15(Fri) | 食品 | page top↑
アドベントカレンダーチョコ1わかちあいプロジェクトからアドベントカレンダーチョコレートが入荷しました。

アドベントカレンダーというのは、12月1日から毎日1から24までの小窓を一つずつ開けてクリスマスを待ち望むカレンダーです。

わかちあいプロジェクトから来るアドベントカレンダーは小窓を開けるとハート形のミルクチョコレートがひとつずつ入っています。ガーナ産のカカオを使った、もちろん児童労働のないフェアトレードのチョコレートです。そしてもうひとつの楽しみはチョコレートの後ろに24か国語で「メリークリスマス」が書いてあることです。まるで世界中の人たちと一緒にクリスマスをお祝いしている気持ちになりますよ。
https://www.fairselect.jp/?pid=146431089

毎年楽しみにしてくださるお客様もあって、すでに予約をいただいています。私も孫たちに送ったりします。12月1日から始まるので急がなくてはいけませんね。

数に限りがありますのでお早めにお買い求めくださいね。1,080円(税込)です。


Divineチョコレート
その他にもわかちあいプロジェクトから100gの板チョコが入荷しています。昨年 の人気ラインナップを仕入れました。とてもオシャレなパッケージなのでプレゼントにもよいですね。こちらは756円(税込)です。






11月6日(水)秋冬のファッション autumn/winter clothes
2019/11/06(Wed) | 衣類 | page top↑
マネキン1エスペーロ能勢店内のマネキンは、すっかり秋冬モードです。ジャケット、ニットキャップ、ストール、フェルトブーツなど、個性的なファッションがみなさまをお待ちしています。手編み、手織り布の暖かさは、これからやってくる寒い冬に、しっかりとあなたの味方になってくれることでしょう。


マネキン2







 

















おなじみにOCセールのポップなった窓際のお買い得ハンガーは、11月になってオーガニックコットン(OC)シリーズに模様替えです。オーガニックコットンは農薬を使わないで栽培されたコットンです。慣行栽培では大量の農薬が使用されるので、土地は疲弊し、農家の人は病気になり、しかも農薬を買うお金のために借金地獄になり、インドの綿花農家では多くの自殺者が出ています。オーガニックコットンの畑では、殺虫剤を使うかわりに虫が嫌がるニームの木を植えたり、化学肥料の代わりに牛糞肥料を使ったりしています。

 

OCセール

Tシャツ、ワンピース、セーター、カーディガンなど、様々なタイプのOC商品が並んでいます。11月と12月に限り10%オフになっていますので、どうぞこの機会にお買い求めください。タンクトップや半そではアンダーウエアとして冬でも大活躍しますよ。







 

チョコレート第二弾! fairtrade chocolate
2019/10/26(Sat) | 食品 | page top↑
PTチョコレートピープルツリーのチョコレートが入荷してきょうから店頭に並びます。この冬もフェアトレードチョコレートをお楽しみください。自分で食べてもお友達へのプレゼントにもぴったりのチョコレートです。


原材料はフェアトレード。生産者に適切な支払いが行われています。もちろんカカオ現場での児童労働はありません。ボリビアのカカオにフィリピンの砂糖が使われていて、いずれもフェアトレードでオーガニック。乳化剤を使わないで72時間のコンチング(練り過程)でとろけるような美味しさが生まれます。
















おなじみのフレーバーに今年はニカカオニブューフェース「カカオニブ」も加わりました。カカオニブというのはカカオ豆をくだいてフレーク状にしたもので栄養豊富なスーパーフードと言われています。昨日さっそくオーナーのテリーと半分ずつ食べてみました。カカオニブの粒々がしっかりと感じられる美味しいニューフェースでしたよ。









先日ご紹介した第3世界ショップのアートパッケージチョコレートはあっという間に売り切れてしまいました。http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1388.html と言いますのも、店頭販売の他に箕面市のアサンプション国際中学校の生徒さんたちがチャリティーデーで販売するためにたくさん買ってくださったからです。アサンプション国際の生徒さん達は「探究」という授業でフェアトレードについて学んでおられて、エスペーCOOCA商品ページ_ヘッダ ロ能勢が授業でお話させていただいたこともありますが、今回その活動の一環としてチャリティーデーで販売してくださるのです。若い人たちがフェアトレードについて学んでくれるのは嬉しいですね。11月2日(土)のチャリティーデーでたくさんフェアトレードチョコレートが売れますように。http://blog-j.assumption.ed.jp/?eid=1179



なお、このチョコレートシリーズは急いで追加発注しますので来週には入荷する予定です。

今年の冬もぜひフェアトレードチョコレートをお楽しみくださいね。

10月16日(水)フェアトレードチョコレート入荷 chocolate season!
2019/10/16(Wed) | 食品 | page top↑
COOCA商品ページ_ヘッダフェアトレードチョコレートの第一陣が第3世界ショップから入荷しました。定番のラインナップに加えて、今シーズンはこんなアートなパッケージのミニチョコレートがお目見えです。(写真はすべて第3世界ショップのHPがらいただきました)

すてきでしょう。わくわくするような、メルヘンチックな、そしてクールな(きっともっとよい表現があると思いますが)デザインが目に飛び込んできました。

これらは神奈川県の福祉施設/スタジオsutudio COOCA(クーか)さんによるデザインです。アーティストの顔ぶれはこちらから。http://www.p-alt.co.jp/index.php/cooca/
海外の生産者と国内のアーティストとのコラボレーションですね。


同じデザインのドリップパックコーヒーもありますので、セットにすると、それだけでとてもすてきなプチギフトになりますよ。
COOCA商品ページ_LOVEパッケージ COOCA商品ページ_森の家パッケージ COOCA商品ページ_l小鳥たちパッケージ COOCA商品ページ_タイガーライオンパッケージ  
限定アートパッケージのチョコレート・・・チョコレートのみ453円、ドリップコーヒーのみ151円、チョコとコーヒーのセット600円(税込)


コムカフェのフリマボックス comm cafe @MAFGA
2019/10/02(Wed) | 食品 | page top↑
フリマボックス箕面市国際交流協会(MAFGA)のコムカフェに、新しくフリマレンタルボックスなるものができました。12個あるボックスのひとつをレンタルして、だれでも何かを売ってよろしい、というボックスです。

おもしろいのでエスペーロ能勢もさっそく申し込みました。ど真ん中のボックスをお借りしました。1ヶ月ごとに更新します。

今回置いたのはフェアトレードの食品中心です。コーヒー、紅茶、チャイ、ルイボスティー、スパイスなど、その他に押し花の誕生日カードも入れました。能勢は遠くて、という方にもぜひご利用いただきたいです。

他のボックスにはアクセサリーなどがありました。この日一緒に行った友人はさっそくひとつボックスをレンタルして紙飛行機を置くそうです。

ちなみにコムカフェのランチは日替わりエスニック料理で美味しいですよ。この日はタイ料理だったのでタイ人のお友達と食べてきました。ちょっと外国に行った気分になれるカフェです。

コムカフェ・・・https://www.facebook.com/mafgachallengecafe/



9月6日(金)ときにはスカートを skirts 10% off
2019/09/07(Sat) | 衣類 | page top↑
スカート10%オフ最近は街を歩く女性を見ると、スカートよりもパンツスタイルの人の方が多い気がします、生活スタイルが活動的になったことや、日本人の身体そのものがパンツが似合うスタイルになってきたことも、その理由だと思います。

でも、時にスカートをはくのも気分が変わってよいものです。というわけで、ネパール、バングラデシュ、インドなどで縫製されたフェアトレードのスカートを窓際に集めてみました。オーガニックコットンのもの、ブロックプリントのもの、手織りの生地など、いずれもコットン100%の着心地のよいスカートばかりです。

9月10月はスカート全部を10%オフにいたします。エスペーロ能勢には隠れたところに(!)試着室もありますので、ぜひご試着のうえ、お気に入りをお求めください。



バルーンスカート
今マネキンが着ているこちらのバルーンスカートも10%オフです。裾がバルーン状に折り返 されていて個性的です。




スカートで思い出すことがあります。私が育った中国山地は昔は雪が深く寒いので冬はずっとズボンで過ごさなければいけませんでした。春風が吹き始めて「スカートをはいてよし」という母親の言葉がとてもうれしかったものです。今は雪も少なく暖房も行き届いているので衣服にも季節感がなくなりましたね。








パレスチナからの商品 from Plestine
2019/09/05(Thu) | 商品 | page top↑
オリーブオイル パレスチナのオリーブオイルはエスペーロ能勢で人気の定番商品です。美味しいのでリピーターさんが多いからです。ギフトとしても人気です。「同じ贈るなら意味があるものを」と冠婚葬祭のギフトに70本買ってくださったお客様もありますし、定期的に10本、20本と買ってくれる友人もいます。自家用プラスやはりプレゼントに使われるそうです。

このたび、このオリーブオイルを販売しているパレスチナ・オリーブ http://www.paleoli.org/ の皆川万葉さんが、ジャーナリストの高橋美香さんと共著で本を出版されました。『パレスチナのちいさないとなみ』という本です。副題の「働いている、生きている」という言葉が私の胸に響きます。皆川さんはいつも「日本ではパレスチナには紛争のイメージしかないかもしれないけど、そこには人々の笑いがあったり涙があったり、ふつうの生活があるのです」と言われます。
パレスチナのちいさないとなみ





表紙のこのカラフルな写真を見てください。ナーブルスという町で手押し車を押すキャンディー屋さ んのおじさんです。子どもたちが犠牲祭のお祭りに買ってもらうお菓子を売っているのだそうです。他にも漁師さん、パン屋さん、荷運び屋さん、床屋さんなど、パレスチナに暮らす人々の日常が高橋美香さんの素敵な写真とともに紹介されています。








本の後半は皆川さんが担当で、オリーブオイルやせっけんや刺繍をつくっている生産者さん達のことが書かれています。皆川さんは毎年パレスチナを訪問して、その様子をニュースレターで報告されています。分離壁や厳しい検問があって、イスラエルのいやがらせもあって、人や物が自由に移動できない状況のパレスチナの人々が、それでもユーモアを忘れないでたくましく生活している様子がよくわかります。




_p___X_`_i
オリーブオイルの生産者団体である「ガリラヤのシンディアナ」では、ユダヤ人とアラブ人が一緒に働いています。考えてみれば、私がフェアトレードショップを始めるきっかけとなったのは「ガリラヤのシンディアナ」を立ち上げたユダヤ人のハダスさんとアラブ・パレスチナ人のサーミヤさんが来日した時の講演集『パレスチナ/イスラエルの女たちは語る』という本を読んで感動したからでした。








パレスチナ・オリーブからはオリーブオイルの他に、このエクストラバージンオイルで作ったオリーブオイルせっけんが入荷します。頭のてっぺんから足の先まですべて洗えるしっとり使い心地のよいせっけんです。ちいさないとなみの本の中ではせっけん工場主のマジュタバさんのことも紹介されています。





パレスチナ刺繍
イドナ村という村では女性たちが組合を作ってこんな美しい刺繍を作っています。エスペーロ能勢にもフラワー刺繍のポーチがいく つかありますよ。大学を出ても、イスラエルの抑圧の中でなかなか仕事につけない女性たちにとって、大切な収入源になっているということです(写真はパレスチナ・オリーブのHPより)。






8月16日(金)カレーの壺part2 retort pouch curry
2019/08/16(Fri) | 食品 | page top↑
カレーの壺レトルト今朝のブログに引き続き、カレーの壺part2です。こちらはマリオさんが開発したカレーの壺を使ったレトルトカレー。温めるだけで本格的なスリランカカレーが召し上がれます。

疲れて帰宅してカレーを作る元気もない時ってありますよね。そんな時に大活躍です。エスペーロ能勢のカレーメニューはこのレトルトカレーにサラダとマンゴーヨーグルトのデザートがつきます。

きょうは家へ帰ってからこのレトルトカレーを使ってカレードリアを作ってみました。とっても簡単で美ドリア味しいです。

①耐熱の皿にご飯を入れて上からカレーの壺のレトルトカレーを回しかける。
②その上にピザ用チーズをのせる。
③200℃のオーブンで10分~15分焼く。できあがり。

ぜひお試しください。

カレーの壺レトルト チキン、ポーク2種 各421円






8月16日(金)夏はカレー! spicy curry paste
2019/08/16(Fri) | 食品 | page top↑
安心・安全ページヘッダ夏はカレー!カレーの夏!というわけで、最近よく売れているのが「カレーの壺」3種です(写真は第三世界ショップのHPより)。

マイルド、ミディアム、スパイシーとだんだん唐辛子の量が増えていきますので、お好みによって選んでいただけるし、2種類をミックスしてもよいです。


エスペーロ能勢のカフェではスパイシーを使ってタンドリチキンを、ミディアムを使ってなすのカレーを作っています。そのままストレートでも美味しいですが、ヨーグルトやココナツミルクを混ぜてマイルドにすることもできます。

カレーの壺はスリランカのマリオさんが考案しました。マリオさんは毎年来日して第三世界ショップの展示会でカレーを作ってくださいます。ぱっぱっとほんとうに手際よく美味しいカレーができます。マリオさんによると「日本のカレールーがヒントになった。スパイスを一から作るスリランカ女性の労働を楽にしたかった。スリランカのカレーの壺は日本のよりもっと辛いよ(笑)」だそうです。

化学調味料、添加物、動物性材料、小麦粉の入っていない安心安全のカレーの壺について詳しくは↓
http://www.p-alt.co.jp/index.php/food/curry/


きょうはお客様からよくご質問を受けるタンドリチキンの作り方をご201904ランチ紹介します。

①とりもも肉(むね肉でもよい)300gを唐揚げ用ぐらいの大きさに切る。
もも肉はどうしてもかたまりになるので、細かい切れ目を入れておくと火が通りやすい。
②ビニール袋にチューブのにんにくとしょうがをそれぞれ3cmくらい入れる。
③ヨーグルトを大さじ2杯、カレーの壺を大さじ1杯入れて袋の外からよくもんで混ぜる。
④①のとり肉を袋に入れてさらによくもんで混ぜる。2時間以上置いてなじませる。
⑤フライパンに油を熱して両面を焼く。中までよく火を通す。焦げ目がついた方が美味しい。

(写真はエスペーロランチ。ごはんの手前にあるのがタンドリチキン。ガラスの器がナスのカレー)

カレーの壺(3種)各626円(税込)

 ホームに戻る  次のページ