fc2ブログ
今週末の屋根裏シアター 金曜日も上映
2023/11/22(Wed) | イベント | page top↑
ガザ今週末上映の「ガザ 素顔の日常」は多くの反響をいただいて、土日月はほぼ満席か満席以上になっています。

土曜日はあと2,3人は入れます。狭い場所で少し窮屈かもしてませんが、よろしくお願いいたします。

なるべくたくさんの方に観ていただきたいので、金曜日も上映することにしました。時間は同じ13:30~です。

金曜日なら行ける、という方はどうぞお申込みください。

上映会の前には必ずブルーレイの状態をチェックするために視聴します。それで、先ほど視聴してみました。

昨年も観ているのですが、昨年と今とでは状況が違うので、観る方も気持ちが違います。ああ、ここに写っている人たちは無事だろうか、と思いながら観ました。

救急救命士の男性が、涙をこらえながら「パレスチナ人以外のすべての人に怒りを感じる」と言った言葉が、重くのしかかりました。ここまで何十年もパレスチナの人たちの状況をを見て見ぬふりをしてきた国際社会への怒りです。

ご参加のみなさま、お待ちしております。

高校でフェアトレード授業
2023/11/07(Tue) | イベント | page top↑
フェアトレード授業きょうは桜塚高校の「国際理解」の授業で、テリーさんと一緒にフェアトレードについてお話させていただきました。

ほぼ毎年呼んでいただいていて、きょうも50分の授業を2コマでした。前半はフェアトレードについて、バナナ、コーヒー、チョコレート、洋服などを例に挙げてお話しました。

後半は、やはりパレスチナ問題です。私がフェアトレードを仕事として始めたのはパレスチナのオリーブオイルがきっかけでした。

パレスチナ・オリーブのオリーブオイルがつくられている「ガリラヤのシンディアナ」という団体では、ユダヤ人とパレスチナ人が共に働いています。パレスチナ人と平和に共存したいと考えているユダヤ人もいるということが平和への希望です。

高校3年生13名。ときどきうなずきながら、無邪気な笑顔も見せながら、聞いてくれました。半数はすでに大学が決まっているそうです。残りの半数は今自分の将来のことで頭がいっぱいかもしれません。でも、やはり、今世界で起こっていることにも目を向けてほしいと思いました。

「国際理解」の授業は今年で終了ということです。今日お話したことの中の何かが高校生の心の中に残ってくれたら嬉しいです。

エスペーロ寄席 笑いの中で無事終了
2023/11/03(Fri) | イベント | page top↑
桂雪鹿落語会本日、エスペーロ寄席「桂雪鹿落語会」が無事終了しました。

まず高座つくりから。ほとんど雪鹿さん自ら持参されるのですが、高座になる台だけはこちらで用意しなければなりません。ひとつテーブルを用意していたのですが、後ろの人まで見えるためにはもう少し高くなくては、ということで、蔵の中からもうひとつ座卓を出してきました。なので、この緋毛氈の下にはテーブルがふたつ重なっています。

友情出演の「おたふく社中」さんの出囃子で出てきた雪鹿さんは、まずは「時うどん」。お金を数えながら「いまなんどき?」と聞いてごまかす、おなじみの古典落語です。

もう一席は子どもの方が親より一枚上手の「桃太郎」。

やあ、どちらもおもしろくて笑いました。お話を知っていてもやはりおかしいし笑えますね。

2席の合間にはお得意のバイオリンでバイオリン漫談もサービス。落語会の後で

会場満席のお客様も大喜びでした。初めて生の落語を聞いたお客様もあって、落語のおもしろさにはまったようでした。

心がざわざわするようなニュースが多いこの頃ですが、きょうだけは笑いの中で気持ちが明るくなりました。雪鹿さん、おたふく社中のおふたり、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。











バティックおはなし会
2023/10/28(Sat) | イベント | page top↑
バティックおはなし会 きょうは楽しみにしていたバティックおはなし会の日でした。バティックとはインドネシアのろうけつ染めのことでジャワ更紗とも呼ばれます。

和室でまったりと、インドネシアのジャワ島でバティックを学んできたチェリタクラフトの塚野理加さんのお話を聴きました。

気が遠くなるような細かなモチーフを、さらさらとフリーハンドで書いていくおばあさんの手は魔法の手のように見えました。バティック1



このすばらしい伝統技能と作品に魅せられた研究者やコレク ター世は界中にいて、きょうは理加さんがアメリカ人のコレクターから借りている大判のバティックを間近で見ることができました。



このあと参加者の方たちは、ワークショップでそれぞれに手描きバティックの体験をされました。チャンティンという器具に溶かした蝋を入れて布に絵柄を描いていきます。おしゃべりしながら、それでも真剣なまなざしで、みなさんとても楽しそうだったのが印象的でした。

バティック2 大判バティックは日曜日まで和室に展示してあります。どうぞ見に来てください。ほんとうに見る価値のあるアートだと思います。








今月の映画と来月の映画
2023/10/25(Wed) | イベント | page top↑
敵の子どもたち10月の屋根裏シアター『”敵”の子どもたち』は、いよいよ今週末となりました。

http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1851.html

何名かのお客様からお申込みをいただいていますが、まだまだ残席があります。ISIS(イスラム国)のことも知りたいし、イスラム国は、よく勘違いされますが、世界中の多くのイスラム教の人たちとはまったく別の物であることも再確認したいです。

7人の孫を救出にいく祖父の気持ちはいったいどんなものでしょうか。想像を絶します(すみません、まだ試写して観ていないので漠然とした感想です)。

引き続き、お申込みをお待ちしております。


少し早いですが、来月の映画もご紹介させてください。『ガザ 素顔の日常』です。

ニュースなどでご存知のように、パレスチナのガザ地ガザ チラシ 区は今ほんとうに大変な状況です。今こうしている間にもイスラエルの空爆で人が死んでいるかもしれません。もちろん、イスラエル側にも被害者が出ていて、ハマスは「テロリスト」と名指しされますが、そもそもこの戦争は1948年以来の長きにわたるイスラエルのパレスチナ占領が原因です。

ガザはイスラエルの圧倒的な軍事力の下で、電気も水もなく、今ほんとうに苦しんでいます。

『ガザ 素顔の日常』は、昨年11月に屋根裏シアターで上映していますが、来月再上映します。今こそ、ガザの人々のことを知っていただきたいと思うからです。

ガザ映画記事






昨日の朝日新聞夕刊に、この映画の記事が出ていました。今、全国各地で緊急上映されているようです。

屋根裏シアターでは11月25日(土)26日(日)27日(月)の上映になります。どうぞ、今から予定に入れておいてください。












10月後半~11月前半イベントまとめ
2023/10/24(Tue) | イベント | page top↑
バティックおはなし会チラシ☆バティックおはなし会 10月27日(金)13:00~

講師の塚野理加さんは箕面に住んでいた頃からの若い友人です。大学院時代にフェアトレードの研究をしていてエスペーロにも来てくれるようになりました。その後フィールドをインドネシアに移して、伝統工芸バティック(ろうけつ染め)について現地の人からの聞き取りだけでなく自分でもバティックの技法を学びました。この日は、現地女性の手に依る美しい大判の作品を見ることができます。

ワークショップに参加できない人でも、お話を聞いたり、素晴らしい作品に触れたりできるチャンスです。ワークショップ以外は無料です。ぜひご来店ください。



☆屋根裏シアター『”敵”の子どもたち』10月28日(土)~30日(月
13:30~
敵の子どもたち
あるスウェーデン人女性がISIS(イスラム国)メンバーと結婚してシリアへ密航するも、数年 後に夫婦ともISISによって殺されてしまう。残されたのは7人の子どもたち。子どもたちに罪はない。彼らの祖父に当る男性が必死の覚悟で子どもたちの救出に乗り出す。SNSでの大量バッシングにも負けず、男性は子どもたちを連れ戻すために難民キャンプへと向かう。
(2021年/スウェーデン・デンマーク・カタール/ドキュメンタリー/97分)参加費1000円(1ドリンク付)






☆エスペーロ寄席「桂雪鹿落語会」 11月3日(金・祝)14:00~

エスペーロ寄席チラシ(修正)画像 エスペーロ能勢では初めての落語会です。縁あって新進気鋭の落語家、桂雪鹿さんが来てくださることになりました。。古民家での落語会は、ホールと違って落語家さんとの距離も近く、お楽しみいただけると思います。ランチつき落語会で12時にはランチスタートしますので、2時までにランチが終わるようにご来店ください。現在残席2名です。


この日は、なんと友人の友情出演で「生のお囃子」もお聞きいただけますよ~

















エスペーロ寄席 残席わずかです
2023/10/18(Wed) | イベント | page top↑
エスペーロ寄席チラシ(修正)画像 11月3日(金・祝)のエスペーロ寄席「桂雪鹿落語会」は現在お申込み受付中です。残席はあと4席となりました。お考え中の方はお早めにご予約ください。

昨晩、箕面市メイプルホールで恒例の落語会「わかばDEきまる」(なんと第121回だそうです!)が開催され、久しぶりに聴きに行ってきました。桂雪鹿さんが出演されていたからです。

雪鹿さんは”まくら”にお得意の声帯模写を入れながら「開口一番」みごとに演じられました。

わかば、鯛蔵、ちょうばさんの落語にも笑わせてもらいました。メイプルホールでは「わかばDEきまる」と「めいぷるごにんばやし」を隔月で開催しています。


エスペーロ能勢では落語会は初めてのこころみで、ドキドキですが、とても楽しみです。

それでは、ひきつづき、エスペーロ寄席へのお申込みをお待ちしております。



エスペーロ寄席
2023/10/06(Fri) | イベント | page top↑
エスペーロ寄席チラシ(修正)画像エスペーロ能勢で落語会ができることになりました。エスペーロ能勢で落語会というのは、ずいぶん前から店長の妄想というか夢でしたが、そのような伝手もなくここまできていました。このたびご縁があって夢が実現し、とても嬉しいです。



桂雪鹿さん。元小学校の先生、バイオリンも弾くという、ユニークな噺家さんです。https://ameblo.jp/k-yukishika2018/



この日は貸切で、エスペーロ能勢が寄席になります。ぜひ聴きに来てください。定員20名で先着順です。お早めにご予約くださいね。




10月の屋根裏シアター 「”敵”の子どもたち」
2023/10/04(Wed) | イベント | page top↑
敵の子どもたち10月屋根裏シアターの映画が決まりました。「”敵”の子どもたち」(Children of the Enemy)という映画です。

あるスウェーデン人女性がISIS(イスラム国)メンバーと結婚してシリアへ密航するも、数年後に夫婦ともISISによって殺されてしまう。残されたのは7人の子どもたち。子どもたちに罪はない。彼らの祖父に当る男性が必死の覚悟で子どもたちの救出に乗り出す。SNSでの大量バッシングにも負けず、男性は子どもたちを連れ戻すために難民キャンプへと向かう。

実際にあった話で、ドラマではなくドキュメンタリーです。
https://www.cinemo.info/123m




日時:2023年10月28日(土)29日(日)30日(月)13:30~15:30
場所:エスペーロ能勢屋根裏
参加費:一般1000円 高校生以下500円(1ドリンク付)
お問い合わせ・お申込み:☎080-3764-7905  ✉info@espero-osaka.com

3日間上映しますので、ご都合のよい日にご参加ください。電車で来られる方は妙見口駅からの送迎についてご相談ください。

それでは、お申込みをお待ちしております。

バティックおはなし会(10月27日)
2023/09/27(Wed) | イベント | page top↑
バティックおはなし会チラシ10月27日開催の「バティックおはなし会」のおしらせです。

バティックとはろうけつ染めのこと。インドネシアで有名なジャワ島のバティックは「ジャワ更紗」と呼ばれることもあります。

そのジャワ島に通ってバティックを学び、地元の人からバティックについての聞き取りをしてきた、チェリタクラフトの塚野理加さんが、バティックについていろいろお話をしてくださいます。

お話の後には、ロウ描きのワークショップもあります。なかなかできない体験なので、ぜひ参加してみてください。私もジャワ島に行った時にいちどだけロウ描きに挑戦したことがありますが、楽しかったですよ。

この日は、現地女性の手によるすばらしいバティック作品も4枚展示されます。これを見るだけでも参加する価値があるかもしれません。

お話だけでも、ワークショップ参加も、お申込みをお待ちしております。準備の都合上、事前のお申込みをお願いいたします。



前のページ ホームに戻る  次のページ