FC2ブログ
第19回屋根裏シアター『ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき』
2019/03/23(Sat) | イベント | page top↑
zanチラシ第19回屋根裏シアターは『ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき』です。

沖縄の人はジュゴンのことをザンと呼びます。日本では沖縄だけに生息するジュゴン。一日中海の草を食べているかわいらしい顔をした哺乳類ですが、近年その数は減少し、今では絶滅危惧種と言われています。

沖縄では3頭のジュゴンが確認されていましたが、つい先日1頭のジュゴンが死んだ姿で見つけられ、衝撃のニュースとして伝えられました。

折しもジュゴンが餌場としている辺野古の大浦湾では、米軍基地のための埋め立て工事、土砂投入が始まりました。

映画ではとても美しい大浦湾の姿を観ることができます。圧倒的な自然の豊かさ、美しさです。この海を取り巻く様々な状況を知り、この海を守ろうとしている人々の言葉に耳を傾け、私たちは何を守らなければいけないのか、考えたいと思います。

日時:3月30日(土)13:30~15:30
   3月31日(日)13:30~15:30
場所:エスペーロ能勢屋根裏
参加費:一般1000円(1ドリンク付)
    高校生以下500円(1ドリンク付

お申込み:エスペーロ能勢 ☏080-3764-7905  info@espero-osaka.com

お申込みをお待ちしております。



ありなしの道を歩こう~下見編~ spring hiking
2019/03/22(Fri) | イベント | page top↑
ありなしのチラシ (写真はクリックして拡大してください)

4月6日の「ありなしの道を歩こう」イベントへ向けて、下見ハイキングをしてきました。当日店担当で歩けない店長の私と、やはり当日都合がつかないけど歩いてみたい!という友人たちとの5人で歩きました。



集合は能勢電鉄妙見口駅に9時。川妙見口駅西能勢口から来られる方は川 西能勢口発8:24に乗っていただくと妙見口駅に8:51に着くことができます。妙見口駅は無人のこんなかわいい駅です。

よく整備された道 さっそく出発。道路は地元のボランティアの方たちによってよく整備されていますので歩きやすいです。

途中根こそぎ倒れた木もいくつか見ました。昨年の台風の激しさを思い出します。しかし倒木は道の外に片付けられていますので歩くのに問題はありません。



野鳥観察
最初のうちに降っていた小雨もそのうち止みました。私たち以外に歩く人はいなくて、聞こえるのは鳥の声ばかり。 メンバーの中に野鳥の会のメンバーがいたので、樹上に止まっている鳥の名前を教えてもらいました。


標識 途中かわいい標識が行く道を教えてくれます。



バイオトイレ
バイオトイレがありました。排泄物をおがくずで微生物分解するのだそうです。最終的には堆肥に利用されるとて もエコで循環的な方法です。




ロープ 道のりのほとんどがなだらかなアップダウンです。1か所だけ三角点直前のところで少し急なところがありますが、この写真のようにロープが張ってあってつかまりながら登れるようになっていますし、ゆっくり登ればだいじょうぶです。



そして三角点。366mのピークで記念撮影。ありなしピーク




大ケヤキ そのあとはずっと下りでどんどん下りられます。大ケヤキについて資料館に立ち寄り大ケヤキの写真やビデオを観ました。薪パン日々のパン屋さんに寄って野間神社に参拝してエスペーロに着いたのは1時ごろでした。私たちはゆっくりたっぷり遊びながら歩きましたので4時間かかりましたが、通常であれば3時間から3時間半ぐらいでエスペーロ能勢に到着すると思います。

お帰りのバスの時刻は、エスペーロ能勢から歩いて3分の地黄局前から妙見口駅行き13:40、15:16、16:12があります。

4月6日(土)の本番ありなしの道ウォーキングはまだ参加者を募集しています。ぜひ桜のこの時期にありなしの道を歩いてみてください。きっと気持ちのよいウォーキングになると思います。定員は10名です。お問い合わせ、お申込みはエスペーロ能勢080-3764-7905まで。

「ありなしの道」を歩こう(4月6日土) Let's go spring hiking!
2019/02/28(Thu) | イベント | page top↑
すっかり春の気配ですね。きょうは雨でしたが、一雨ごとに暖かくなっていくことでしょう。昨日花を植えようとスコップで庭を掘り返したら、中からねぼけまなこのカエルが出てきたので、また土にもどしてやりました。

さて、エスペーロ能勢では4月の能勢をハイキングする計画をたてました。能勢電鉄の妙見口駅からおおけやきまで「ありなしの道」というよく整備されたハイキング道があります。7km、ゆっくり歩いて3時間の道のりです。おおけやきからあと少し足を伸ばしてエスペーロ能勢を終点にし、ランチを召し上がっていただこうという企画です。いかがですか?
ありなしの道 http://arinashi-coffee.com/wp-content/uploads/2015/11/arinashi2.pdf

チラシはこれからなのですが、とりあえずお知らせを先にしたいと思いました。歩いてみよう!と思われる方は4月6日空けておいてくださいね。
2018桜当日は山歩きの達人である友人の坂本洋さんがリーダーを務めてくださいますので安心して歩けます。私自身は店でスタンバイしなければならないので、残念ながら当日は歩けません。それで、3月21日(木・祝)に下見を兼ねて歩いてみようと思います。私に付き合ってくださる方、4月6日はだめだけど3月21日なら参加できる、という方はおしらせください。

今年の桜は早いとか。タイミングがよければ4月6日に黒川のみごとな桜の下を歩けるかもしれません。写真は昨年の桜です。




今週末の屋根裏シアター『マヤ』 loft theater this weekend
2019/02/19(Tue) | イベント | page top↑
マヤ今週末は第18回屋根裏シアターです。映画は『マヤー天の心、地の心』(99分/2011/ドイツ)

以下フライヤーから引用します。
・・すべての生命を宿している地球は、恐ろしい速度で破壊されつつある。この現実を前に、私たちは無関心であり続けている。現代のマヤ人900万人が暮らすメキシコのチアパス州とグアテマラは、グローバリゼーションによって翻弄されている。遺伝子組み換え作物、グローバリゼーション、鉱山開発などにより、地球が破壊され、マヤ人たちの文化や生活環境が崩壊に瀕している。現代マヤ人に起きていることは私たち自身が抱える問題の縮図ではないだろうか・・・


先日試写してみました。美しい映像です。それにしても人類はその歴史の中でどれだけ多くの先住民を殺戮してきたのでしょうか。人々を殺戮するにとどまらず地球そのものを破壊しているのが現代社会です。

グローバリゼーションの名のもとにどれほど危機的な状況が進んでいるか。静かに訴えるマヤの人々に私たちは耳を傾けるべきだと思います。

   日時:2月23日(土)13:30~15:30
        2月24日(日)13:30~15:30
   会場:エスペーロ能勢屋根裏
   参加費:一般 1000円(1ドリンク付)
     高校生以下 500円(1ドリンク付)
   定員:10名
   お申込み:エスペーロ能勢 080-3764-7905 info@espero-osaka.com

お申込みをお待ちしております。


2月14日(木)バレンタインデーと児童労働 child labour 
2019/02/14(Thu) | イベント | page top↑
ガーナの児童労働きょうはバレンタインデーでしたね。あちこちでおしゃれなチョコレートが行き来したことでしょう。それはそれで微笑ましいことですね。

しかし、それらのチョコレートがどこでどうやって作られたのか少し考えてみたいと思います。チョコレートの原料であるカカオの多くはガーナやコートジボワールなど西アフリカで生産されています。そしてそこで多くの子どもたちがカカオ畑の労働に駆り出されているという現実があります。(写真はACEのHPからお借りしました)

子どもたちは親から引き離され、学校へ行かせてもらえず、目の前にあるカカオで作られるであろうチョコレートなど見たことも口にしたこともないのです。

世界ではカカオ農園に限らず綿花畑、鉱山、カーペット工場、さらには家事使用人などで1億6千万人の子どもたちが児童労働を強いられています。楽しい子ども時代があろうはずもなく、体を痛めつけられ、心を病み、希望をなくしています。
the price of free
2014年にノーベル平和賞を受賞したカイラシュ・サティアーティさんのことを覚えておられるでしょうか。インドの人権活動家で、人 身売買される子どもたちを救うために命を賭して活動している人です。そのカイラシュさんを追った『The Price of Free』というドキュメンタリー映画をエスペーロ能勢の屋根裏で上映します。

   日時:3月2日(土)13:30~15:30
   場所:エスペーロ能勢
   参加費:無料
   定員:10名
   主催:みのおフェアトレードの会楓


参加費は無料ですがカフェで1オーダーをお願いします。この映画を一緒に観て児童労働について考える機会にしませんか。お申込みをお待ちしております。

チョコレート販売 フェアトレードチョコレートにはもちろん児童労働はありません。そしてとても美味しいです。チョコレートはバレンタインデーだけのものではありませんね。これからも美味しくて人にも社会にもやさしいチョコレートをどうぞ。







2月11日(月・祝)はかぎ針編みワークショップ knitting coasters
2019/02/04(Mon) | イベント | page top↑
コースターつくり直前のご案内になって申し訳ありません。11日(月・祝)にエスペーロ能勢の和室でかぎ針編みのワークショップをやります。

冬といえば、こたつでみかん、こたつでうたたね、そしてこたつで編み物、ですね。

フェアトレード商品の中にヘンプ糸、ウール糸、リサイクルサリー糸などがあります。お好きな糸を使って、まずは簡単なコースターから作ってみませんか?

教えてくれるのはエスペーロ能勢のスタッフまゆみさん。このチラシもまゆみさんが作ってくれました。センス抜群。やさしくていねいに教えてくれますよ。

こたつが苦手な方には座椅子もありますので足を伸ばしてゆったりと。限定5名様です。

早めに来られてランチしていただくのもありですね。

4日~8日は夫婦で春節の台湾を訪問していますので、電話に出ることができないかもしれません。メール(info@espero-osaka.com)かフェイスブックでお申込みいただくとありがたいです。

それではお申込みをお待ちしております。

今週末は映画『おクジラさま』 loft theater this weekend
2019/01/24(Thu) | イベント | page top↑
おクジラさま 今週末26日(土)と27日(日)は屋根裏シアター『おクジラさま』です。27日に来てくださるお客様から「エスペーロ能勢」のホームページに載っていませんでしたよ、と言われてあわててお知らせしています。すみません。フェイスブックではお知らせしていましたが、ブログではカレンダーで少しお知らせしただけでした。フェイスブックをしていない方もあります。広報がなかなかきめ細かくできていなかったことを反省しています。

というわけで、遅ればせながら『おクジラさま』のご案内です。先日試写してみました。捕鯨か反捕鯨かについては、私自身も「どう考えたらいいんだろう~」とはっきりした意見が持てないでいましたので興味深く観ました。どちらが正しい、という映画ではなくて、双方の思いや活動の様子をていねいに紹介しています。観た後、私は私なりの意見が持てました。みなさんはどう思われるでしょうか?

日時:1月26日(土)13:30~15:30
   1月27日(日)13:30~15:30

場所:エスペーロ能勢屋根裏

参加費:一般 1000円(1ドリンク付)
    高校生以下 500円(1ドリンク付)

お申込みをお待ちしております。

チョコレートの出張販売(1月25日) fairtrade chocolate
2019/01/22(Tue) | イベント | page top↑
チョコレート販売チョコレートの美味しい季節です。バレンタインデーも近づいていますね。同じ贈るならフェアトレードチョコレートを贈りませんか。

チョコレートの原料であるカカオ豆はボリビアやペルーで作られています。カカオだけの単一栽培ではなく、様々な果樹とともに育てるアグロフォレストリー(森林農法)によって、より自然の生態系に近い栽培をしていますので、自然環境を壊すことがありません。

かつては悪質な仲買人によって買いたたかれていたカカオ豆も、今は農家の人々が組合を作って協同経営することで、労働に見合った収入を得られるようになっています。

ガーナなどのカカオ農園で問題となっている児童労働もありません。大人にちゃんとした収入があれば子どもは児童労働に駆り出されることなく学校へ行くことができます。

フェアトレードチョコレートが美味しいのはカカオバターをふんだんに使っていることや乳化剤を加えずに長時間のコンチング(練り)でなめらかさを出していることがその理由です。砂糖やナッツやスパイスなどの原料もフェアトレードによるものです。

エスペーロ能勢は今週金曜日「みのおフェアトレードの会楓」とともにチョコレートの出張販売をいたします。
  日時:1月25日(金)12時~15時ごろ
  場所:箕面市国際交流協会コムカフェ前
    (箕面市小野原西5-2-36 多文化交流センター内)


この日のコムカフェランチは韓国料理です。私たちもランチをしてから販売したいと思います。

みなさまのお越しをお待ちしております。



1月17日(木)PTAイベントでクッキング fairtrade cooking
2019/01/17(Thu) | イベント | page top↑
コミセン調理室きょうは茨木市にあるK小学校のPTAのイベントで、フェアトレードクッキングを楽しんできました。今年PTAの役員をしているUさんから依頼され、去年からいっしょに計画してきました。




「みのおフェアトレードの会楓」のメンバーである三浦さんと江口さんも一緒に行きました。場所は小学校横のコミュニティセンター調理室です。




フェアトレード・クッキング写真メニューは1.タンドリチキン2、トロピカルごはん3.グ リーンサラダ4.かぼちゃとココナツミルクのポタージュ5.バナナケーキとコーヒーでした。
どのメニューにもフェアトレードの食材が使われています。たとえば1は「カレーの壺」2はドライマンゴーとカシューナッツ、3はオリーブオイル、4はココナツミルク、5はバナナと砂糖とコーヒーです。




バナナケーキ 使われている食材がどうフェアトレードされているのかをお話しながら実習を進めました。フェアトレードのことを初めて聞いたというお母さんたちもありましたが、みなさんとても関心を持って話を聞いてくださって、いろいろおしゃべりしながらできた料理をいただきました。どれも美味しくて好評でした。簡単にできるものばかりなので「また家でつくってみます」と言われていました。


新聞記事(20190115)
フェアトレーダーとしては、きょうのようにフェアトレードを人々に伝えていくことも大切な仕事だと思っています。フェアトレー ドの市場規模はまだまだで世界中でやっと1兆円を超えたところだそうですが、今確実に社会は変わってきていて、日本でも大企業がフェアトレードに取り組み始めているという記事が15日の日経夕刊のトップに出ていました。儲けることだけを考えるのではなくて、社会的責任を意識した仕事をしていこうという動きです。フェアトレードはこれまで草の根的なイメージが強くそのためあまり知られていなかったわけですが、大企業が売名行為ではなく本気で取り組んでくれると、消費者の意識もすこしずつ変わってくると思います。企業のこれからに期待ですね。








先週もイベント続き many fairtrade activities
2018/11/11(Sun) | イベント | page top↑
桜塚高校先週も忙しい週でした。

まず火曜日は豊中市の桜塚高校でフェアトレードの出前授業でした。「国際理解」を選択している12名の3年生が、卒業前に少しでもフェアトレードの理解を深めてくれたとしたら嬉しいです。きょうその中の一人が店を訪ねてくださって嬉しい驚きでした。

能勢高校

木曜日は能勢高校でフェアトレード授業でした。2年生15名。SGH(グローバルな社会 課題を解決するためのコース)を選択しています。モンゴルに研修旅行に行った男子生徒が「モンゴルにはフェルトで作った工芸品があるのだけどこれを日本で売れるようにするためにはどうしたらよいか」という具体的な質問も出ておもしろかったです。



 





②2018川西チラシ(Hp)0001
金曜日はエスペーロ能勢の和室で友の会さんの「家事家計講習会」が行われました。14名の女性たちが、生活に予算をたてることや献立の工夫をすることなどを話し合われていました。エスペーロ能勢はイベントには直接関わらず、お部屋を提供してドリンクやランチのお世話をするだけなのですが、時々聞こえてくる内容は興味深いものでしたよ。このあと別会場で3回あるようです。









多民族フェスティバルブース
土曜日は箕面市で恒例の「多民族フェスティバル」でした。お天気もよく多くの人たち でにぎわいました。たくさんのブースが並び、世界の料理、世界の雑貨、世界の音楽や踊りなどなど、楽しい一日でした。たくさんの友達にも会えました。エスペーロ能勢のブース(この日は「みのおフェアトレードの会楓」として参加していました)にもたくさんのお客様が訪ねてくださいました。テリーのフェイスペインティングはなかなか人気でしたが、中には大泣きする子どもさんもいてあわてました。商品の中ではやはりフェアトレードチョコレートが一番人気でした。



 
かんでん楽市

日曜日はこんどは能勢で出店でした。毎月第2日曜日はエスペーロの店近く「かんでん地区」で「かんでん楽市」が開かれます。かつては賑わいを見せた町並みを再現しようという試みです。私は店舗があるのでかんでん楽市はもっぱらテリーの担当です。今年の春に始まったこの市は少しずつ定着してきたように思います。


 ホームに戻る  次のページ