久々の屋根裏シアター (10月22日) "TO KILL A MOCKING BIRD"
2017/10/15(Sun) | イベント | page top↑
アラバマ物語10月21日(土)のシャンソンライヴ http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1190.html
に続いて翌日22日(日)は午後2時から久々の屋根裏シアターです。

エスペーロ能勢にはらせん階段を上がったところに屋根裏があります。夏の間は少し暑かったのですがよい季節になりましたので、ここで屋根裏シアター再開です。

ソファーに寄っかかっても寝転がって観てもかまいません。カフェで何かご注文いただきましたらどなたでも無料で観ていただけます。おひとりでも参加があれば開催です。


今回は1962年アメリカ映画『アラバマ物語』を選びました。原題は"TO KILL A MOCKING BIRD"。ハーパー・リーの同名原作小説は1961年のピューリッツァー賞に選ばれています。

20170311屋根裏シアター
グレゴリー・ペック(古い人にはなつかしい)演じる弁護士アティカスと娘のスカウト、息子のジェムの家族の物語です。同時に黒人への差別・偏見が強い社会でアティカスが弁護した裁判の物語でもあります。



あまりご紹介するとネタバレになりますので、興味のある方はどうぞエスペーロの屋根裏でご覧くださいね。2時間を超える長編ですが物語に引き込まれると思います。



お申し込みはエスペーロ能勢(080-3764-7905)まで。

来週末はシャンソンライヴ chanson live at espero Nose
2017/10/14(Sat) | イベント | page top↑
シャンソンライブのチラシ 来週の土曜日21日は、エスペーロ能勢で高野日出夫さんのシャンソンライヴがあります。

高野日出夫さんは私たちの友人であり、シャンソンの歌い手であり、シャンソンの訳詩家でもあります。シャンソンだけでなく、朗読や俳句にも長けておられます。

そんな高野日出夫さんのシャンソンを聴く会を友人一同が企画しました。ピアノは合唱伴奏などで活躍する友人の加納美枝子さんです。この素敵なポスターも友人の椿原ヨシハルさん作成。題字は高野日出夫さんご本人の手に依ります。

エスペーロ能勢のピアノが初めて表舞台で活躍します。時間は2時半から4時まで。これにともなって2時からエスペーロは貸切となりますのでご了承ください。

ケーキとドリンクのケーキセットつきでチケット1000円です。事前お申込みをよろしくお願いいたします。まだ少しお席がありますので、どうぞエスペーロ能勢までお問い合わせください。

選挙で気分がわさわさする週ですが、週末は古民家でしっとりシャンソンはいかがでしょうか。きっとお楽しみいただけると思います。

みなさまのお越しをお待ちしております。

10月のイベント event schedule of October
2017/09/28(Thu) | イベント | page top↑
calender.png 10月はエスペーロ能勢もいろいろとイベントがあります。どれかを忘れてしまうのではないかと今からちょっと心配している店主です。ホームページのトップページにあるカレンダーのアイコンをクリックして10月のところを見てもらうと、営業日、臨時休業日、イベント日が一目でわかるようになっています。




順を追ってお知らせします。(フライヤー画像はクリックで拡大してごらんください)
鎮守の森フェス


10月8日(日)鎮守の森フェス出店 この日は野間神社の大祭です。山車が野間神社に集まります。地黄城跡では鎮守の森フェスが行われ、60店 以上の店舗が出そろうそうです。お祭りはもちろん見ごたえがありますし、初めての試みであるフェスにも遊びに来てくださいね。エスペーロ能勢はフェスへ出店すると同時に店舗も通常通り営業いたします。




結バザー
10月9日(月・祝)結みのおのチャリティーバザー出店
  能勢の店舗は臨時休業となります。









こどもの森ロハスフェスタ

10月14日(土)こどもの森ロハスフェスタ出店 能勢の店舗は通常通り営業いたします。








 シャンソンライブのチラシ

10月21日(土)高野日出夫シャンソンライブ エスペーロ能勢主催のイベントです。14:30-16:00が貸切となります。お申込みはエスペーロ能勢まで。











アラバマ物語
10月22日(日)屋根裏シネマ『アラバマ物語』  久々のシネマです。1930年代のアメリカを描いた社 会派ドラマです。店主の好きな映画から選びました。


個々のイベントにつきましては、また日が近づきましたら、もう少し詳しくお伝えします。とりあえず予定をあけておいてくださいね。








中学校でフェアトレード授業(9月20日) fairtrade talk with young people
2017/09/26(Tue) | イベント | page top↑
アサンプション授業 先週、箕面市内にあるアサンプション国際中学校(旧被昇天学院中学校)の2年生42名の授業で、フェアトレードについてお話させていただきました。「探究」という科目の授業です。

フェアトレードって言うけれども、ではアンフェアなトレードではどんなことが起こっているのだろう、という視点からお話しました。

公正な支払いがなされていない、自然環境をこわしている、労働環境が劣悪、児童労働が行われている・・・などの例です。

最初のうちはこちらが質問を投げかけても反応が今一つだったみなさんでしたが、授業が終わるころには次々とよい質問が出てきました。

「もし私がフェアトレード商品を買ったら何人の人が助けられますか」「フェアトレードはいつ頃始まりましたか」「フェアトレード商品は高いですか」などなど。中でも「どうして箕面から能勢に店を移転したのですか」という質問もあって楽しかったです。

来月学校で行われるチャリティデーでは2年生のみなさんがフェアトレード商品を販売されるそうなので、商品の背景や生産者のことなども伝えながら売ってくださいね、とお願いしました。

(写真はアサンプション国際中学校のホームページからお借りしました)

8月11日(金・祝)は山の日フェスタ Myoken-san Festa
2017/08/10(Thu) | イベント | page top↑
山の日フェスタチラシ(表)8月11日(金・祝)は「山の日」です。そこで妙見山では「山の日フェスタ」というイベントが行われます。



エスペーロ能勢もお誘いを受けて今年初めて出店することになりました。


ハイキング、ライブ、トークセッションなど盛りだくさんですよ。


エスペーロ能勢は「星の市」の雑貨マルシェに出店します。探してくださいね。



妙見山の山上はきっと涼しいと思いますよ。



山の日フェスタチラシ(裏)









 夜はエスペーロ能勢のすぐ近くの「野間神社」で「盆の市」があります。
6時から9時ごろまでやっていると思います。


この日は昼夜のダブルイベントなので、
地黄の店舗は臨時休業
となります。どうぞよろしくお願いいたします。














6月17日(土)シャプラニール講演会 guest from Bangladesh
2017/06/19(Mon) | イベント | page top↑
20170617シャプラキャラバン 縮小シャプラニール=市民による国際協力の会https://www.shaplaneer.org/の講演会をエスペーロ能勢で行いました。

シャプラニールでは毎年ネパールかバングラデシュの駐在員が帰国した折に全国をキャラバンして報告会を開いています。全国各地にシャプラニールをサポートする連絡会というのがあってそれぞれが受け入れをして講演会を開きます。

シャプラニール関西では16日に大阪市内で17日に能勢で受け入れをすることになり準備を進めてきました。





シャプラ講演会



果たして能勢にどれだけの人が聴きにきてくれるだろうかという心配があ りましたが、なんと能勢高校の生徒さんと先生12名を含む24名の方が参加してくださいました。能勢高校はSGH(スーパーグローバルハイスクール)の認定を受けて国際協力や国際理解の学習に重点を置いています。




今回の講演はバングラデシュのマフザ・パルビンさん。シャプラニールのダッカ事務所で家事使用人の少女支援事業やフェアトレードの事業に携わっています。ご自身は7歳男子のママでもあり休憩時にはスマホで息子さんと会話する姿が見られました。

マフザ パルビンさん 家事使用人という言葉は日本では聞きなれない言葉かもしれません。まだ10歳とか12歳といった幼い少女(中には男子もいるけれども少女の方が多い)たちが学校へ行くことも叶わず他人の家に入って掃除洗濯料理などの仕事をしています。家事が男子よりも女子に向いているということもありますが、女子は教育を受ける必要がないという根強い考え方があることも影響しています。少女たちの家は貧しく、家にいたら食事もままならないけれども、雇われた先ではとりあえず食べることと寝ることはできるので親は子どもを家事使用人として送り出してしまうのです。


ところが雇い入れ先ではしばしば虐待のようなことも起こります。立場の弱い少女たちは訴える手立ても持ちません。そこでシャプラニールで少女たちが集まって勉強したり話したりできるヘルプセンターを開設し、少女たちを支援しています。

この日はマフザさんが具体的に何人かの少女の例を挙げてお話をされました。能勢高校の生徒さんたちは自分たちとあまりに違うバングラデシュの子どもたちの現状に耳を傾けていました。また、参加者の中に能勢在住のシャプラニール会員の方もおられて嬉しく思いました。
藤崎文子さん
マフザさんと一緒にキャラバンを続けているシャプラニール職員の藤崎文子さんはバングラデ シュ駐在6年というキャリアをお持ちで、豊富な知 識と経験とみごとなベンガル語で通訳をしてくださいました。最後に私たちに何ができるのか、という話になり、知る、伝える、会員になって支援する、フェアトレード商品を買って支援する、などが出ました。会が終わってからも残ってマフザさんや藤崎さんとお話する方も多く、お話がみなさんに影響を与えたことを感じました。



交流会 お二人はこの日はエスペーロ能勢にお泊りでしたので、シャプラニール会員さんやみのおフェアトレードの会楓のメンバーも一緒に夕食を取りながら交流しました。そのあとにはおまけもあって、夕食後の散歩に蛍を見に行ったのです。大ケヤキの少し向こうの川沿いにほんとうにたくさんの蛍を見ることができました。バングラデシュにも蛍はいて、船でしか行き来できないような家に行くときに川の上を飛ぶ蛍が幻想的だという話を藤崎さんがしてくださいました。

翌朝おふたりは元気に次のキャラバン開催地である名古屋へと向かわれました。あと4日間キャラバンは続きます。おつかれさまでした。

(写真は当日写真担当の三浦さん撮影のものをいただきました)





6月6日(火)能勢高校で授業 a fairtrade class at Nose High School
2017/06/06(Tue) | イベント | page top↑
20170606能勢高校授業2きょうはテリーとふたりで能勢高校におじゃまして2年生の授業でフェアトレードについてお話させていただきました。

能勢高校は文科省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)に認定されていて、積極的に国際理解、協力、交流を進めています。私たちが能勢高校で授業をするのも昨年に続いて2回目です。

前半は私が「フェアトレードってなに?」というタイトルで話し、後半はテリーが能勢での古民家再生について話しました。
20170617シャプラキャラバン 縮小
今回は6月17日にエスペーロ能勢で行う「シャプラニール講演会」の予習の意味もあったので、バングラデシュについても少しお話しました。17日には2年生13人が講演会に参加してくれることになっています。「バングラデシュってどんなイメージがある?」と聞くと「カレーばっかり食べている」という返事があって笑いました。

17日にまた彼らとエスペーロで再会できるのが楽しみです。







6月3日(土)憲法カフェ能勢@エスペーロ our Constitution
2017/06/05(Mon) | イベント | page top↑
ミニライブ土曜日の午後、エスペーロ能勢を会場として「憲法カフェ能勢」が開かれました。

「憲法カフェ」は若手弁護士が市民にわかりやすく憲法の話をしてくださる「場」です。なぜ今憲法か?それは戦後70年間日本の平和を守ってきた憲法9条を初めとする日本の憲法が自民党政府の暴走によって危険な憲法に変えられようとしているからです。

現状を見るに見かねた全国の若い弁護士さんたちが「あすわか」(「明日の自由を守る若手弁護士の会」)を立ち上げて、ほぼ手弁当で憲法を語る「場」に出向いておられます。

この日、前半は先月エスペーロ能勢でミニライブをしてくださった長野たかしさん(元五つの赤い風船メンバー)とお連れ合いの森川あやこさんの歌でした。「血塗られた鳩」「私が私であるために」などいずれも平和を願う歌やトークに会場は盛り上がりました。

遠地弁護士
後半は「あすわか」の遠地靖志弁護士が、憲法改正や緊 急事態条項はほんとうに必要なのかということについてわかりやすく話してくださいました。中でも私が一番心に残ったのは憲法97条の文言でした。


<憲法97条>この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に耐え、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。


つまり憲法の究極の目的は「人権保障」なのですね。

この日は28名の方々がライブを楽しみ憲法の話を聞いてくださいました。和室の襖を取り外すと店全体がひとつの広い空間になり、よい感じでした。心配した駐車場は15台停めることができてなんとかなりました。

カフェではフェアトレードのコーヒーや紅茶とフェアトレードのオーガニックバナナで作ったケーキを召し上がっていただきました。

政治の話は日常の話題として避けられることが多いですね。めんどうくさい、毎日が忙しい、違う意見の人と話したくない・・・でも、今はそんなことを言っている場合ではないようです。もっと気軽に、昨夜のテレビドラマや阪神戦の話をするように、政治の話ができたらよいなと思います。

憲法カフェ主催者のみなさん、長野さんご夫妻、遠地弁護士さん、ありがとうございました。



こんどの土曜日は「憲法カフェ」 let's talk about PEACE  
2017/05/30(Tue) | イベント | page top↑
憲法カフェ今度の土曜日、「憲法カフェ・能勢」がエスペーロ能勢で行われます。

みなさんは「憲法カフェ」をご存じですか?今、自民党が日本国憲法を変えようとしていますが、その改憲案がとても危ない内容であることを、弁護士さんがわかりやすく読み解いてくれる場所です。

どう危ないか。たとえば、これまで日本の平和を守ってきた憲法9条を変えて、日本が攻撃されていなくても軍隊を戦地に派遣できるようにする。たとえば国が言うことにしたがわないと「こいつはテロリストではないか?」という疑いで何かの理由をつけて逮捕する。憲法カフェのようなイベントは今はまだできるけれども、このまま進めば「国の言っていることはおかしいな」と思っても、ものが言えなくなる社会がやってくる。

「ウッソー!」と思う人はぜひ話を聞きに来てください。話してくれるのは「明日の自由を守る若手弁護士の会」(通称あすわか)の遠地弁護士です。もちろんわからないことはいっぱい質問できます。

今回の憲法カフェはミュージックライブつきです。いつも歌に乗せて平和を発信している長野たかしさんと森川あやこさんの歌はすてきですよ。

エスペーロ能勢はフェアトレードバナナのケーキとフェアトレードドリンクをご用意いたします。

参加ご希望の方は憲法カフェ・能勢(090-2044-6106)かエスペーロ能勢(080-3764-7905)にお電話くださるとありがたいです。

それでは3日(土)に「憲法カフェ・能勢」でお会いしましょう。

なお、憲法カフェ開催の14:00~17:00は貸切になりますので、どうぞよろしくお願いいたします。




5月20日(土)ボリビアお話会  guests from Bolivia
2017/05/21(Sun) | イベント | page top↑
屋根裏でボリビアお話会エスペーロ能勢の屋根裏を使って「ボリビアおはなし会」を行いました。ボリビアのルレナバケという町でフェアトレード事業をやっているなつみさん&ウゴさんファミリーがゲストです。毎年箕面のご実家に帰国されるこの時期にお会いできるのを楽しみにしています。たつきくんとひなとくんのふたりのお子さんも会うたびに大きくなって成長を感じます。

ボリビアってどんな国?人々はどんな生活をしている?ふだんあまり接することのない南米の国について、またおふたりが現地で行っているフェアトレードショップについて、なつみさんがお話してくださいました。

フェアトレードに関心がある方、ボリビアに住んだことがある方、コスタリカに留学していた能勢高校生さん、能勢高校の先生、なつみさんの幼なじみさん、などなど10名の方々がお話を聞いてくださいました。
なつみ&ウゴ夫妻
私は下のカフェにいて全部を聞けなかったのですが、何度も笑い声が聞こえてきたり質問する声も聞こえたりして、たっぷり2時間のおはなし会と なりました。





この日初お目見えのプロジェクターとスクリーンも順調に活躍してくれてよかったです。開店の時にいただいたお祝いを合わせて今回購入したプロジェクターとスクリーンです。感謝しつつ、今後活用させていただきたいと思っています。





ボリビア商品 ボリビアのフェアトレード商品はカラフルでかわいくて自然そのもの。みなさんお気に入りを見つけて買っていかれました。買うときにもまた商品を介してボリビアの話や自然の話題が生まれました。このうち何点かをエスペーロでも仕入れました。また見に来てくださいね。


そして最後にエスペーロの前で記念撮影。来年もまた待っていますよ~20170520記念撮影 (1)

























 ホームに戻る  次のページ