FC2ブログ
9月の屋根裏シアター loft cinema in Sep.
2021/09/09(Thu) | イベント | page top↑
シャドー・ディール8月は休業させていただきましたので、屋根裏シアターもお休みでした。

9月はいつもどおり月末に実施します。大分涼しくなったので、蔵ではなく屋根裏でも問題なくできると思います。

今月のタイトルは『シャドー・ディール~武器ビジネスの闇』です。歴史をみると、いつの時代も世界のどこかで戦争が続いています。戦争には、民族、宗教、資源、などいろいろ複合した原因がありますが、さらに現代の戦争では武器ビジネスが大きく関わっています。武器をどんどん売り込んで戦争がさらに拡大していく、という状況があるようです。

戦争の影で売買される武器を取り巻く生々しい実態を描いたドキュメンタリー。

https://www.cinemo.info/93m

2016/アメリカ/90分

日時:9月25(土)26(日)27(月)日 13:30~15:30
場所:エスペーロ能勢 屋根裏
参加費:一般1000円 高校生以下500円(1ドリンク付)
定員:各回5名
お問い合わせ・お申込み:エスペーロ能勢 ☏ 080-3764-7905 メール info@espero-osaka.com

お申込みをお待ちしております。

蔵シアター warehouse cinema
2021/06/29(Tue) | イベント | page top↑
蔵シアターいつもはカフェの上の屋根裏で行う屋根裏シアターですが、夏季は屋根裏が暑くなるため、今回は蔵に場所を移して行いました。蔵は断熱がよくてかなり涼しいです。ミニシアターみたいでとてもよい、という参加者さんの声もいただきました。

上映作品は『プラスチックの海~a plastic ocean』でした。世界中の海がプラスチックに汚染されている。クジラや海鳥が知らずに食べる。もちろん魚の胃袋の中もプラスチックの破片が。衝撃的な現実をつきつけられます。
プラスチックの海
上映後のお茶タイムでも、ショックを受けた、自分たちでできることは何だろ う、プラスチック使用を減らさなければ、といった感想が次々話されていました。

今回は3日間で13名の参加者でしたが、そのうち8名が能勢町民の方でした。能勢町には映画館がありませんので、月一ミニシアターを楽しみにしてくださっている方もあって、私たちも嬉しく思います。また、13名のうちの2名は小学生と中学生でした。中学生は期末試験の合間をぬってお父さんと来てくれました。試験勉強を2時間さいても観る価値がある作品だったと思います。

来月は7月24(土)25(日)26(月)の3日間で『ハッピー・リトル・アイランドー長寿で豊かなギリシャの島でー』https://www.cinemo.info/31m を上映予定です。予定に入れておいてくださいね。



久々の出展イベント shops in the backgarden
2021/06/29(Tue) | イベント | page top↑
ラ・カンビータ6月27日(日)エスペーロ能勢の裏庭に3色のテントが並びました。



心配した台風と雨は能勢を避けてくれて、暑くもなく、雨も降らず、心地よいお天気に恵まれました。



ブルーのテントはボリビア雑貨のラ・カンビータさんhttp://cambita.web.fc2.com/japanese/home_jpn.htm ピンクのテントはキャンドル作家のいりえのアトリエさん、そして白のテントはガラス作家の新居さんとインド3つのテント布バッグの藤井さんです。

カフェのお客さんはもちろん、出展者さんの友人、エスペーロ能勢 のご近所さん、などが、三々五々訪れてくださって、出展者さんとおしゃべりを楽しみながら、のんびりとしたよい時間とお買い物を楽しんでくださいました。

ご近所の幼い姉妹がお母さんと一緒に来てくれて、握りしめたお年玉袋からかわいいアクセサリーを買っていた姿がとてもかわいらしくて、ふんわり幸せな気持ちになりました。

この日はおかげさまでカフェも予約満杯。お客様の波が去った後で、エスペーロ能勢もボリビア雑貨をいくつか仕入れました。今週末から店内に並びますので見に来てください。

 20210627裏庭出展久々のイベントでしたが、人と人が出会うことの楽しさ、嬉しさをしみじみと感じた一日でした。出展者のみなさん、おつかれさまでした~

最後にみんなで記念撮影。撮影時だけマスクをはずしています(写真はすべてラ・カンビータさんからいただきました)。

プラスチックの海 A Plastic Ocean
2021/06/11(Fri) | イベント | page top↑
新聞記事プラスチックごみ昨日の朝日夕刊の記事です。昨年1年間、世界中の海に流れたマスクが15億枚と推定される、という記事でした。

コロナ禍は多くの使い捨てマスクと多くのテイクアウト容器を排出し続けてています。

これまでも海に流れ出たプラスチックは大きな問題となってきているのに、それに追い打ちをかけるような内容でした。

それにしても、ポイ捨てしないでちゃんと焼却ごみとして処理すればここまでひどいことにはならないと思うのですが。


タイムリーにも、今月末の屋根裏シアターは「プラスチックのプラスチックの海 海」を上映します。詳細は→
http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1559.html

現在、26,27,28日とも少しずつ空きがあります。どうぞお早めにお申し込みください。









6月の屋根裏シアター loft cinema in June
2021/05/31(Mon) | イベント | page top↑
プラスチックの海緊急事態宣言下で短縮営業をしたため、5月は屋根裏シアターができませんでした。1ヶ月遅れになりましたが6月末にはこの映画を上映します。


便利という理由で世界中にあふれてしまったプラスチックが最後にはどうなっていくのか。海へ流れ、小さな破片となって魚が食べ、その魚を人間が食べる。



今からでも私たちにできることはあるのだろうか。
https://www.cinemo.info/86m

(2016年/イギリス・香港/100分)




日時:6月26日(土)27日(日)28日(月)13:30~
場所:エスペーロ能勢 屋根裏
参加費:一般1000円 高校生以下500円(1ドリンク付)
定員:各回 5名
お申込み・お問い合わせ:電話 080-3764-7905   メール info@espero-osaka.com


広く関心を集めている映画で、すでに何名かの方のお申込みをいただいております。コロナ感染拡大防止のために、定員を5名に設定しておりますので、どうぞお早めにお申し込みください。



「ファッションとフェアトレード」 fashion & fairtrade
2021/04/20(Tue) | イベント | page top↑
昨年12月から箕面市国際交流協会(MAFGA)で行ってきた「フェアトレードにふれる」シリーズは、きょうの第5回「ファッションとフェアトレード」でいったん終了いたしました。きょうは8名の参加があり、密を避けて会議室の長机ひとつにひとり座っていただいてパワーポイントや映像を材料にお話しました。この5回シリーズを通して、多くの方々に「フェアトレードにふれ」ていただけたことを、MAFGAのスタッフ末原さんや参加者のみなさんに感謝します。

きょうはしょっぱなからみなさんにクイズを出しました。あまり知られていませんが・・・4月24日は世界的に〇〇〇〇〇〇・〇〇〇〇〇〇〇〇・デーです。の〇を埋めるものです。わかりますか?やはりあまり知られていませんでした。

答えはファッション・レボリューション・デーです。ファッション革命の日、つまり、ファッションについて根本から考え直してみようという日なのです。そして、4月19日から25日までの1週間はフェアトレード・レボリューション・ウィークでもあります。

ラナプラザ崩壊事故 では、なぜ4月24日なのか。2013年4月24日、バングラデシュのダッカ郊外で8階建てのビルが倒壊し1100名以上の労働者が亡くなりました。世界のファストファッションブランドを縫製する工場が多く入っていました。違法建築の中に詰め込まれた労働者たちは日々監視の中で働いていました。壁にひびが入って危険が指摘されていたにもかかわらず、経営者は人命よりも生産を優先したためにこのような悲惨な事故が起こりました。このビルの名前をつけて「ラナプラザの悲劇」と呼ばれています。

この悲惨な事故の後、安全監視機関として「バングラデシュにおける火災予防および建設物の安全に関わる協定」が設置され、日本のユニクロを含む世界のファストファッション企業が署名しました。しかし、その後もしっかり監視していかなければなりません。

安ければよいのか、ということです。労働環境や人権を無視した製造現場でつくられた洋服はだれも着たくないです。洋服を買う時に「この洋服はどこでだれがどのような環境でつくったのだろう」と考えてみることは大事だと思います。

近年「エシカル」という言葉をよく聞きます。直訳すれば「倫理的」という意味ですが、「人、自然、未来にやさしい暮らし方」と言えると思います。エシカル消費、つまり「人、自然、未来にやさしい買い物の仕方」をしたいものです。フェアトレードはまさにエシカルな買い物ができるしくみなのです。
ザ・トゥルー・コスト
今月末の屋根裏シアターは「ザ・トゥルー・コスト」を上映します。ラナプラザの悲劇やオーガニックコットンの話など、ファッ ションにまつわる途上国での生産現場事情がよくわかるドキュメンタリー映画です。定員5名で密にならないように上映いたしますので、ぜひお申込みのうえお越しください。

4月24日(土)25日(日)26日(月)13:30 ~
第40回屋根裏シアター『ザ・トゥルー・コスト』@エスペーロ能勢
  https://www.cinemo.info/38m
参加費:一般1000円 高校生以下500円(1ドリンク付)
お申込み:エスペーロ能勢 ☏080-3764-7905
                                              ✉info@espero-osaka.com
















3月の屋根裏シアター loft cinema
2021/03/12(Fri) | イベント | page top↑
デイヴィッドとギリアン 響きあうふたり3月の屋根裏シアターは「ディヴィッドとギリアン 響き合うふたり」です。
https://www.cinemo.info/56m

(cinemo紹介文より)

映画『シャイン』のモデルの愉快なリアルライフが今、明らかに!

人生は美しい!輝かしい!デイヴィッドは笑顔で出会った全ての人を祝福する天性のピアニストだ。

長い闘病生活の後、奇跡の復活を果たした彼の⼈⽣は⽣きる喜びに満ちあふれている

私は映画『シャイン』を観ていないのですが、この天才ピアニストと妻のギリアンさんというご夫婦の生き方にとても興味があります。

久々の音楽ストーリー。ぜひお出かけください。

日時:3月27日(土)28日(日)29日(月)の3日間。13:30~15:30
場所:エスペーロ能勢 屋根裏
参加費:一般1000円 高校生以下500円(1ドリンク付)
定員:各5名

お申込みをお待ちしております。



フェアトレードにふれる~バナナ編 banana & fairtrade
2021/02/12(Fri) | イベント | page top↑
フェアトレードにふれる(バナナ編)当日写真今週はじめに箕面市国際交流協会のコムカフェで「フェアトレードにふれる~バナナ編」が開催され、お話する機会をいただきました。https://www.facebook.com/mafgachallengecafe/
(写真は参加者のNさんからいただきました)


先月、同じテーマで、中学校の授業でお話したばかりでしたので、同じ資料を見てもらいながら、バナナとフェアトレードの深~い関係についてお話しました。


私がひとりで話したわけではなく。5名の参加者の方々とあれこれ話しながら、楽しい時間でした。

コムカフェさんが主催してくださるこのフェアトレードシリーズは、これまで、オリーブオイル、チョコレート、バナナと開催してきました。次回は3月16日(火)10:00~コーヒー編です。またあらためてご案内しますが、予定に入れておいてくださいね。実際に生豆を煎って挽いて淹れるワークショップを予定していますので、お楽しみに。

屋根裏シアターのこと loft cinema
2021/02/01(Mon) | イベント | page top↑
屋根裏シアター20171224エスペーロ能勢の「屋根裏シアター」は、開店の年から始めてすでに37回を数えました。屋根裏にスクリーンを立てて定員10名までで観るシアターです。写真から雰囲気がわかるでしょうか。

映画は、年会視聴料を支払って、ユナイテッドピープルという会社から配給してもらっています。ほとんどは政治、社会、環境、人権などをテーマにしたドキュメンタリー映画ですが、中には実話をモデルにしたドラマもあります。いずれも、なるほどと思ったり、感動したり、考えさせられたりする映画です。
静寂を求めてチラシ
1月の映画は『静寂を求めて』でした。
https://www.cinemo.info/64m

デジタル時代を生きる私たちに沈黙の美徳を取り戻す説得力あるドキュメンタ リー(ガーディアン紙)

騒音の溢れる現代に、静寂への回帰を雄弁に勧める静かな映画(藤田一照 曹洞宗僧侶)

私は初めて視聴した時にはあまりの静寂さに寝てしまったのですが、2度目に観てほんとうに感動しました。私たちが日々どれほどの騒音の中で生活しているのか。学校の上を飛ぶ飛行機の騒音が子どもたちの学習に与える影響は大きい。1年間沈黙したまま旅を続ける男性は、デジタル音とエンターテインメント音が苦痛だと言っていた。森の静寂の中で過ごすと免疫が高まりがんキラー細胞が増える。

映像も美しく、こんないい映画だったにもかかわらず、コロナのせいもあってか、参加者は2日間で5名の方だけだったのが残念でした。こんどから早めに視聴して早めに宣伝して、もっとたくさん(と言っても1回定員5名ですが)の方に観ていただきたいと思います。

できるーセ・ポシブル
そこで次回屋根裏シアターのおしらせです。

『できるーセ・ポシブル』https://www.cinemo.info/72m
フランス人の若いカップルが日本中をヒッチハイクしながら旅をする。探し求めているのは、持続可能な生活やビジネスを実践している町や村。持続可能な生活のためのヒントは見つかったか?合言葉は「できるーセ・ポシブル」。
(2019/フランス/99分)



日時: 2月27日(土)13:30~
    2月28日(日)13:30~
場所: エスペーロ能勢(豊能郡能勢町地黄476 阪急バス「地黄局前」徒歩3分)
参加費:一般1000円 高校生以下500円 (1ドリンク付)
定員: 各回5名様(コロナ対策で定員を減らしています。先着順)
お申込み・お問い合わせ:エスペーロ能勢 ☏080-3764-7905 ✉info@espero-osaka.com

お申込みをお待ちしております。


セール始まりました fairtrade clothes on sale
2021/01/30(Sat) | イベント | page top↑
セールポップスタッフまゆみさんが、すてきなポップを描いてくれました。

はい、このとおりです。洋服だけでなく、ストール類、帽子、手袋も20%オフです。

きょう、さっそくピープルツリーのパンツとクラフトリンクの手袋が売れました。

とってもおしゃれなピープルツリーのパンツは定価15000円でしたが、20%オフで12000円、3000円もお得なお買い物になりましたよ。

今、ネパールやインド、バングラデシュなど、洋服の生産地は、厳しいロックダウン(都市封鎖)のため、思うように仕事ができない状況です。

さらに消費国である欧米など先進国でも経済が減速しているため、生産団体への注文キャンセルが相次ぎ、生産者の生活に深刻な影響を及ぼしていると聞いています。

どんな時でも’継続して買う’というのがフェアトレードの原則です。今、フェアトレードの動きを止めないためにも、ぜひこの機会にフェアトレードの洋服や衣料品をお買い求めください。それを次の仕入れにつなげていきたいと思います。

 ホームに戻る  次のページ