FC2ブログ
エスペーロ能勢にアンデスの風が吹く(10月20日)folklore live
2018/09/19(Wed) | イベント | page top↑
グルーポ・ウヌ チラシ(jpeg)9月10月のエスペーロ能勢は南米づいていますよ。

9月29日(土)には、ボリビアから菜摘・ウゴ夫妻がフェアトレードの手工芸品を持ってエスペーロ能勢を訪ねてくれます。http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1282.html


そして10月20日(土)は、店主念願のフォルクローレ・ライブです。友人のフォルクローレグループ「グルーポ・ウヌ」は、アマチュアだけれどもとっても上手。


ぜひ聴きに来てください。準備の都合がありますので、事前にお申込みをお願いいたします。



9月後半のイベントスケジュール 
2018/09/14(Fri) | イベント | page top↑
9月のカレンダー 今、二女の子育て支援のために台北に来ています。そのため本日と明日明後日は勝手ながら臨時休業させていただいております。きょうお電話をいただいたお客様もあるようなのですが、お電話にも出られずにすみませんでした。

日曜日の夜には帰国する予定ですので17日(月・祝)は営業いたします。よろしくお願いいたします。



今月の「屋根裏シアタワンダーランド北朝鮮ー」は『ワンダーランド北朝鮮』です。22日 (土)23日(日)24日(月・祝)のうち、ご都合のよい日でご参加ください。実際に北朝鮮を訪れたことがある友人が、どこかの日で参加してくれると思います。

(チラシ本文より)~あなたの知らないもう一つの北朝鮮~世界から隔離された国、北朝鮮に良いイメージを持っている人は少数派だろう。北朝鮮のイメージは大概、独裁国家で、核開発を行う危ない国といったところだろう。しかしそれが本当に北朝鮮の姿なのだろうか?・・・https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=61

  




29日(ボリビアでフェアトレード(jpeg)土)はボリビアからのお客様を迎えます。ラ・カンビータの菜摘さん・ウゴさん夫妻がボリビアの自然素材を使った手工芸品を携えてエスペーロ能勢に来てくれます。木の実のアクセサリーやヤシの葉で編んだ帽子などカラフルな作品がたくさん。ボリビアの話もたっぷり聞けますよ。お昼頃から閉店までいてもらいますので、どうぞお好きな時間に来てください。








ボリビアでフェアトレード(9月29日) guests from Bolivia
2018/09/12(Wed) | イベント | page top↑
ボリビアでフェアトレード(jpeg)
9月8日(土)みのおピースフェスタに参加 how to make Peace
2018/09/09(Sun) | イベント | page top↑
『コスタリカの奇跡』チラシ表 初めてこの映画を観たのは豊中の「種まきシアター」でした。「平和の作り方」を明快に示していて強く印象付けられ、このような映画をエスペーロ能勢でもできたらよいなと思ったのが、エスペーロ能勢で「屋根裏シアター」を始めたきっかけでした。





4月の「屋根裏シアター」でこの映画をやった時には、3日間で30名の方が観てくださる記録的な映画会となりました。その時に観た人が8月に能勢町のホールを借りて上映会をされました。文字通り種がまかれたのです。





箕面市でもこの映画をやりたいね、という意見は当然のように沸き起こり、折しも 毎年恒例の「みのおピースフェスタ」の計画を決める時でしたので、実行委員会で提案して全会一致で決定しました。


コスタリカについての掲示こういう大きなイベントをやる時にはホールを押さえるのがとても大変です。街の 大きなホールはとくに土日は早々に埋まってしまうからです。しかし一日だけグリーンホールが空いていました。1000名のホールは大きすぎるといえば大きすぎたのですが、大は小を兼ねる、ということですぐに取ってもらいました。これが6月1日のことです。それから3か月間、実行委員会のメンバーでよく動きました。適材適所。

グリーンホールには広いホワイエがあるので、ここを利用してフリマやカフェやライブをやって楽しいフェスタにしたい。映画会を超えたフェスタにしたい。







ピースフェスタホワイエ 紙芝居のグループは紙芝居を、在日のグループは朝鮮舞踊を、そしてライブには今をときめくシンガー川口真由美さんを呼ぶことができました。










エスペーロ能勢もブースを出してたくさんのお客様に来ていただきました。ピースフェスタのブース






朝鮮舞踊








朝鮮舞踊「Narusae」さん。












川口真由美さんの歌から元気をもらう。川口真由美さん













映画は多くの観衆を魅了しました。2回目の上映終了後には会場に拍手が湧きおこったそうです。だれでも平和を望んでいる。だけどその平和の作り方が問題。軍隊を持って他国を打ち負かすのではなく、軍隊を持たないことで軍事費を教育や医療にまわして国民をハッピーにする。他国の脅威があった時にはとことん外交力を使う。国連、国際法、ヨーロッパ諸国に出かけて各首脳に会い味方につける。コスタリカの政治家は冷静で賢明だったと思うし、その政治家たちを支持した国民の平和を愛する精神性がさらに称賛されるべきだと思う。今コスタリカは貧富の格差や麻薬の問題など困難な問題も抱えているけれども、これまで何度も困難を乗り越えてきた国民性で克服していくことでしょう。次は、私たち自身がコスタリカの知恵をどう日本で活かしていくかですね。

写真の何枚かは友人たちのフェイスブックからいただきました。






9月8日(土)はみのおピースフェスタ2018 Minoh Peace Festa 2018
2018/09/06(Thu) | イベント | page top↑
『コスタリカの奇跡』チラシ表今週末は箕面市立グリーンホールで「みのおピースフェスタ2018」が行われます。



みのおピースフェスタは毎年実行委員会形式で行われてい織る平和のおまつりですが、今年は『コスタリカの奇跡』上映会が中心です。
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48



「兵士の数だけ教師を!」を合言葉に、軍事費を医療と教育に充てた政府の良識と外交力。それを支持した国民の賢明さ。日本も学ぶべき点が多いはずです。

映画は10:30、14:30、18:00の3回上映です。前売券700円当日1000円。前売券をお取り置きできますのでご連絡ください。

ホールでは映画の合間に13:00~箕面高校OBの青年たちによる「カンボジア・ベトナムスタディツアー」報告会。

ホワイエではフリマ、平和の展示、紙芝居、カフェなどが並びます。ホワイエは入場無料です。

さらにさらに、12:20~紙芝居上演、14:00~朝鮮舞踊のパフォーマンス、16:20~川口真由美トークライブなど楽しみも盛りだくさん。

ぜひお出かけくださいね。エスペーロ能勢はホワイエで出店しています。それで、この日は地黄の店舗は臨時休業となりますので、どうぞご了承ください。



8月28日(火)『ジェンダー・マリアージュ』 ”The Case Against 8"
2018/08/28(Tue) | イベント | page top↑
ジェンダー・マリアージュ8月の屋根裏シアターは『ジェンダー・マリアージュ』でした。アメリカのカリフォルニア州で5年越しの同性婚裁判を勝ち取った2組の同性カップルと彼らをサポートする家族、弁護士たちの感動のドキュメンタリーでした。

「ドキュメンタリーなのにドラマを見ているような感動だ」というのが観終わった私たちの感想でした。カリフォルニア州では、同性婚をめぐって紆余曲折の歴史がありました。2008年には一度同性婚が合法となったのですが、翌年住民投票によって憲法修正案いわゆる「提案8号」が可決され再び非合法となります。そこからこの提案8号を違憲とする闘いが始まるのです。

裁判に立ち向かった2組の同性カップルの勇気もさることながら、「憲法のもとにすべての人々は平等であるべき」と弁護を引き受けた辣腕弁護士たちも素晴らしかった。かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の有名弁護士が、保守・リベラルを超えて手を取り合います。このあたりがアメリカという国のふところの深さを表しているようで興味深いところです。そして、どこまでも「法律」を盾として闘っていくところに、裁判の国アメリカの面目躍如たるものがあります。

よい映画だっただけに、今回の屋根裏シアターの参加者が少なかったのが残念でした。おそらく(私自身もそうであったように)「同性婚」というテーマが多くの人にとってあまり身近ではなかったせいかもしれません。しかし、この映画は「同性婚」を超えた人間の根源的なテーマ「ひとがひとらしく生きるということ」を描いていると思いました。もしどこかで観る機会があったら、ぜひおすすめです。
メタリック
ここで一冊の本の紹介をしたいと思います。小佐野弾『メタリック』。オープンリーゲイとして生きる小佐野氏の短歌集です。私 が『ジェンダー・マリアージュ』を上映したいと思ったきっかけの一つに小佐野さんとの出会いがありました。彼はゲイであることを公言して生きていますが、ここに至るまでにはそして今も様々な葛藤があると思います。社会的な差別に正面から抗議するわけでもなく、短歌という31文字にゲイとしての生きざまを表現していて読む者を魅了します。文学のチカラを感じる1冊です。https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF-%E5%B0%8F%E4%BD%90%E9%87%8E%E5%BD%88/dp/4862725856

流しそうめんそしてハイキング flow somen
2018/08/23(Thu) | イベント | page top↑
ソーメン流し2暑い夏のしめくくりは流しそうめん。我が家の孫たちの来阪に合わせたので月曜日になりましたが、30名近くの人たちが集まって、今年もにぎやかに流して食べました。(写真はKさん提供です)







そうめんソーメン流し3だけではなくてキュウリやトマトやパイナップル、チェリー も流れてきて、子どもたちは途中からは手づかみ状態(笑)。去年会った子どもたちも今年初めて会った子どもたちもすぐに仲良しになってにぎやかなこと。

そうめんのあとは、前日から井戸で冷やしておいたスイカを切って食べました。庭で種を飛ばしながら食べるスイカはまた格別です。

三草山1
翌日は私たち夫婦と孫たち2人の4人で西能勢にある三草山(564m)に登りました。毎日能勢に通っていながら能勢のことをあまり知らなかったのでまずはハイキングということでお弁当を作って出かけました。西能勢のスーパーに車を置いて歩くこと2時間。クマよけ(?)に4人でしりとりをしながら歩きました。最後の上りはけっこうきつかったです。孫と付き合うには体力が必要ですね。頂上は大阪平野が見渡せる眺望なのですが、お弁当を食べているうちに大粒の雨が降ってきたので、急いで片付けて下山しました。下りるまでにみんな全身ずぶ濡れ。夏でよかった。忘れられない思い出になりました。








さて、今週末は屋根裏シアター『ジェンダー・マリアージュ』です。LGBTというセクシャルマイノリジェンダー・マリアージュ ティについては、最近ある国会議員が「LGBTは生産性がない」と発言して人権問題に発展しましたが、このドキュメンタリーはアメリカで同性婚裁判を勝ち取ったゲイカップルの5年間を追っています(実は私もまだ観ていません)。

25日(土)26日(日)ともに13:30から。参加費は1ドリンク付1000円(高校生以下500円)です。まだお席がありますのでどうぞお申込みください。





今年も流しそうめん(8月20日) flow somen
2018/08/08(Wed) | イベント | page top↑
そうめん流し2017その1今年もやります。流しそうめん。エスペーロ能勢の裏庭に竹を組んで、流れてくるそうめんをキャッチ!ときどきそうめん以外のものも流れてくるよ。

写真は去年の様子です。そうめん流しのあとには井戸で冷やしたスイカもどうぞ。

我が家の孫たちがやってくるのに合わせて8月20日(月)13時頃スタートです。

先着30名様です。参加費は材料費として大そうめん流し2017その2 人500円、子ども(小学生以上)300円。

お申込みは080-3764-7905かinfo@espero-osakaまでお願いします。












7月17日(火)来週は屋根裏シアター『バベルの学校』 loft cinema
2018/07/17(Tue) | イベント | page top↑
先週末はお休みをいただきました。ブログやフェイスブックではお知らせしていましたが、お電話をいただいたり店舗まできていただいたお客様もあったかと思います。すみませんでした。

街路樹 我が家の二女の出産手伝いで二女が住む台北に行っておりました。台北は暑いイメージがありますが、風が吹くことと街中に緑が多いことで、日本よりも大分過ごしやすかったです。気温も30℃までだったようです。日本はこの週末は酷暑だったようですね。無事に元気な男の子が産まれてきょう帰国しました。


台湾の出産事情については、いろいろおもしろいことががありました。台湾は家族で行動することが多いそうで、たとえば産科の検診に家族も同席できます。私たち夫婦も娘と一緒に先生の説明を聞いたりソナーを観たりしました(中国語はわかりませんでしたが)。結局帝王切開になったのですが、娘の夫は手術室に入れてもらって写真もOKでした。先生たちは世間話や冗談を言いながら楽しそうに手術をしていたそうです。日本とずいぶん様子がちがいますね。




さて、今週末は通常通り、金土日月の営業です。庭の野菜や花が水を欲しがっていると思うので、明日は様子を見に行こうと思います。水害の後まだ復旧していないところもありますが、エスペーロ能勢の周辺は大きな被害はなかったようです。



来週末は恒例の屋根裏シアターです。バベルの学校チラシ
屋根裏が暑い場合は蔵シアターになるかもしれません。蔵はひんやりとしていますよ。今月は午前中の開催なのでお間違いなく。
屋根裏シアター『バベルの学校』https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=34
   7月27日(金)10:30~12:30
   7月28日(土)10:30~12:30
   参加費 一般    1000円
       高校生以下  500円
       (1ドリンク付)

お申込みをお待ちしております。







6月30日(土)ガザ報告会 report from Gaza by MSF
2018/07/01(Sun) | イベント | page top↑
ガザ報告会チラシjpeg 国境なき医師団(MSF)看護師の佐藤真史さんの報告会が終わりました。パレスチナのガザで1ヶ月間活動してきた佐藤さんのリアルな報告が聞けるとあって、定員以上の27名の方々が参加する報告会となりました。


佐藤さんは手術室看護師です。派遣期間の5月は折しもアメリカ大使館のエルサレム移転やナクバ(パレスチナがイスラエルに占領された日)の日が続いたことで、国境付近で大きなデモがあり、次々とけが人が手術室に運ばれてきたそうです。

私は佐藤さんとは以前からの知り合いですが、この誠実で優しい心根を持った佐藤さんが心身ともにタフさを要求される手術室で働く姿を想像してみました。


ともに働くドクターに「シンジ、41人も人が死んだんだぞ。どう思う?」と問われて「とても悲しい」と答えた佐藤さんですが、悲しみに浸る暇もなく患者さんの治療にあたる日々だったと思います(そして犠牲者は増大していきました)。しかし、その悲しみの共感が佐藤さんたちの使命感へとつながっているのはまちがいありません。



ガザでは4ガザ報告会写真割もの人たちが失業していて、することもなく社会への不満が溜まる一方の若い失業者たちが国境付近のデモへ向かい、命を落としたりけがをしてしまうのだそうです。イスラム教の「死んだら天国に行ける」という教えも彼らをそういう行動へ走らせています。お話を聞きながら何かやりきれない思いを感じました。

お話が終わってからは、次々と質問が続きました。なにしろガザという紛争のニュースでしか聞かない地域の話ですから、みなさん聞きたいことも多かったようです。能勢高校の先生が2名、生徒さんが3名参加されていて、高校生の感想が聞けたのもよかったです。国際関係学を学びながら看護師になった佐藤さん自身のストーリーにも関心が集まりました。

国境なき医師団は運営費のほとんどが世界中の民間の寄付によって成り立っている国際NGOです。こうやって実際に現地派遣された人の話を聞いて、自分では現地に行けなくても何ができるだろうと考えることは大切だと思います。聞いた現実を周りに伝える、寄付をする、もっと勉強する。

今回エスペーロ能勢でガザ報告会ができてよかったです。終わってみると能勢からの参加者の方が27名中11名おられて、能勢で開催した意味もあったなあと思いました。参加費1000円(高校生以下500円)のうちドリンク代を差し引いた13,700円を国境なき医師団に寄付させていただきました。報告してくださった佐藤さん、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

なお、佐藤さんのガザ報告はこちらからもお読みいただけます。
http://www.msf.or.jp/news/detail/voice_3750.html


 ホームに戻る  次のページ