2月12日(月・祝)きょうは2月最後の営業日です
2018/02/11(Sun) | イベント | page top↑
20120212おひなさま 第6回屋根裏シアターは『幸せの経済学』でした。雨の日寒い日にもかかわらず2日間で10名の方が参加してくださいました。

3.11がもうじきやってきますが、あの大震災をきっかけとして自分の生き方を見直し始めた人たちも多いのではないでしょうか。エネルギーを湯水のように消費して経済成長することがほんとうに豊かなことなのか。自分のことだけ今のことだけ考えていてよいのか。自分の暮らし方はこれでよいのか。そんな疑問にいろいろなヒントを与えてくれる映画でした。


屋根裏シアターも毎月上映できるようになって、来月は25日(日)に『もうひとりの息子』を上映する予定です。詳細はまたお知らせいたします。https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=46


さて、きょうは2月最後の営業日です。2月後半はお休みになりますのでご注意ください。洋服・雑貨の20%オフもきょうまでですので、どうぞこの機会にご来店ください。


3月は2日(金)より金土日月で営業いたします。時間も1時間伸びて11時から17時までになります。能勢にも少しずつ春が近づいてきています。






来月のシアターは『幸せの経済学』 
2018/01/28(Sun) | イベント | page top↑
バレンタイン一揆 チラシきょうは屋根裏シアターでした。『バレンタイン揆』。児童労働を撲滅するために活動しているNGOのACE(Action against Child Exploitation)が2012年に制作したドキュメンタリー映画です。

日本の高校生と大学生の3人の女の子がガーナのカカオ農園を訪ねるのですが、ウキウキ気分で出発した彼女たちが現地で目にしたのは児童労働の重い現実。ショックを受けるのだけどそこで終わらないのが彼女たちのえらいところです。

東京へ帰ってバレンタインデーを前に「フェアトレードチョコレートを買ってもらおう」作戦に挑戦します。しかし、いざ始めてみると、フェアトレードの説明も難しいし、なかなかお客様をキャッチできません。思うようにはいかなかったけれどもきっと何かをつかんだ彼女たちの「一揆」でした。

きょうは高校生さん2人を含む4人の方が映画を観てくださいました。高校生の2人は学校の選択授業でフェアトレードについて研究しています。映画のあと、みんなでこたつに入って映画の感想やどうやったらフェアトレードを広められるかなど話し合いました。
幸せの経済学
さて、来月の屋根裏シアターは『幸せの経済学』(2010年/68分)です。今、問 われる幸せとは?真の豊かさとは?行き過ぎたグローバリゼーションにストップをかけ、人や自然とのつながりを取り戻す暮らし方を探るドキュメンタリーです。この映画ではインドのラダック地方が舞台になっていますが、監督のヘレナ・ノーバーグ=ホッジの著書『ラダック懐かしい未来』は40カ国語に翻訳されたベストセラーということで、併せて読みたい本です。

日時:2018年2月10日(土)13:30~15:30
   2018年2月11日(日)13:30~15;30
(上映後、お茶を飲みながら感想などを語り合いましょう)
会場:エスペーロ能勢 屋根裏
参加費:1000円(1ドリンク付き)
定員:各回10名
お申込み:info@espero-osaka.com  ☏ 080-3764-7905

みなさまのお申込みをお待ちしております。





1月20日&21日 フィリピン報告とコーヒーワークショップ
2018/01/22(Mon) | イベント | page top↑
20180120ランチ週末は2日続けて「フィリピン報告会とコーヒーワークショップ」を行いました。2日を通して20名のお客様にお話を聞いていただきました。

まずはエスペーロランチでお腹を満たしていただきます。

フィリピンの話
1月2日から7日までのフィリピン・コーヒー・スタディツアーについて、スライドで見てもらいながらお話をしました。金鉱が廃坑 になり、大水害にも見舞われたコロス地区がコーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)の支援でコーヒー栽培に切り替えていく様子について、また実際に体験したコーヒーの収穫、果肉除去、脱穀、粉砕などの手間な作業についても知ってもらいました。その様子はhttp://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1220.html

お話会 ルソン島北部山岳地帯は先住民族が多く長い間自然と調和して暮らしてきましたが、グローバル経済の波で近年大きく生活が変わってきました。森林伐採、鉱山開発などで環境が大きく壊されています。その鉱山も金が取れなくなるとさっさと撤退してしまうので、残された住民は仕事を失ってまた農業に戻ります。その農業も焼き畑農業が多かったので森林の減少が進み、しかも野菜の単一栽培はいったん病気が発生すると全滅の危機に瀕します。追い打ちをかけるように2009年の大水害に見舞われ、その後CGNが現地に入ってコーヒー栽培を指導するようになりました。森を伐らない森林農法でコーヒーを育てます。

お話会のあとはコーヒーワークショップです。
準備万端
道具も揃えて準備万端。木のすり鉢とすりこぎはバギオのパブリック・マーケットで買ってきました。


煎る まずCGNから買ってきたコーヒーの生豆(グリーン・ビーンズと呼ばれます)を「煎り上手」というコーヒー焙煎器で煎ります。浅入り、中入り、深入りと色で見分けながら好みの煎り方を選びます。浅入りは酸味があり深入りは苦みがあることがわかります。



チャフを吹き飛ばす
煎った豆にはチャフという薄い皮が混ざっていますのでうちわで扇ぎながら飛ばします。どこまでも手作業です(笑)



すりつぶす
次にすり鉢ですりつぶします。電動ミルでやってしまえばすぐにできることですが、手で摺ると力が要り ますし均等に擦ることが難しいです。でもコーヒーの香りを味わいながらゴリゴリすりつぶすのは、なかなか楽しい作業です。



淹れる


煎りたて挽きたての粉にお湯を注ぐと、ふっくらと盛り上がっていかにも美味しそうです。




わいわい みんなでわいわい言いながらの楽しいワークショップでした。「コーヒーの生豆を初めて見た」「たいへんな手作業ですね」「自分で淹れたコーヒーは美味しかった」などの感想をいただきました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。



屋根裏シアター『ザ・トゥルー・コスト』 the loft theater
2017/12/26(Tue) | イベント | page top↑
屋根裏シアター20171224エスペーロ能勢での第4回屋根裏シアターは『ザ・トゥルー・コスト』(2015年アメリカ)でした。23日と24日の両日で19名もの方にご覧いただきましたので関心の高さがうかがえます。
ザ・トゥルー・コスト








英語の「コスト」には「費用、経費」の他に「犠牲、代償」の 意味があります。この映画は、私たちが毎日着ている服がアジアの国々で作られる中で、生産者たちが実際に払っている代償の現実を取材しています。

「安ければよい」とする先進国の消費者は、安い服が作られる過程で、生産者の過酷な労働や健康被害や低賃金による生活苦があることを、どれだけ知っているでしょうか。

映画を観たあとにはこたつを囲んでみんなで映画の感想を話し合いました。「まず知らなければ」「いつも買っているユニクロはどうなのかな?」「エシカルな生産工程が確認できるなら、少しぐらい高くてもそちらを買う」などなど。

エスペーロ能勢では来年も毎月定期的に映画会を開催する予定です。予告しておきますと、1月は27日(土)と28日(日)に『バレンタイン一揆』(2012年日本)を上映いたします。チョコレートが飛び交う2月14日を前にチョコレートの原料であるカカオ農場に思いをはせてみませんか。

12月17日(日)菊本照子さんを迎えて Matumaini Children's Home
2017/12/18(Mon) | イベント | page top↑
菊本さん1きょうはエスペーロ能勢にケニアから帰国中の菊本照子さんをお迎えしてマトマイニ・チルドレンズ・ホームのお話を聞くことができました。

ケニアでは国土の5%のスラムに人口の60%の人々が住んでいて、その多くは1日1ドル以下(貧困ライン)で暮らす貧困層であること。貧困は連鎖して貧しい親の子どもはなかなか貧困から抜けられない。学校へ行くこともままならない。

それでも「学校へ行くこと」が彼らの最大の希望であると言われます。子どもたちは学校が大好き。勉強できることがうれしい。

チルドレンズ・ホームで暮らすのは孤児やストリートチルドレンだった子どもたちですが、スライドで見た子どもたちの顔はキラキラと輝いていてかわいいです。勉強の機会を得るとぐんぐん成長する子どももいて、国内弁論大会で2位に輝いたシナイくんの話をする時の照本さんの表情は嬉しく誇らしく愛情あふれた母親の顔でした。

数あるエピソードの中で二つのトイレの話は興味深かったです。ひとつは国際NGOが作ったコンクリートのトイレ。最初のうちはよかったけれどもだれも使いっぱなしで掃除をしないので汚れて誰も使わなくなった。もう一つ以前からあるトイレはわずかの金額で有料にして青年たちが交代で掃除をする。だれもがきれいなトイレが使いたいから有料でもこちらを使う。そこではビジネスが成立しているわけです。お仕着せの援助ではなくビジネスとして自立していく方が残っていく例です。

かわいそうだから何かをしてあげるのではない。自分が子どもたちから元気をもらっている。ご苦労はたくさんあると思うのですが、とても楽しそうにお話される菊本さんです。
マトマイニ
寄付をもらうばかりでは自立できない。自分たちで何かを生み出す、というのでスラムのシングルマザーたちが作り始めたフェル トアニマルはエスペーロ能勢にも置いています。愛らしいだけでなくクオリティも高いクラフトです。きょうもゴリラとカメレオンがもらわれていきました。


30年間現地で子どもたちやシングルマザーとともに生きてこられた菊本さんは、草の根で平和を実践されている方と言えます。やはり私が尊敬するアフガニスタンの中村哲さんと同じだなと思いました。今日聞いた子どもたちのエピソードはどれも心打たれるものでした。さらにホームのことを知りたい方は菊本さんのブログをのぞいてみてください。https://ameblo.jp/scckenya/


菊本さん2 最後に参加者と一緒に写真を撮ってもらいました。決め言葉は「チーズ」ではなく「マトマイニー」でした(笑)スワヒリ語の「マトマイニ」はエスペラント語の「エスペーロ」と同じく「希望」という意味です。










菊本照子さんお話会(12月17日) Matumaini Children's Home
2017/12/09(Sat) | イベント | page top↑

来週の日曜日、ケニアからのお客様をお迎えします。エスペーロ能勢のこたつで暖まりながら遠い国のお話を聴きませんか。

マトマイニ・チルドレンズ・ホームのちらし
第4回屋根裏シアター(12月23日&24日)『ザ・トゥルー・コスト』
2017/12/04(Mon) | イベント | page top↑
12月屋根裏シアター
12月の屋根裏シアターはフェアトレードショップの1年を締めくくるにふさわしい映画を選びました。『ザ・トゥルー・コスト』です。2015年アメリカ映画。私たちが着る服はどこで誰がどのようにして作っているのだろうか。町には安すぎる服も出回っているが、誰かの犠牲の上に作られてはいないだろうか。そういうことを考えるきっかけになるとよいと思います。今回は「あしたのくらしとよなか種まきシアター」さんとのコラボ企画です、23日と24日の2日行いますのでご都合がよい方にご参加ください。上映後お茶を飲みながら感想などを語り合う場ができたら嬉しいです。お申し込みをお待ちしております。
11月19日(日)古民家コンサート enjoyed the concert
2017/11/22(Wed) | イベント | page top↑
バイオリンとピアノ日曜日の午後、エスペーロ能勢はバイオリンとピアノの演奏と歌と笑いに包まれました。

東京から友人である音楽ボランティア「悠*遊」のお二人が来てくれました。日頃から病院や介護施設や保育所などに音楽の出前をしているお二人です。エスペーロ能勢が開店した時すぐに「おめでとう!演奏しに行くわ!」と言ってくれてそれが実現しました。

バイオリンの梅ちゃんはずいぶん前に豊中に住んでいたのでその頃のお友達や、もちろんエスペーロのお客様やご近所の方も来てくださって、下は1歳から上は90歳まで幅広いお客さまでした。

クラシックから歌謡曲、ラテン、ジブリの曲まで変化に富んだレパートリーで、途中では「鬼のパンツ」の踊りまで、梅ちゃんの個性たっぷりに楽しませてくれました。
コンサートを聴く人たち
途中ティータイムをはさんでみんなで歌うコーナーもあって、エスペーロの中に歌声が響くのは、歌大好きの店主としてはとても 嬉しいことでした。

またこのようなコンサートができたらよいなと思っています。

「悠*遊」のお二人、来てくださったお客様、てんてこ舞いのカフェを手伝ってくださったお客様、ほんとうにありがとうございました。

なお、今回のコンサート参加費から経費を除いた金額8000円を「悠*遊」のお二人のご厚意によりシャプラニールを通してロヒンギャ難民への寄付に充てさせていただきます。https://www.shaplaneer.org

第3回屋根裏シアター(10月25日土曜日) loft cinema
2017/11/17(Fri) | イベント | page top↑
きっとうまくいくインドは知る人ぞ知る映画大国です。たくさんのよい映画が作られ国民も映画が大好き。でも日本では意外にインド映画を観る機会がありません。

今度の屋根裏シアターはインド映画『きっと、うまくいく』(原題:3idiots)を上映します。インド人のマヌ君のお勧めで私も観てみましたが、笑って笑って泣いて、感動しました。そしてインド映画の面白さが少しわかったような気がします。

ただ面白いだけではなく人生を感じる映画です。そして主演のアーミル・カーンがかっこいい。

2時間50分という長編ですが見ごたえ十分です。長いからみんないやがるかな?と言うとマヌ君は「じゃあ音楽と踊りの場面を早送りしましょうか?」と言うのですが(笑)それではインド映画の良さが損なわれます。すべて見てこそ、のインド映画です。

当日はインド人留学生のマヌ君も来てくれます。インド話なども交えながら2010年インド映画アカデミー賞で16部門を総なめしたこの映画を観てみませんか。


日時:11月25日(土)13:30~16:20
場所:エスペーロ能勢屋根裏
お申込み:エスペーロ能勢 080-3764-7905

カフェのご利用でどなたでも無料で映画をごらんいただけます。


11月16日(木)今週末の予定と月曜日の臨時休業 espero concert
2017/11/16(Thu) | イベント | page top↑
 秋深し古民家コンサートのチラシ(岡本)
今週末から月曜日にかけては少し変則スケジュールなのでご注意ください。

金曜日と土曜日は通常通りの営業です。

日曜日はバイオリンとピアノのコンサートです。1時半から貸切となります。薪ストーブを囲みながらよい音楽を楽しみませんか。ホールなどで聴くのとちがってアットホームな雰囲気の中で生演奏が楽しめますよ。みんなで歌うコーナーもあります。まだお席がありますのでどうぞお申し込みください。

月曜日は店主が帰省のため勝手ながら臨時休業させていただきます。

金土日とみなさまのお越しをお待ちしております。



 ホームに戻る  次のページ