fc2ブログ
8月7日(土)お客様それぞれ
2010/08/07(Sat) | お店日記 | page top↑
ダッカ織り バッグが大好きでエスペーロにあるいろんな種類のバッグを今まで買ってくださったMさん、きょうはダッカ織のペンシルケースを選んでくださった。ネパール伝承のダッカ織りは、織りといい色といい私も大好きだ。自分が大好きな商品が選ばれるとやはり嬉しい。「毎日ブログ読んでいます。更新されていないとがっかりするので、がんばって書いてくださいね~」ともったいないお言葉。おしゃれなブログがあふれているネット上で、わざわざエスペーロのブログを読んでもらっていることを知り、「だれも読んでくれなくてもMさんが読んでくれていると思ってMさんに向かって書くわね~」と私。

昨日、セールのタンクトップを買ってくださったOさんが、そのタンクトップを着てご来店。オーガニック・コットンでアフリカ柄プリントのそのタンクトップ、絶対Oさんに似合うと思っていたが、思ったとおりぴったり似合っていて嬉しい。 きょうは妹さんに頼まれてオーガニックコットンのデザインTシャツを。

豊中から「前から来たかったけどやっと来れました」と若いご夫婦。ふたりで仲良く相談しながら、あれこれ選んでくださる。きょう並べたばかりのカルナーの会の革手帳。タイのチェンマイで路上生活から卒業した子どもが作っている。1ページ1ページに、彼らのマーク「ドーデック」のはんこが押してある。「これは世界にひとつだけの手帳ですねえ」と連れて帰ってくださった。トゥマイニのサイザル麻バッグも。

おばあちゃまとお孫ちゃんのご来店が二組。いまどきのおばあちゃまは皆さん若くて「おばあちゃん」と呼ぶのがためらわれるほど。「おばあちゃん」「ばあば」がふつうだが、先日のお客様は「大ママ」と呼ばれていた。ちなみに私は孫から「ネネ」と呼ばれている。インドネシア語で「おばあちゃん」の意味。

今まで棚の奥の方に置いていたカード類をカウンターに出したとたんに、カード類が売れるようになった。商品の配置が大ありがとうカード 切だということを教えられる。「ありがとうカード」や「おめでとうカード」は買い置きしておくとすぐに使えて便利だからと、お買い求めくださる。

バイクで前を通ったからと、ふらりと入ってこられた男性(50代?)は茨木の中学校の先生だった。毎年生徒を連れて立杭焼の窯元へ陶芸教室に行くというだけあって、焼き物やソープストーンの皿に興味を示された。フェアトレードに関心を持たれたのでパンフレットをお渡しする。先生から生徒へ伝わることを願いながら。


 ホームに戻る