9月30日(水)10月の予定など October schedule
2015/09/30(Wed) | お店日記 | page top↑
あっという間に9月が終わってしまいました。しばらくブログもお休みしてすみませんでした。エスペーロは夏に活躍してくれたゴーヤのカーテンもすでに取り払って、店の中が明るくなっています。

さて、10月のエスペーロの予定をおしらせいたします。

☆定休日
 通常通り日曜日と月曜日です・・・4日、5日、11日、12日、18日、19日、25日、26日


☆出店その他(チラシを拡大して見てくださいね)

ofm2015trs.jpg
3日(土)4日(日)・・・みのおQ'sモールで「オクトーバーフェストみのお2015」が開催されます。大阪大学のフェアトレード団体PROMEさんがエ スペーロの商品を委託販売してくださいます。フェアトレードのコーヒーも飲めるようですよ。




被昇天チャリティーバザー





 



24日(土)・・・被昇天学院アサンプション・チャリティー・デーにフォーラムみのおさんと一緒に出店します。






otakara_omote.png


31日(土)・・・らいとぴあ21の「お宝人権まつり」にフォーラムみのおさんと一緒に出店します。











☆ちまちま工房のお豆腐、厚揚げ、がんも入荷日・・・13日(火)と27日(火)


☆バランゴン無農薬バナナの入荷日・・・14日(水)



10月もどうぞよろしくお願い致します。
9月19日(土)シルバーウィークの営業について
2015/09/19(Sat) | お店日記 | page top↑
PT送付用看板写真 シルバーウィークという言い方はいつ始まったのでしょうか。敬老の日(第3月曜日)が21日になったために23日の秋分の日とのつなぎを国民の休日として土曜日から数えると5連休になったのですね。次のシルバーウィークは2026年だそうです。


さて、シルバーウィークのエスペーロの営業についておしらせいたします。
きょうは通常通り営業いたしました。

20日(日)NPOフェスタ出店@みのお市民活動センター
21日(月)休業
22日(火)通常通り営業
23日(水)通常通り営業
NPOフェスタ
です。直前のご案内になってすみません。



明日は店は閉めていますがみのお市民活動センターに出店しています。箕面市で活動するNPOがたくさん出店していますので遊びにきてくだ さいね。



22日と23日は通常通り営業していますので、ふだんお仕事などで来られない方はぜひエスペーロを訪ねてみてください。お待ちしております。
9月19日(土)ほんとうの平和ってなんだろう everybody wants peace
2015/09/19(Sat) | お店日記 | page top↑
梅田街宣 きのうの夜中に「戦争法案」は強行採決されてしまいました。70年間憲法9条によって守られてきた日本の平和が一晩のうちにくつがえされ、集団的自衛権というわけのわからないものによって、日本は今後自分の国が攻撃されていなくても自衛隊を海外へ派遣する可能性が生まれたわけです。自衛隊員のリスクは当然高まりますし、自衛隊に入る人が足りなければ、貧困の若者がリクルートされるいわゆる経済的徴兵もありうるでしょう。

日本という国は自然が豊か、人も親切、治安もいい、そして何より70年間戦争をしていない、とてもよい国だと思います。外国の人からもそう思われていると思います。ところがここへ来て、日本が軍隊を海外へ送る国だとなると、日本は一挙に警戒される国になってしまうでしょう。

先月箕面でペシャワール会の中村哲医師の講演会がありました。中村さんは中村哲さんチラシ飢餓に苦しむ アフガニスタンの人と共に現地で用水路建設に携わっています。水があれば農業が復活します。農業ができれば難民とならなくても家族といっしょにふるさとに住むことができます。アフガニスタンでは過激派組織ISに入る人もいますが、それは食べていけないから傭兵になるのです。「飢餓に苦しむ住民の生活を安定させる支援こそが本当の安全保障になる」と中村さんは言います。そして「安保法案は日本が外国で軍事行動していくと打ち出すことだ。イスラム世界では米軍の友軍となる日本は確実に敵視される」とも。

「戦争法」を実施していけば日本は海外に敵をつくるだけでなく、莫大な軍事費を費やすことになるでしょう。そのお金を中村さんのような活動に充てていくことのほうが、安全保障としてよほど現実的ではないでしょうか。

フェアトレードは世界の経済的な不公平をなくして世界が仲良くしていこうという貿易です。政治がぎくしゃくしていても、経済、文化、芸術、市民の国際交流という分野で、日本人はすでに世界中の人々と切っても切れない交流があります。国が武器を持って戦うと言ってもその前に市民レベルで世界中と仲良くなってしまえばよいのです。それに対して「戦争法」は最初から外国を敵視していませんか。

今回の「戦争法案」キャンペーンの中で希望が見えたのは、若者たちが政治に対して声を上げ始めたということです。SEALDsという若者たちのグループが、国会前だけではなく日本各地の路上で、自分の言葉で、戦争したがる政府への反対を叫んでいます。それは大きなうねりとなって、子どもから老人までを巻き込みました。写真は梅田の路上ですが、17日には3200名、18日には6000名が集まりました。政党とも団体とも関係ない個人個人が、自分の意志でそこに立っているのです。法案が強行採決されたあとも街宣は続けられます。

日本中の若い弁護士さんたちも頑張っています。「明日の自由を守る若手弁護士の会」、通称「あすわか」の声明をぜひ読んでみてください。
あすわか1 あすわか2































































9月12日(土)箕面高校文化祭 high school festival
2015/09/12(Sat) | お店日記 | page top↑
サーラ@文化祭我が家にはこの春から留学生がホームステイしています。箕面高校に通っていますので、私たちはこの1年間、何年かぶりに高校生の保護者をやっています。

きょうは箕面高校の文化祭だったのでY子さんと一緒に遊びに行ってきました。留学生のサーラも自分のクラスの出し物の前でちゃんと日本語で案内係をやっていました。ふだんから、何でもとりあえずやってみるチャレンジ心いっぱいのサーラです。


ウォーターシュートクラスごとの制作やクラブ発表を見てまわりました。こんなウォーターシュートやコーヒーカップ まで大掛かりなものを手作りしていることに感心しました。主催者側もお客さんも非常に盛り上がって楽しんでいました。私たちもコーヒーカップに乗りましたがけっこうスリルがあって面白かったです。なにしろ生徒たちが手動で回してくれるのですからご苦労様ですが、みん な一生懸命なところがかわいいです。


コーヒーカップ



体育館での3年生の演劇もなかなか見ものでした。私たちは「メリーポピンズ」を観ました。


ESS.jpg

もうひとつの目的はESSクラブのブースを訪れることでした。箕面高校のESSクラブは昨年に引き 続いてエスペーロのフェアトレード商品を販売してくれているのです。「フェアトレードとは」と解説を張り出して、また商品のひとつひとつに生産者情報などを提示して、来るお客さんに説明してくれていました。私たちが訪れたときにはすでに大部分が売れていました。ありがとうございます。


ウォーターシュートもコーヒーカップも「すごいな」と思わせる制作でお楽しみ満載でしたが、ひとつ残念に思ったのは、どこにも今の社会への目が見られなかったことです。来週にも決議されるかもしれない安保法制や沖縄の辺野古の問題などを、箕面高校生はどう考えているのかな、それとも考えていないのかな、ということを知りたかったです。



9月9日(水)定番商品の再入荷 popular items @ espero
2015/09/09(Wed) | 食品 | page top↑
オリーブオイルきょうは3箇所からの入荷がありました。

ひとつはパレスチナ・オリーブさんからオリーブオイルとオリーブオイルせっけん。
いずれもリピーターの多い商品です。
オリーブオイルせっけん




パレスチナ地域での戦闘がニュースにならないと遠くにいる私たちはともすれば忘れがちですが、イスラエルに占領されたパレスチナでは、理由もなく家が破壊されたり、民家に火炎瓶が投げ込まれたりといった理不尽なことが毎日のように起こっているそうです。パレスチナ・オリーブさんは通信『ぜいとぅーん(アラビア語でオリーブの意味)』で「武力ではな く、フェアトレードで平和をつくろう」と呼びかけています。



ウバ・ダージリン紅茶 わかちあいプロジェクトさんの「ウバ・ダージリン紅茶」は人気の商品です。ティーバッグ50袋。毎朝紅茶を飲まれるお客様から圧倒的な支持を得ています。ティーバッグをうっかり浸けたままにしていても渋くならない、のだそうです。世界の紅茶の名産地、ウバとダージリンの葉をブレンドしてあります。




インスタントコーヒー

マサイのデザインがかっこいい「カフェアフリカ」はタンザニアのインスタントコーヒーです。瓶入りと詰替用があります。ホットでもアイスでもおいしいコーヒーです。右側のブルーのラベルはカフェインレスのインスタントコーヒーです。コーヒー好きの妊婦さんや産後のママへのプレゼントにぴったりですね。


かりんとう フィリピンのネグロス島のマスコバド砂糖を使ったかりんとうです。マスコバド糖は、砂糖キビをまるごと搾り、時間をかけてゆっくり煮詰め、自然乾燥させた粉末状の黒砂糖です。本来砂糖キビが持っているカルシウムなどのミネラル分がそのまま含まれています。このかりんとう、食べだすとおいしくてやめられなくなります。




バランゴンバナナ
「手わたしバナナくらぶ」から月1回のバランゴンバナナも入荷しています。自然を守りながら無農薬で栽培され安心し てお楽しみいただけるおいしいバナナ。フィリピンの農民たちの自立を応援する「民衆交易」商品でもあります。そのまま食べても、ケーキにしても、ジュースにしてもおいしい、安心のバナナです。

9月5日(土)きょうのコーディネート today's coordinate
2015/09/05(Sat) | 衣類 | page top↑
きょうのコーディネート朝晩だいぶん涼しくなってきましたが昼間はまだまだ暑いですね。


エスペーロでは現在、衣料の30%オフセールをやっています。衣料はすべて30%オフです。とてもお買い得ですので、おひとりで2枚、3枚と買っていかれる方もあります。


きょうは外で撮影してきました。撮してみて気がつきましたがワンピースがゴーヤの葉っぱの中に混ざりそうな感じですね。ピープルツリーの長袖ワンピースです。オーガニックコットン100%です。


これからの季節のためにカーデガンを着せてみました。モノトーンのカーデガンが華やかなワンピースに落ち着きを与えています。オーガニックコットンのカーデガンです。


アップにした写真はこちら。きょうのコーディネート(アップ)


どうぞすてきなフェアトレードの衣料を見に来てくださいね。




















9月4日(金)ネパール大地震復興支援イベント Pray for Nepal
2015/09/05(Sat) | イベント | page top↑
地震のはなし4月25日のネパール大地震から4ヶ月が過ぎました。8000人以上が死に人口の30%にあたる約800万人が被災しましたが、その後なかなか復興は進んでいません。

東日本大震災のあと、いちはやく現地に「ソーシャルニットワークプロジェクト」を立ち上げた第3世界ショップが、そのノウハウを活かしてネパールでもニットワークプロジェクトを立ち上げました。現在、第3世界ショップの樋口さんとネパールのNGOであるWEAN(女性の自立を支援するNGO)のアリヤさんが全国をキャラバンして報告会とプロジェクトの説明会を行なっています。これを受けて、みのおフェアトレードの会楓がアリヤさんのお話を聞く会を開きました。

わずか2週間の告知期間でしたが、この日市民活動センターには約20名の人たちが集まってお話を聞くことができました。


ネパールではすでにプロジェクト参加希望の女性たちが100人以上スタンバイしていアリヤさんます。編み物は手を動かすことで心が落ち着き、おしゃべりをしながら編むことで心のわだ かまりを吐き出し、慰めあうことができます。家族や仕事をなくした人たちが生きる力を取り戻すためのプロセスです。毛糸は日本からボランティアが運びむこうで一緒に編むツアーが企画されています。1万円のトラストは「できあがったら買いますよ」という約束です。アリヤさんは「ネパールの女性の間では常に編み針を動かして編み物をする伝統がある。日本人のデザイナーさんが入ってくれることで日本人に好まれる作品ができると思う」と語っていました。


ネパールピクルス
 ネパールのコーヒーやピクルスを試食する時間もありました。ピクルスは40種類ぐらいあるそうですが、その中の10種類ぐらいを試食し参加者のみなさんの意見をフィードバックしました。そのうちネパールのピクルスがフェアトレード商品としてエスペーロの棚に並ぶかもしれません。コーヒーはすでに仕入れました。おいしいコーヒーです。収益はネパールの支援にあてられます。



事前購入を予約する1万円のトラストや1口3000円の寄付に関心のある方はエスペーロまでご連絡ください。

20150904ネパールイベント
この日は友人から借りたパンジャビスーツを何人かで着ました。男性用のトピ(帽子)も  あったのでなんとなくみんなでネパールの雰囲気を楽しむことができました。参加してくださったみなさん、ありがとうございました。












9月1日(火)楠クリーン村訪問 new village network
2015/09/02(Wed) | お店日記 | page top↑
楠の風景新幹線の新山口駅から車で40分のところに「楠クリーン村」はあります。20ha の耕作放棄地を利用して若者たちがお茶や野菜を作り、山羊や鶏を飼い、水は井戸から電気はソーラー発電で、という自給自足の生活をしています。www.kousakutai.net/

常駐は10名ほどですが、年間を通して学生インターンが訪れ、海外からの若者たちが訪れ、私たちのような共感する大人が訪れ、元気をもらって、知恵を交換して、ネットワークを広げています。


1日にここで「第2近代を考える国際会議」があって50名ほどが集まり、私もおじゃましてきました。第2近代という言葉は聞きなれないかもしれませんが、ドイツの社会学者ウルリッヒ・ベックという人の考え方だそうです。つまり、経済成長や貧困撲滅を目指してひとつのベクトルでひた走ってきた成長の時代(第1近代)は環境リスクや格差拡大のリスクを生み出して今や終焉を迎えようとしている。これからは、お金や成長だけではない様々なベクトルを持った様々な価値観が尊重される時代(第2近代)へ移行する時期だというのです。

それに伴って、これまで都市に集中していた活動を地方へ分散する。地方にこそ持続可能な成長の可能性があるという考え方です。この日は楠クリーン村のスタッフ、インドネシア、ネパール、カンボジアから来ている若者たち、それにインドネシアやカンボジアの現地とスカイプをつないで、国内外の田舎で起業をすることについてディスカッションがされました。

その中で、もう政治には期待しない、市民の力でネットワークをつくる、良い成績、良い大学、良い会社という価値基準はもう終わり、食料とエネルギーは自分でつくる、などといった刺激的な言葉が飛び交いました。ホームステイ

写真は楠でセルフビルドされた(自分たちでつくった)ホームステイです。農家民宿としてお客さんがやってくる日も近いことでしょう。レストラン 建設も予定されています。ここに写っているカンボジアのチャリンくんは15歳ながら驚くべき技も持っていて周りのお兄さん達に尊敬されていました。先日も動物を捕獲する罠をつくったらたぬきがかかったので、それを見事にさばいたという話でした。

もうひとりの女性Zさんはこの日の最高齢85歳ですが、びっくりするほどお元気です。そしてお優しい。60歳で起業して農業をやるかたわら長野県特産の「おやき」をつくり、このおやきは東京でも人気の商品になっているそうです。おやきを作るだけでなく、Zさんのおうちは子どもたちやお年寄りや在住外国人など、地域の人たちの交流の場になっているらしい。飯田市のZさんのところへ私もぜひ行ってみたいと思っています。

この日ネパールから到着したばかりのアリヤさんにも会いました。アリヤさんと第3世界ショップの樋口さんはきょうから「ソーシャルニットワークプロジェクト」のトークイベント・キャラバンで全国をまわりますが、4日には箕面へ来てくださいます。大地震以後のネパール復興支援のひとつとして現地で作った編み物を日本で買って支援しようというプロジェクトです。4日にみのお市民活動センターで2時からです。ぜひ話を聞きに来てくアリヤさん ださい。

http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1020.html















 ホームに戻る