FC2ブログ
9月8日(土)みのおピースフェスタに参加 how to make Peace
2018/09/09(Sun) | イベント | page top↑
『コスタリカの奇跡』チラシ表 初めてこの映画を観たのは豊中の「種まきシアター」でした。「平和の作り方」を明快に示していて強く印象付けられ、このような映画をエスペーロ能勢でもできたらよいなと思ったのが、エスペーロ能勢で「屋根裏シアター」を始めたきっかけでした。





4月の「屋根裏シアター」でこの映画をやった時には、3日間で30名の方が観てくださる記録的な映画会となりました。その時に観た人が8月に能勢町のホールを借りて上映会をされました。文字通り種がまかれたのです。





箕面市でもこの映画をやりたいね、という意見は当然のように沸き起こり、折しも 毎年恒例の「みのおピースフェスタ」の計画を決める時でしたので、実行委員会で提案して全会一致で決定しました。


コスタリカについての掲示こういう大きなイベントをやる時にはホールを押さえるのがとても大変です。街の 大きなホールはとくに土日は早々に埋まってしまうからです。しかし一日だけグリーンホールが空いていました。1000名のホールは大きすぎるといえば大きすぎたのですが、大は小を兼ねる、ということですぐに取ってもらいました。これが6月1日のことです。それから3か月間、実行委員会のメンバーでよく動きました。適材適所。

グリーンホールには広いホワイエがあるので、ここを利用してフリマやカフェやライブをやって楽しいフェスタにしたい。映画会を超えたフェスタにしたい。







ピースフェスタホワイエ 紙芝居のグループは紙芝居を、在日のグループは朝鮮舞踊を、そしてライブには今をときめくシンガー川口真由美さんを呼ぶことができました。










エスペーロ能勢もブースを出してたくさんのお客様に来ていただきました。ピースフェスタのブース






朝鮮舞踊








朝鮮舞踊「Narusae」さん。












川口真由美さんの歌から元気をもらう。川口真由美さん













映画は多くの観衆を魅了しました。2回目の上映終了後には会場に拍手が湧きおこったそうです。だれでも平和を望んでいる。だけどその平和の作り方が問題。軍隊を持って他国を打ち負かすのではなく、軍隊を持たないことで軍事費を教育や医療にまわして国民をハッピーにする。他国の脅威があった時にはとことん外交力を使う。国連、国際法、ヨーロッパ諸国に出かけて各首脳に会い味方につける。コスタリカの政治家は冷静で賢明だったと思うし、その政治家たちを支持した国民の平和を愛する精神性がさらに称賛されるべきだと思う。今コスタリカは貧富の格差や麻薬の問題など困難な問題も抱えているけれども、これまで何度も困難を乗り越えてきた国民性で克服していくことでしょう。次は、私たち自身がコスタリカの知恵をどう日本で活かしていくかですね。

写真の何枚かは友人たちのフェイスブックからいただきました。






前のページ ホームに戻る  次のページ