FC2ブログ
フェアトレード講演会『希望を縫う女性たち~バングラデシュの現場から~』
2010/11/17(Wed) | イベント | page top↑
ノクシカタタペストリー 「ノクシカタ」と呼ばれる刺繍をごらんになったことがあるでしょうか。バングラデシュの伝統の刺繍です。鳥、花、魚、象などの植物や動物がほんとうにきれいに縫いこまれています。このたびそのノクシカタをテーマとしたフェアトレード講演会を箕面で開催することになりました。エスペーロと共催のシャプラニール(市民による海外協力の会)は、バングラデシュおよびネパールと日本を結んで活動するNPO法人です。

バングラデシュでは現在、伝統の刺繍「ノクシカタ」の生産によって生活向上を図ろうとする取り組みが広く行われています。このフェアトレードの現場で、一人ひとりの生産者の状況がどのように変化しているのか、数年にわたる変化を取材した結果から見えてくる、フェアトレードの意義や課題についてお話しします。

講演者<内山智子>
2001年にシャプラニールに入職
東京事務所で広報を担当後、2007年秋からバングラデシュに赴任。
クラフトリンクをはじめ、シャプラニールが実施する各プロジェクトのモニタリングなど、事業全般の実施に携わる。 2010年11月帰任予定。

当日の予定
・フェアトレード講演会
・刺繍体験ワークショップ
・フェアトレード・ロールプレイワークショップなど


日時  12月12日(日)13:30~16:00   
場所  箕面中央生涯学習センター 2F講義室(箕面市箕面5丁目11-23) 
参加費 500円(刺繍体験材料費込み)
共催  シャプラニール関西・フェアトレード雑貨エスペーロ
申込み締切 12月11日(土)
申込み先 エスペーロ 斎藤 ☎&ファクス 072-728-1221  info@espero-osaka.com

みなさまのご参加をお待ちしております。

前のページ ホームに戻る  次のページ