fc2ブログ
パレスチナイベントが無事終了しました
2024/03/21(Thu) | イベント | page top↑
パレスチナイベントの看板”紛争地”パレスチナと関わり続けること~暮らしや仕事を通して、ともに生きる未来をつくる~

上記イベントが20日(水・祝)に箕面市国際交流協会のコムカフェで開かれました。少し長いタイトルですが、実はとても大事なことが含まれていて、それはつまり「暮らしや仕事を通して、ともに生きる未来をつくる」ということです。


今回、遠く仙台から「パレスチナ・オリーブ」https://www.paleoli.org/ の代表皆会場写真 葉さんを箕面にお迎えしました。エスペーロ能勢でも愛用者が多い「パレスチナ・オリーブオイル」をフェアトレードしている会社です。

1部では、30年間パレスチナと関わってこられたその活動と、紛争シーンだけではない、現地の人々の日常の暮らしなどについて、たくさんの写真と共にお話いただきました。生産現場の写真もありました。オリーブオイルを作っている「ガリラヤのシンディアナ」という団体ではもう長い間、パレスチナ人とユダヤ人が一緒に協働してオリーブオイルをつくっています。

2部では、やはりパレスチナ製品(オリーブウッドのカトラリーや刺繍布のバッグなど)をフェアトレードしている架け箸 https://www.facebook.com/kakehashi.notwall の高橋智恵さんも登壇して、おふたりの対談という形で、パレスチナとのフェアトレード事情などが語られました。特に、イスラエル軍侵攻の10月7日以降は、ガザだけでなく西岸地区やイスラエル国内でも治安や交通事情が悪く、商品がなかなかスムーズに輸入できない悩みがあります

京都や神戸からもお客様が来られ、会場いっぱいのお客様がおふたりの話に耳を傾けました。

みのおフェアトレードの会楓はこのイベントに共催として参加しました。私自身がフェアトレード事業を始めたきっかけが、パレスチナ・オリーブオイルだったことを少しお話させてもらいました。

パレスチナ製品販売 会場の後ろで、パレスチナ商品を販売しました。オリーブオイルがよく売れました。美味しいオリーブオイルを食事に取り入れながら、パレスチナへの関心を持ち続けたいと思います。

さて、パレスチナ週間はまだまだ続きます。今週末、エスペーロ能勢の「屋根裏シアター」の映画は「ガザ・サーフ・クラブ」です。
http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1918.html

まだお席があります。ぜひお申込みの上、ご参加ください。






前のページ ホームに戻る  次のページ