FC2ブログ
2月5日(土)「ことばで世界一周」第2弾タイ語
2011/02/05(Sat) | お店日記 | page top↑
民博での語学講座第2弾はタイ語だった(第一弾はスワヒリ語。1月22日の日記)。きょうもアラビア語友達のSさんと机を並べて授業を受けた。

講師の先生の言葉で印象深かったのは「言語は文化を知る1丁目1番地です」。つまり文化を知るためにはまず言葉からということだろうか。私たちはきょう1丁目1番地の101ぐらいのところを学んだ、というよりも感じたぐらいかもしれないけど。

タイ語の文字は絵のようでとてもむずかしいし、5つもある声調もなかなか手ごわいのだが、その点文法はやさしい。三人称単数現在のSとか複数のSとかもなく、動詞の時制もない。そのあたりはインドネシア語と似ている。そういえば前回のスワヒリ語もそうだったっけ。

文法なんてマイ ペン ライ(ノー プロブレム)。こういうおおらかな言語に接すると、西洋語の理屈だらけの文法がえらくきゅうくつに思えてくる。

もうひとつインドネシアと似ていておもしろいと思ったのは、あいさつ代わりに「どこ行くの?」「ごはん食べた?」「何食べた?」。日本人から見たらよけいなおせっかいに思えるかもしれないが、タイやインドネシアではこれがふつうのあいさつ。そういえば、ベトナムもそうだとベトナム在住の友人が教えてくれたっけ。そこで、くどくどと行き先を説明したり、きょう何を食べたっけ?と真剣に思い出す必要はない。これは単にあいさつなのだ。「ちょっとそこまで」とか「トムヤンクン」とか適当に答えておけばよい。

その他にもタイ人のニックネームの話とか、タイの田舎のトイレの話とか、おもしろくて笑っている間に90分の講義は終わってしまった。コー(プ) クン カー。ありがとう。
前のページ ホームに戻る  次のページ