FC2ブログ
2月4日(土)春の訪れ
2012/02/04(Sat) | お店日記 | page top↑
昨日は節分、そして今日は立春ですね。♪春は名のみの風の寒さや~まだまだ寒い毎日です。今年は積雪量も多いですね。来週にはまた寒波がやってくるとか。エスペーロのお客さんとも「寒いですねえ」が合言葉のように交わされます。

立春の頃になると、私たちはやはりなんとなく春をさがしています。春を待つ気持は四季を持つ日本独特の気持ではないでしょうか。梅前線とか桜前線とか、南からだんだん春になっていくのはなんとなく心浮き立つものです。

私が育った中国山地は、あの時代はまだ雪も多く太いつららもできたりして、炬燵や火鉢しかなかった家は寒かったです。たくさん雪が積ると居間の障子が雪の重さで立てつけが悪くなるので、父親が屋根に上がって雪下ろしをしたものです。そして私たちは春になるのが待ち遠しく、母親が「もうスカートをはいてもいいよ」と許してくれるのが、私にとっては春の訪れだったような気がします。

春といえば蕗のとうも春の代名詞ですね。母親の作る蕗味噌はあの頃は好きではなかったけど、今は大好物です。大人になって、帰省するとよく手づくりの蕗味噌を持たせてくれた母も、年老いた今はもう作らなくなりました。ふきみそ

先日、同居する義母が近くの朝市でまだ若い蕗のとうを買ってきてくれました。半分はてんぷらにして半分は蕗味噌にしました。作り方はとっても簡単です。

  蕗のとう・・・7~8個
  砂糖、みりん、味噌・・・各大さじ2

・蕗のとうを1時間ぐらい水につけて灰汁(アク)を抜く。もっとアクを取りたい人はさっと茹でる。
・ざくざくとみじん切りにして(あまり小さくしなくてもざくざくでいいです)、分量の調味料を加え、ほどよい硬さになるまで練る。
・長く煮たい場合は少し水を足して煮詰める。冷めると硬め になるので少し軟らかめで火をとめるとよいです。

ふきみそのほろ苦いおいしさで、ご飯がすすみますよ。
前のページ ホームに戻る  次のページ