FC2ブログ
3月8日(土)Harmony for Japan 2014
2014/03/09(Sun) | お店日記 | page top↑
 友人に誘われて長岡京市で行われた「Harmony for Japan 2014」というコンサートに行ってきました。3年目を迎える東北を合唱で応援しようという復興祈念コーラスコンサートです。

関西の一流の合唱団が出演していますのでいずれも素晴らしい演奏でしたが、さらに感動を呼んだのは福島県からの3つの合唱団の演奏でした。「福島県合唱連盟いわき支部中学生・高校生特設合唱団」「安積合唱協会」「南相馬市立小高中学校合唱部」のみなさんです。さすが合唱王国福島県と思わせる、心が震えるほどの素晴らしい演奏でした。

福島第一原発から20km圏内にある南相馬市の小高(おだか)地区は住民すべてが今なお避難生活を送っており、小高中学校の生徒たちは現在市内の別の中学校を間借りして勉強しています。

その小高中学校でつくられた「群青(ぐんじょう)」という歌があります。生徒たちの言葉を集めて紡いだ歌詞に音楽の小田美樹先生が曲をつけました。

♫ああ あの町で生まれて 君と出会い
たくさんの思い抱いて 一緒に時間を過ごしたね
今 旅立つ日 見える景色は違っても
遠い場所で 君も同じ空 きっと見上げてるはず♫

本来の校舎で学ぶことがなかった今の3年生は卒業式でこの歌を歌うそうです。
♫「またね」と手を振るけど 明日も会えるのかな♫ という歌詞が胸に迫ります。
どんなに遠くに離れても青い海青い空の「群青の町で」また会おうね、という歌なのです。

最後に出演者全員、大人も子どもも、関西メンバーも福島メンバーも総勢で歌った「群青」は圧巻でした。合唱は歌う人も元気になれるし聴いている方も感動と元気をもらいます。小高中学の生徒さんの「ぽっかりとあいた穴を埋めてくれたのは歌うことでした。今こうして歌えることが嬉しい」という言葉が心に残ります。音楽の力、合唱の力を感じたコンサートでした。

なお、このコンサートはきょうも2日目があります。合唱の好きな方、ぜひ聴きに行ってみてください。
http://www.harmonyforjapan.com/
前のページ ホームに戻る  次のページ