5月14日(日)ピースマーケット PEACE MARKET NOSE 2017
2017/05/19(Fri) | イベント | page top↑
ピースマ音頭5月14日はお天気もよくて、朝から能勢の浄るりシアターはピースマーケットのせでにぎわいました。

前回のブログでも書きましたが、ピースマーケットのせはどうやって始まったのか。その経緯に私は一番心を打たれるのです。

93歳の清洲辰也さんという男性が、自らの戦争体験から絶対に戦争をしてはいけないと新聞に折り込み広告を入れられたのが発端でした。それに心を動かされた能勢町民の人たちが能勢を平和の発信基地にしようと昨年第1回目を開いたのでした。

心で思っている人は多いけれどもそれを実際に行動に移して、さらにそれを引き継ぐ人がいるということが素晴らしいと思います。

清洲辰也さんが作詞され加納ひろみさんが作曲、田岡ひろみさんが振付をしてくださった「ピースマ音頭」を青空の下でみんなで踊りました。とてもよい音頭なので歌詞をご紹介します。

    ♬核抑止力より 仲良くし力     清洲さん              
    武器抑止力より 仲良くし力
    21世紀は 仲良くし力
    ピースマーケットは 仲良くし力
    のせから のせのせ のせまくれ
    あっちでも こっちでも のせまくれ
    世界全部を のせまくれ のせまくれ
    ハアイ ソレ ヨイショ

(写真はオープニングで挨拶する清洲さん)

 
ピースマーケット出店 建物の中でも歌や音楽、アピールなどが盛りだくさん。私たちは小ホールでエベレストコーヒーさんと一緒にフェアトレードブースを出しました。時々店を抜けては美味しいものを食べに行ったり他のブースの人とおしゃべりしたり。しかし、全体をうまく把握できていなかったので、ここで友人の坂本洋さんのブログをお借りしてご紹介します。ピースマーケットの雰囲気がよく伝わると思います。

http://neko-blog.cocolog-nifty.com/nekolog…/…/2017-9455.html

今年は来られなかった方も来年はぜひご参加くださいね。




5月14日(日)は能勢へ♪ PEACE MARKET NOSE 2017
2017/05/12(Fri) | イベント | page top↑
ピースマーケットのせ
能勢は今、緑が日々濃さを増し、とても気持ちのよい季節を迎えています。田んぼの上を心地よい風がわたり、ウグイスが鳴き、蝶やトンボが野の花の間を飛び交っています。

こんどの日曜日、そんな能勢の里山を舞台にピースマーケットのせ2017が開催されます。去年始まって今年が第2回目です。ピースマーケットはどうして始まったのか。そのいきさつに心打たれます。

それは清洲辰也さん(94歳)が新聞折り込み広告で呼びかけた一枚のチラシがきっかけでした。「孫や次の世代に戦争のない平和な世界を残したい!多様な民族と文化が共生し助け合い、心豊かに暮らしたい!」。戦争で九死に一生を得た清洲さんの心からの叫びでした。

フリーマーケット50店舗、ライブステージ、世界のフード屋台などなど、たくさん楽しめますよ。楽しみながら平和について考えてみましょう。感じてみましょう。

エスペーロ能勢は小ホールでマルシェワゴンとともに出店しています。去年お会いしたいろいろなお店や団体さんに会えるのも楽しみです。

さらに、今年は「ピースマ音頭」がデビューです。♪核抑止力よりも仲良くし力♪で始まる音頭は、なんと清洲さんの作詞だそうです。♪のせのせのせからのせまくれ~♪94歳の方が作られたとは思えない軽快でウィットに富んだ歌詞です。踊りもついてますますバージョンアップ。みんなで踊りましょうね~

ピースマーケットが終わった後はスペシャルコンサートがあります。17時から大ホールで友部正人コンサート。日本のボブ・ディランと称される友部さんの歌は詩がとてもよいです。ぜひコンサートもお楽しみくださいね。

今朝の朝日新聞でピースマーケットのせが紹介されました。読まれた方が一人でも多くピースマーケットに参加してくださると嬉しいです。なお、この日は地黄の実店舗はおやすみになりますので、よろしくお願いいたします。

それではみなさん、14日は能勢の浄るりシアターで!

0512朝日新聞記事
フェアトレード月間 fairtrade month
2017/05/08(Mon) | イベント | page top↑
5月は世界フェアトレード月間。世界中の人たちがフェアトレードについて考え、フェアトレードを広めていこうという強化月間です。エスペーロ能勢は5月から6月にかけていくつかのイベントに参加したりイベントを主催したりします。どこかでみなさまにお会いできれば嬉しいです。

5月13日(土) 箕面市国際交流協会コムカフェオープン4周年記念イベントに出店(みのおフェアトレードの会楓)

5月14日(日) PEACE MARKET のせ に出店 能勢町浄るりシアター (出店のため店舗はおやすみします)

5月20日(土) 世界のおはなしを聞こう@エスペーロ能勢 ボリビアでフェアトレード (下記のフライヤーをご参照ください)


ボリビア縮小フライヤー
ミニライブ@エスペーロ能勢(5月6日) music live at espero
2017/04/26(Wed) | イベント | page top↑
ミニライブ(20170506)のフライヤー

60~70年代が青春だった世代にとって「五つの赤い風船」といえばフォークソングの草分けであり「遠い世界に」はそらで歌えるほどではないでしょうか。

かく言う私も歌が好きで、あの頃京都四条にあった「炎」という歌声喫茶によく行ったものです。歌うのはフォークソングやロシア民謡。歌のお兄さんみたいな人がいてみんなで一緒に歌ったあの空気がなつかしい。

いえいえ、思い出に浸っている場合ではないのです。なんと、こんどエスペーロ能勢で元・五つの赤い風船の長野たかしさんのミニライブをやります。お連れあいのあやこさんとふたり、どんな歌を聴かせてくださるのでしょう。

新しい歌も聴かせてくださるはずです。おふたりの美しいハーモニーが今から楽しみです。

なにしろエスペーロ能勢でライブをやるのは初めてなので、古民家でのライブがどんなものになるのか、私もまったくわかりません。すべておふたりにまかせています。

連休の一日の昼下がり、能勢の古民家でフェアトレードのコーヒーでも飲みながら、よい音楽に浸りませんか。

お申込みはエスペーロ能勢(080-3764-7905)まで。





3月16日(木)第3世界ショップ展示会 fairtrade exhibition
2017/03/18(Sat) | イベント | page top↑
20170316第三世界ショップ展示会第3世界ショップの展示会があって東京へ行ってきました。いつもモノレールの流通センター前にある倉庫を会場として行われます。倉庫なので少々寒いのですが、会場が広いのでたっぷりとディスプレイしてあってゆっくり見て回れます。




今年のテーマは「競創」。競って相手を蹴落とす「競争」ではなくて競って創造する「競創」。効率化優先の第一次近代社会はすでに行き詰まりを見せている。国と国とが競争するのではなく、互いに切磋琢磨して国境を越えた第二次近代社会を創ろうというのが第3世界ショップの考え方なのです。
学習会
今回の展示会でも第3世界ショップが協働してビジネスを展開するカンボジア、 フィリピン、台湾からのゲストが来日して学習会が開かれました。



 
林和春さんと湾の林さん(はやしさんではなくりんさん)は農薬を使わない烏龍茶つくりをしています。一度は日本の貿易会社で働いた林さんですが(そのおかげでとても日本語が流暢)両親の真摯なお茶作りの姿を見てそのあとを継ぎたいと思ったそうです。そういう林さんもお話を聞くととても誠実な人柄がわかります。実際に淹れてくださった烏龍茶は丸く甘味のある美味しいお茶でした。もうじきエスペーロにも入荷します。

再会
第3世界ショップでは1年に何回かアジアで国際会議を行います。現地のメンバーと同じテーブルで社会貢献ビジネスなどについて語り合うの で、スタディツアーではなく国際会議と呼んでいます。インドネシア、カンボジア、ミャンマー、台湾、フィリピンなどです。私は数年前にインドネシア、昨年は台湾の国際会議に参加しました。今回台湾会議の時のメンバーに再会して旧交を温めました。背の高い男性はフィリピンのシャピイという団体のニールさんです。シャピイはニールさんのご両親によって始められました。内戦が続いたミンダナオ島で女性のための仕事作りとしてバナナやコゴンやアバカの材料で紙をすき、押し花をほどこしてカードやカレンダーを作っています。エスペーロでも人気の美しい押し花カードです。

小柄な女性は台湾の地方都市で農業をしながらドキュメンタリーフィルムをつくっている陳さん。大企業に勤めていたのをやめて農薬を使わないでお米や豆を作っています。

写真には写っていませんが、カンボジアからのデンくんは若いながらもカンボジアでのカシューナッツづくりの中心メンバーです。特産のカシューナッツをそのまま売るだけではなくカシューナッツバターに商品化して売り出そうとしています。

彼らに共通するキーワードは「地方」です。都会ではなく地方で何かを起業していく。それはエスペーロがある能勢にも通じます。何もない田舎と言われてきた地域に実は可能性があることを彼らは教えてくれます。

試食プレート お昼は第3世界ショップのスタッフ特製の美味しいランチでした。カレーの壺やチャツネやナッツやオートミールなど、いずれも第3世界ショップの商品である食材が使われています。どれも美味しかったけどこれぞ!と思ったのはチキンの唐揚げにチャツネのソースをからめたものでした。いつかエスペーロのカフェでもメニューに入れたいと思います。


そんなこんなで、楽しく美味しく実のある展示会でした。写真を撮り忘れましたが、おなじみ山羊革のペンケースや財布、ミラー刺繍のバッグやポーチなど、たくさん仕入れましたのでどうぞお楽しみに。


3月10日(金)明日は第一回屋根裏シアター Loft theater
2017/03/10(Fri) | イベント | page top↑
屋根裏シアターチラシ 明日は第一回屋根裏シアターです。

エスペーロ能勢には屋根裏があります。古い日本の農家がよくそうであるように、蚕小屋や物置に使われていた屋根裏です。

その屋根裏で映画会を行います。

明日はあの3月11日から丸6年。家族、友人、家、仕事・・・大切なものを失って今も苦悩の中にある人々は多いです。また原発事故の放射能でふるさとを追われた人々もたくさんいます。

震災の時、福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズも大きな被害を受けました。活動の場をなくしたフラガールたちは全国行脚の旅に出ます。「涙ではなく笑顔を選んだ」フラガールたちの感動のドキュメンタリーです。


20170310映画会準備
屋根裏の準備もできました。明日は第一回ですが、これからも時々よい作品を 選んでこの場所で映画会を企画していきたいと思っています。

どうぞお気軽に足を運んでください。
















『がんばっぺフラガール』上映会(3月11日) "Hula Girl "
2017/03/03(Fri) | イベント | page top↑
がんばっぺフラガールもうじき3月11日がやってきます。あの日からもう6年。家族や友人を亡くした人、家をなくした人、仕事をなくした人、原発事故でふるさとをなくした人。多くの人たちが悲しみを乗り越えようとしている一方で、原発事故の責任はいまだ明確にされず、あれほどの事故があったにもかかわらず原発が再開され、福島の人たちを置き去りにしたまま、日本政府はオリンピックへ向けて幻の”経済発展”を追い求めているようです。


そんな中、3.11には何か福島の人たちに寄り添えるイベントをやりたいと思っていましたが、こんなビデオ上映会はどうでしょうか。

映画『フラガール』をご覧になった方は多いかと思います。『がんばっぺフラガール』はそのモデルになったスパリゾートハワイアンズ(福島県いわき市)のフラガールたちの震災後を追ったドキュメンタリーです。
→チラシはこちら

直前のご案内になりましたが少人数でも行いますので、どうぞお気軽にお申し込みください。

   『がんばっぺフラガール』上映会
   日時:   2017年3月11日(土)14時~
         (上映時間は102分。14時~閉店まで貸切となります)
   場所:   エスペーロ能勢屋根裏
   参加費: 400円(ワンドリンク制)
   お申し込み: 電話 080-3764-7905
          メール info@espero-osaka.com
                  フェイスブック @fairtradeespero のメッセージ




11月12日(土)多民族フェスティバル multiethnic festival
2016/11/14(Mon) | イベント | page top↑
多民族フェスティバル写真2先週の土曜日は箕面市国際交流協会(MAFGA)の最大のイベント「多民族フェスティバル」が行われました。当日は暖かくて太陽さんさん、絶好のおまつり日和となりました。

多民族フェスティバルはこれまで国際交流協会の建物の中やピラミッドビルの駐車場などでも開催してきましたが、3年前外に出て小野原公園を会場とするようになってから、ほんとうに開放的になり、たくさんの人たちに来てもらえるおまつりとなりました。

小野原公園横のこの通りが素敵なのです。箕面の山をバックにして紅葉がほんとうに美しい。誰もが歩きたくなる小径です。そこにテントや屋台がずらっと並びます。ご近所の住民の方のご協力があってこそですが、この3年でとてもよいおまつりになってきたと思います。





多民族フェスティバル写真1
この日は世界各国の人たちに会えます。民族衣装を着た人もたくさん。外国人の人は着物を着付けても らっています。「み のおフェアトレードの会楓」ととなりのブースの「みのお外国人衣料サポートネット」さんとで民族衣装の記念撮影をしました。

左から、私が着ているのはインドネシアのカリマンタン(ボルネオ)の衣装です。今年2月まで我が家にホームステイしていたサーラが置いていってくれました。きらびやかな衣装を着るとおまつり気分も盛り上がります。楓の代表の三浦さんが着ているのはどこの国だったかな?とても素敵な色合いでさしこがほどこされていました。次の女性はインド、いちばん右の方はベトナムのアオザイでした。民族衣装は見るのも着るのも楽しいです。少しだけその国の人になった気分になります。





昨年は主催者発表で2500人の来場だったようですが、今年はそれを上回ったのではないでしょうか。楓のブースもひっきりなしにお客様があって私は嬉しい忙しさでした。毎年この日に会う友人もあって、販売しながらずっと誰かとしゃべっていた気がします。そんな楽しい一日でした。ステージでは各国の踊りや歌が繰り広げられ、ちょっとした国際広場でしたよ。


多民族フェスティバル写真3 この写真は楓のブースを訪れた友人たちがみんなでフェアトレードのニットキャップをかぶってふざけているところです。楽しさ全開ですね。ネパールで手編みされたカラフルなキャップたち。Rちゃんにはまだちょっと大きい(笑)


そんなこんなで、笑いあふれる楽しい一日になりました。インド、タイ、インドネシア、ベトナム、アメリカ、ケニア、韓国、中国、モンゴル、ブラジル、イラン・・・いったい何ケ国の人たちがここに集っていたでしょうか。こんな風景を見ると、絶対に世界は仲良くなれると信じられるのです。

私は忙しくてあまり写真を撮れなかったのですが、箕面市国際交流協会のホームページをのぞいてもらったら、当日の様子が紹介されていると思います。 http;//mafga.or.jp
来年はあなたもぜひ!





明日(11月12日)は多民族フェスティバルです multi ethnic festival 2016
2016/11/11(Fri) | イベント | page top↑
multiethnicfes2016_1.jpg明日12日(土)は箕面市国際交流協会の最大のおまつりである「多民族フェスティバル」が行われます。

場所は箕面市小野原の小野原公園です。

エスニックフードあり、民族音楽や踊りあり、国際協力ブースあり、雑貨や本の販売ありで、一日たっぷりと楽しめることまちがいなし。

エスペーロは「みのおフェアトレードの会楓」のブースでフェアトレード商品を販売します。去年と同じステージのすぐそば。この場所がラッキーなのはステージを楽しみながら販売できることです。赤い屋根のかわいいワゴンが目印ですよ。

明日はお天気もよさそうです。
会場でお会いしましょう!

10月28日(金)はコムカフェ出店 Fairtrade stall at comm cafe on Friday
2016/10/26(Wed) | イベント | page top↑
201610フェアトレードイベント 秋のフェアトレード出店「もっと!!フェアトレード」の第3弾は今週金曜日です。箕面市小野原にある箕面市立多文化交流センターのコムカフェ前にフェアトレード商品が並びます。

ちょうどその前日にピープルツリーのフェアトレードチョコレートが入荷しますのでグッド・タイミング。フェアトレードチョコレートは安価な植物油を使わずカカオバターだけで作っていますので気温が25度以上になると溶けてしまいます。気温が下がってもう大丈夫、とならないと配送できないので、いつもこの時期フェアトレードチョコレートのファンの方をお待たせすることになります。

今年はザクロやココナツミルクなど種類も増えて全12種類(50g ¥378)。新しいフレーバーも試してみてくださいね。
PTチョコレート


もちろん、いつもの雑貨も並びますよ。ネパール、バングラデシュ、インド、タイなどのカラフルな雑貨に会いに来てください。寒くなってきたので手袋やキャップなどニット物も持っていこうと思います。

そうそう、朝一番でみのおFMのタッキーさんが取材に来てくれるそうです。10:45からの放送です。その時間ラジオが聴ける方はFM81.6にチューニングしてみてくださいね。

この日のコムカフェはスエーデン料理です。アジアの料理が多い中でスエーデン料理は 珍しいですね。ランチを楽しみがてらフェアトレードもお楽しみください。お待ちしております。

前のページ ホームに戻る  次のページ