5月15日(日)PEACE MARKETのせ 
2016/05/16(Mon) | イベント | page top↑
PEACE MARKETのせチラシ表「PEACE MARKETのせ」はさわやかな五月晴れに恵まれました。いつもは静かな里山が多くの人でにぎわいました。



朝早くから浄るりシアターでは50近くの店舗が出店準備。始まりの10時半には野外ではおいしそうな匂いが漂い、ステージでは魅力的なライブが始まりました。



なぜPEACE MARKETなのか。きょうのプログラムから抜粋します。

「この催しは、野瀬町内の高齢者住宅に住む93歳の清洲辰也さんが『孫や次の世代に戦争のない平和な世界を残したい』と呼びかけた一枚のチラシがきっかけでした。学徒出陣で出兵し、敗戦後半年の捕虜生活を経て帰国し、瓦礫となった大阪の地に立ったとき『二度と戦争をしてはならない』と決意したと清洲さんはいいます。清洲さんのよびかけから、まずは暮らしの場で住民が国や行政に頼るだけではなく、だれもが安心し、助け合って暮らせる平和な町や村をつくりたい、そう考えたわたしたちは、心と物と夢が行き交う市場、出会いと語らいの場を開こうと思いました」




ピースマ3私はこの魅力的なフライヤーが多くの人を呼んでくれたと思っています。この絵のような平和な世界にだれもが住みたいなあと思うことでしょう。エ スペーロの隣のブースは「シリアンハンド」の人たちでした。シリアからの留学生や社会人や家族の人たち。アレッポのせっけんや手工芸品を売ってシリア難民への寄付にあてるということでした。テレビでは暗いニュースばかりですが、彼らはとっても明るくて愉快で すっかり打ち解けておしゃべりしました。

ピースマ2







ピースマ1 お昼はバリ島のナシゴレンを食べました。能勢地場産のソーセージやはちみつやピザもありました。ステージもアフリカ、ラテン、カントリーなど充実。




バッジ
憲法カフェやジュゴン保護センターやシリア、パレスチナなど人権のブースも見られました。フェアトレードはもとより平和を目指す貿易ですが、きょうは私は胸元にこのバッジをつけてアピールしてきました。


おまつりイベントはいろいろありますが、ただ楽しいだけではない、平和や人権に目を向けるものがもっとあってもいいと思います。そういう意味できょうのPEACE MARKETは少し遠慮気味ながらも「平和・人権」への思いをアピールし共有できたのではないかと思います。


5月の初めから続いたエスペーロのイベントもここでいったん休憩です。忙しかったけれども楽しいフェアトレード月間でした。
5月14日(土)フェアトレード・デーin みのお Fairtrade Day in Minoh
2016/05/16(Mon) | イベント | page top↑
FTデー45月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」です。世界各国でフェアトレードを広めるためのイベントが行われますが、箕面でも毎年「みのおフェアトレードの会楓」でイベントを考えます。




今年はこの日がちょうど箕面市国際交流協会のcomm cafeが開店3周年記念の感謝イベントを行う日と重なりました。それで「みのおフェアトレードの会楓」もそこに加わり、協賛企画としてワークショップとフェアトレード商品の販売を行ないました。


FTデー2
コーヒーを生豆から焙煎して挽いて淹れてマイコーヒーを飲もう、というワークショップです。先日豊中高校でも好評でしたが、ここcomm cafeでもたくさんの方が参加してくださいました。カセットコンロの上でコーヒー豆を煎るとカフェの中に何とも言えないコーヒーのアロマが広がります。コーヒーを飲む楽しみの半分はこのアロマにあるのではないかと思わせられます。毎日コーヒーを飲む人でも自分で煎ったことはないので、みなさんとても楽しんでくださいました。こうやって生豆から飲むまでの一連の作業をすることでコーヒー豆の生産者に思いを寄せることができたのではないかと思います。それから、先日授業をした豊中高校の生徒さんが来てくださったのは嬉しいサプライズでした。


ワークショップと販売で忙しくて写真を撮り忘れたのですが、みのおFMのライブスタジオが出張してきていたり、各国料理のカフェも大勢の人で賑わっており、私がお昼にキンパプ(韓国風海苔巻き)を食べようと思ったらもう完売していて残念。


FTデー3 お昼からはアイルランド音楽の演奏もあって心地よいひとときが流れました。一緒に出店していたボリビアからのファミリー2歳のひなとくんが音楽に合わせて踊りだしたのが可愛くて微笑ましかったです。さすがラテンの血が流れてるねえ、と感心したことでした。

この日はおいしい屋台とマイコーヒーと緩やかな音楽と手作りのフェアトレード商品で、平和な時間が流れたフェアトレード・デーとなりました。

5月9日(月)豊中高校でワークショップ FT workshop at a high school
2016/05/10(Tue) | イベント | page top↑
豊中高校1豊中高校の課題研究授業で2時間お話をする機会をいただきました。テリーと箕面フェアトレードの会楓の代表三浦さんと3人で行ってきました。ちなみに豊中高校は三浦さんの母校でもあります。






フェアトレードに関心がある2年生18名がすでにそれぞれのテーマ別に6つのグループを作っていました。彼らはすでにマザーハウスの方の講演を聞いたり、熊本のフェアトレードのキーパーソン明石祥子さんに会いに行った人もいたりして、フェアトレード初心者ではありません。一歩進んで、街頭販売をしたいとか、豊中をフェアトレードタウンにしたいという気持ちを持っている生徒さんもいて、心強く思いました。


cof_05_map[1]
今回は高校生対象ということもあって、アクティブなワークショップ形式で進めま した。熱帯の植物の写真当てクイズは導入として楽しいものでした。そしてきょうのテーマはコーヒーとフェアトレード。上の写真はコーヒーの生産国と消費国を白地図で色分けしているところです。そうするとコーヒー生産国が赤道に近いコーヒーベルトと呼ばれるエリアに集中していることがわかります。



DVD.jpg 

DVD『おいしいコーヒーの真実』の予告編を見てもらいました。2分ほどの予告編の中に世界のコーヒー市場が抱える問題が凝縮されています。生徒さんたちの眼差しは真剣でした。



豊中高校2
そしてきょうの授業のハイライトは「自分でコーヒーを淹れてみよう」のコーヒー実習。手動の焙煎器で生豆を煎って手動のミルで挽いてハンドドリップで淹れてみる。ふだんあまりコーヒーを飲まない生徒さんたちも淹れることには興味津々で二つ のグループに分かれて自分の手で実際にやってみました。教室の中には何とも言えないコーヒーのアロマが漂いましたよ。そして美味しくできた コーヒーで乾杯。


残った時間は班ごとにフリーディスカッション。私が入った班では「生産者にも消費者にも適正な価格は?」「もっと安くできないか?」「ラベルがあった方がよいのかどうか」「日本のフェアトレードの会社はひとつにまとまればもっといい仕事ができるのでは?」「なぜフェアトレードショップを始めたのですか?」などの質問や意見がありました。


私の班ではなかったけれども最後に個人的に質問に来てくれたHさんは誰とも組まないで敢えて一人班を形成していました。「フェアトレードはまやかしではないのか」という疑問を持っているようです。こういう疑問が出てくることはとても大事です。生産者と消費者の間の中間業者が減ることがフェアトレードにつながるのか、という質問にはフェアトレードが「国際産直」と呼ばれる所以を話しました。



豊中高校の生徒さんたちは明るくて反応もよくて、私たちもとても楽しかったです。2時間の授業では語り尽くせないことも多々ありましたが、きょうの授業の何かが彼らの心に残って何かの折のヒントになってくれたら嬉しいです。豊中高校のみなさん、機会をくださったTIFA(国際交流の会とよなか)さん、ありがとうございました。





5月8日(日)ネパール大地震支援活動報告会 Supporting Nepal after earthquake
2016/05/08(Sun) | イベント | page top↑
ネパールネパールで大地震が起こってから1年が過ぎました。8千人以上の人々が亡くなり80万棟もの家々が倒壊した現地ではまだまだ復興が進んでいません。

きょうはシャプラニール=市民による海外協力の会によるネパール報告会が行なわれました。ネパール現地事務所長を終えて帰国した宮原麻季さんが、これまでの支援活動とこれからの活動を報告され、35名の参加者で聴くことができました。

たくさんの写真と豊富な事例の報告の中でも私の心に残ったことをいくつか。

★被災者への食料支援は報告会乾パンなどのすぐ食べられるものを配ることを考えがちだが、ネパールではガスボンベ、ガスコンロや薪を使って自炊できる被災者も多かったので、普段の食事に使える米、豆、油、塩などを配布した。自分たちで通常のご飯をつくることで元気が出た。

★海外のNGOが防災教育で「揺れが来たら机の下へ」と教えていたので、外にいた人がわざわざ家の中へ入って机の下にもぐり込み、家もろ とも潰された。ネパールでは煉瓦つくりの家が多く地震に弱いので、先進国の基準は当てはまらない。

★情報がないことが住民の不安を増大させたので、コミュニティラジオ局を早急に復旧させる支援を行った。

★もともと行政が脆弱で「復興庁」がやっとできたが十分な働きができていない。

★インドによる経済封鎖でガソリンを初めとする物資が入ってこないことが復興を遅らせている。

★コミュニティスペースを設置して被災者が気軽に立ち寄れる場を提供した。そのことで人々は不安や困難を誰かと共有したり情報を得たりすることができる。これは東日本大震災後シャプラニールがいわき市に設置した交流スペース「ぶらっと」をヒントにしている。

★震災で孤児が多く生まれた。人身売買が行われたケースもある。

宮原さんは昨年ネパールの男性と結婚してネパールへの思いをより強く持っておられます。孤児の少女が歌う映像に涙が止まらず私たちも同じ気持ちを共有しました。「忘れないで」と繰り返し訴えられました。

私の一冊 また、きょうは会場がライブラリーカフェというちょっと変わった場所だったことに因んで、参加者それぞれが「自分を世界につなげた一冊の本」を持ち寄りました。私が選んで持っていったのは、もう30年も前に読んだ犬養道子著『人間の大地』です。こんな試みもちょっと興味深かったです。







5月はフェアトレード月間 May Fairtrade month
2016/05/01(Sun) | イベント | page top↑

5月は世界フェアトレード月間です。世界各国でフェアトレードのことを理解してもらうイベントが行われます。エスペーロは現在実店舗がありませんが、5月はあちこちでイベントに参加します。どこかでみなさんにお会いできると嬉しいです。



アースキャラバン京都2016 5月3日(火祝)、4日(水祝) アース・キャラバン京都2016  http://www.earthcaravan.jp/

~”Share"奪い合う世界から分かち合う世界へ~を合言葉に、平和な世界、地球の明るい未来を創っていく新しいムーブメント。広島、京都、長崎、カナダ、ベツレヘム、エルサレム、浜松、東京と原爆の残り火「平和の火」がリレーされ、各地で平和と祈りのコンサートやチャリティマーケットが開催されます。

エスペーロは気仙沼わせねでねの浜ちゃんと一緒のテントで出店します。利益のできるだけを寄付にまわすチャリティマーケットです。お天気が心配なところですが、水族館や鉄道博物館もある梅小路公園が会場ですので、ぜひ遊びに来てくださいね。




5月8日(日)11:00-13:00 「ネパール大地震から1年 今とこれから」   https://www.shaplaneer.org/caravan16/ネパール報告会
大阪会場:もりのみやキューズモール まちライブラリー 参加費500円(ワンドリンク付き)

ネパールでの復旧・復興支援活動を行ったシャプラニールカトマンズ事務所長の宮原麻季さんが、これまでの活動と今後の復興支援にかける思いを伝えてくれます。



5月9日(月)豊中高校でフェアトレードの課題研究をしているクラスでお話させていただきます。


5月14日イベント 5月14日(土)
11:00~15:00  comme cafe 3周年感謝屋台イベント 
場所:箕面市立多文化交流センター内comme cafe

世界フェアトレード・デーのこの日は「みのおフェアトレードの会楓」で参加します。フェアトレード商品の販売だけでなく、コーヒーを淹れるワークショップをやりますよ。生豆を手動の焙煎器で煎って、手動のミルで挽いて、ハンドドリップでコーヒーを淹れてみる体験ができます。煎りたて、挽きたて、淹れたてのマイコーヒーを飲んでみませんか(参加費300円)

現在ボリビアから帰国中のラ・カンビータのファミリーも飛び入り参加です。ボリビアの自然素材を使った手工芸品をウゴさんが手作り実演しながら販売してくれます。




5月15日(日)10:30~15:30 PEACE MARKETのせ  https://www.facebook.com/events/1516217448684733/?active_tab=posts
会場:能勢町浄るりシアターPEACE MARKETのせチラシ表

里山に抱かれた緑豊かなのせで平和を願うひとびとが集い、心と物と夢が行き交う市場

野外ステージ、ロビー、小ホール、研修室など浄るりシアターいっぱいにさまざまなマーケットが展開されます。音楽ありフードあり野菜あり雑貨あり。エスペーロの場所は小ホールです。300台収容可能な無料駐車場もありますが能勢電とバスでのんびり訪れるのもいいですね。能勢のみどりの空気を吸いながら楽しい半日をお過ごし下さい。






たくさんのイベントをご紹介しました。5月はフェアトレードを考える月間です。お時間がありましたら、どうぞどこかのイベントに遊びに来てください。

4月23日(土)シイタケ菌を植えました
2016/04/23(Sat) | イベント | page top↑
しいたけワークショップ先週日曜日の雨で延期になっていたシイタケ菌の植え付けワークショップを行ないました。日程変更でキャンセルが出たので7名と少人数でしたが、しっかりとほだ木に植え付けて来年の秋が楽しみです。


穴あけ
まず、ほだ木に電動ドリルで穴を開けます。種駒の大きさに合わせた太さと長さで開けます。




しいたけ菌 これが種駒です。




埋め込む
 ドリルで開けた穴に種駒を押し込んでその上から金槌や木槌でトントンとたたき、しっかりと種駒を埋め込みます。



作業再開
全部埋め込んで日陰に並べておきました。それぞれマイほだ木に名前を書いておきました。
 お昼はおにぎりと豚汁。豚汁はロケットストーブで作りました。
写真を撮るのを忘れましたが、野外で風を感じながら食べるお昼はまた格別です。


栗の新芽
お昼が終わったら作業再開です。剪定した栗の木の枝を燃やして庭を片付けます。雨が降る前に作業を終えることができました。



先月カットバックした栗の木からは新しい元気な若芽が伸び出していました。
日曜日のしいたけワークショップは延期します
2016/04/15(Fri) | イベント | page top↑
20160401ほだ木 17日の日曜日に予定していました「しいたけワークショップ」は雨の予報が確実になりそうなため延期することにいたしました。21日(木)に変更しようとしましたがこの日の予報もまた雨。それで今のところ23日(土)を考えています。
お申し込みいただいている方には個別にお知らせいたします。また、23日だったら行けます!という方は、あらたにお庭 申し込みください。



 庭はかなりすっきりとしてみなさまをお待ちしているのですがかんじんのお天気が・・・


玄関 庭の作業をしていると汗ばむくらいの陽気にもなってきました。そんな時に古民家の玄関と裏口を開け放つとさわやかな風が抜けていきます。古来「家の作り様は夏をむねとすべし」と言われた日本の家屋を実感します。


天井

天井は高く梁を上げ、外からの風は出入り自由。つばめの古巣が彼らが自由に行き来していたことを物語っています。それにしても昔の人は寒~い台所で家事をしていたのですね。


たんぽぽ 庭のたんぽぽは可憐に、たけのこはかわいい頭をのぞかせています。


たけのこ


 
 
ワークショップ:しいたけ菌を植えます(4月17日)
2016/04/01(Fri) | イベント | page top↑
20160401ほだ木能勢の庭では栗の木をたくさん伐採したので木材がたくさん取れました。



少し太めの幹は1メートルぐらいにカットしてしいたけのほだ木にすることにしました。



というわけで以下のとおり「しいたけ栽培ワークショップ」を行います。Myほだ木に電動ドリルで穴を開け菌を植えていきます。来年の秋頃にはしいたけがにょきにょき(笑)

その他に伐採した木をのこぎりで切って片付ける作業を行います。



日時:4月17日(日)10:00~15:00
場所:能勢町地黄476-1 「エスペーロのせ」の庭
持ち物:軍手、長靴、ある人はのこぎり、おにぎりとお茶 (現地で豚汁をつくります)  
参加費:500円(小中学生は300円)
定員:20名
申し込み:info@espero-osaka.com 
       090-4262-8466 (テリー)
       080-3764-7905 (和子)
駐車スペースに限りがありますので、交通手段につきましては個別にご相談させてください。  
阪急バスの場合は能勢電妙見口駅(9:47発)地黄局前(9:58着)徒歩5分。
小雨決行ですが、大雨の予報の場合は延期いたします。
3月20日(日)フェアトレード・マルシェ最終日 the last day of Fairtrade Marche
2016/03/21(Mon) | イベント | page top↑
カフェ前面3日間のフェアトレード・マルシェが無事終わりました。ご来場くださいましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。


壁のパネル
「みのおフェアトレードの会楓(ふう)」としては近年にないチャレンジングな取り組みとなりました。カフェで食事をする ことはあっても食事を提供する側になるのはほとんどの人が未経験だったからです。



まずメニューを相談した結果、エスニックランチとスイーツ、ドリンクに決まりました。

メニュー

ランチは、インドネシアのナシ・チャンプルのように、真ん中にご飯を置いて周りにお惣菜を置くワンプレートのスタイルになりました。エスニック なのでスパイスやチリなども使います。ちょっと珍しいランチを食べていただくのだけれども、苦手な方もあるので、極端に辛かったりスパイシーすぎたりしないように気をつけました。



 スイーツは試行錯誤の結果、バナナの包み揚げとカカオ・ブラウニーに決まりました。トルティーヤの皮にバナナを包んだ包み揚げはMさんの考えついたオリジナルです。温かい包み揚げの上にアイスクリームが載っています。カカオ・ブラウニーはチョコレートは使わないで低脂肪のカカオパウダーを使ったヘルシーでしっとりおいしいケカフェーキになりました。




それぞれのメニューを作るにあたって食材の調達は、なるべくフェアトレードの食材を使う、オーガニックの野菜を使うということにしました。 スーパーの市販品を買うよりも割高にはなるのですが、フェアトレード・マルシェですから、このこだわりは捨てられません。砂糖、スパイス、オリーブオイル、カレーペースト、バナナ、黒蜜、カカオ、コーヒー、紅茶、チャイなどはすべてフェアトレード産品を使いました。さらに、お米は能勢の有機減農薬米、青菜は「菜の花プロジェクトみのお」の有機無農薬野菜を使用しました。


今回は楓のメンバーに加えて大阪大学のフェアトレード団体Promeと同じく大阪大学のグループでケニアのシングルマザーを支援しているトゥマイニ・ニュンバーニの学生さんたちが協力してくれたので、カフェに若さが満ちてよい雰囲気になりました。カフェでのアルバイト経験もゼロという彼らにとってもよい経験になったようです。


まゆみちゃんとお客さんは知人、友人、地域の人々、フェイスブックを見て来てくださった方々など、おかげさまで用意したランチはほぼ残すことなく召し上がって頂くことができました。カフェだけでなく、フェアトレードの雑貨と洋服の販売、フェアトレードカカオを使ったカカオ・ハンドマッサージのコーナーも作りましたので、お客様が様々に楽しんでいただけたのではないかと思います。

ハンドマッサージ

今回会場としてお借りした510キッチンさんはレンタルカフェとして借りる個人やグループさんを広く募集されています。道具も揃って使いやすいキッチンでしたし、スタッフさんが親切にサポートしてくださいますので、気軽に問い合わせてみてください。http://www.kitashiba.org/projectlist/510kitchen



というわけで、最終的な利益はプロの方から見たらまったく不足のものと思いますが、私たちはとりあえず赤字にはならなかったこ と、多少なりとも利益が上がったこと、それに何より楽しい3日間だったことで満足、満足のお開きとなりました。細かい反省点は打ち上げで出し合って今後へつなげます。えっ、今後があるのかですって?今回でみんなカフェの楽しさに目覚めましたので、ひょっとしたら次があるかもしれませんよ。乞うご期待です。
3月19日(土)フェアトレード・マルシェ2日目 the second day of Fairtrade Marche
2016/03/19(Sat) | イベント | page top↑
フェアトレード・マルシェフェアトレード・マルシェ2日目が終わりました。


朝の準備はきのうとは格段に手際良くなりました。何事も1回目よりも2回目ですね。きょうは大阪大学フェアトレード団体Promeさんに加えて大阪大学トゥマイニ・ニュンバーにさんの協力も得てランチタイムは比較的スムーズに運びました。



トゥマイニさんはケニアのママたちが作るサイザル麻バッグやケニアのアクセサリーなどを販売してママたちを支援しています。ウッドデッキのワゴンで売っていますので見に来てくださいね。メニュー



昨日はランチタイムだけが大入りでティータイムは閑散としていたのですが、 宣伝の甲斐もあって、また写真を貼り出した効果もあってか、はたまた土曜日ということもあって、バナナの包み揚げとカカオ・ブラウニーがよく売れました。テイクアウトもできるようにしました。どちらも美味しいですよ。

洋服コーナー

 昨日洋服コーナーを作りましたので店内がぱっと華やかになった感じです。



カカオハンドマッサージ

きょうはカカオハンドマッサージにもお客さんがたくさん来てくださいました。ソファーに腰掛けてゆったりとゆきさんの 説明を聞きながら心地より香りと刺激にしばし癒される感じです。ぜひお試し下さい。


明日はいよいよ最終日です。午後4時半をラストオーダーとしましたので、どうぞよろしくお願い致します。お待ちしております。
前のページ ホームに戻る  次のページ