FC2ブログ
9月のおしらせボード events in Sep.
2019/09/07(Sat) | イベント | page top↑
9月のボードスタッフのまゆみさんが9月のボードを描いてくれました。これだけたくさんの情報を1mにも満たないボードにビビッドに満載してくれる彼女の才能にいつも感動します。そして描いているときのまゆみさんはいつも楽しそう。


9月のエスペーロ能勢でのイベントはこのボードのとおりです。これ行きたいな、と思われるイベントがあったら、ブログで詳細を読んでいただくか、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

いずれのイベントもまだ空席がございます。

16日は2時から、29日は終日貸切となりますので、どうぞよろしくお願いいたします。





9月6日(金)ときにはスカートを skirts 10% off
2019/09/07(Sat) | 衣類 | page top↑
スカート10%オフ最近は街を歩く女性を見ると、スカートよりもパンツスタイルの人の方が多い気がします、生活スタイルが活動的になったことや、日本人の身体そのものがパンツが似合うスタイルになってきたことも、その理由だと思います。

でも、時にスカートをはくのも気分が変わってよいものです。というわけで、ネパール、バングラデシュ、インドなどで縫製されたフェアトレードのスカートを窓際に集めてみました。オーガニックコットンのもの、ブロックプリントのもの、手織りの生地など、いずれもコットン100%の着心地のよいスカートばかりです。

9月10月はスカート全部を10%オフにいたします。エスペーロ能勢には隠れたところに(!)試着室もありますので、ぜひご試着のうえ、お気に入りをお求めください。



バルーンスカート
今マネキンが着ているこちらのバルーンスカートも10%オフです。裾がバルーン状に折り返 されていて個性的です。




スカートで思い出すことがあります。私が育った中国山地は昔は雪が深く寒いので冬はずっとズボンで過ごさなければいけませんでした。春風が吹き始めて「スカートをはいてよし」という母親の言葉がとてもうれしかったものです。今は雪も少なく暖房も行き届いているので衣服にも季節感がなくなりましたね。








パレスチナからの商品 from Plestine
2019/09/05(Thu) | 商品 | page top↑
オリーブオイル パレスチナのオリーブオイルはエスペーロ能勢で人気の定番商品です。美味しいのでリピーターさんが多いからです。ギフトとしても人気です。「同じ贈るなら意味があるものを」と冠婚葬祭のギフトに70本買ってくださったお客様もありますし、定期的に10本、20本と買ってくれる友人もいます。自家用プラスやはりプレゼントに使われるそうです。

このたび、このオリーブオイルを販売しているパレスチナ・オリーブ http://www.paleoli.org/ の皆川万葉さんが、ジャーナリストの高橋美香さんと共著で本を出版されました。『パレスチナのちいさないとなみ』という本です。副題の「働いている、生きている」という言葉が私の胸に響きます。皆川さんはいつも「日本ではパレスチナには紛争のイメージしかないかもしれないけど、そこには人々の笑いがあったり涙があったり、ふつうの生活があるのです」と言われます。
パレスチナのちいさないとなみ





表紙のこのカラフルな写真を見てください。ナーブルスという町で手押し車を押すキャンディー屋さ んのおじさんです。子どもたちが犠牲祭のお祭りに買ってもらうお菓子を売っているのだそうです。他にも漁師さん、パン屋さん、荷運び屋さん、床屋さんなど、パレスチナに暮らす人々の日常が高橋美香さんの素敵な写真とともに紹介されています。








本の後半は皆川さんが担当で、オリーブオイルやせっけんや刺繍をつくっている生産者さん達のことが書かれています。皆川さんは毎年パレスチナを訪問して、その様子をニュースレターで報告されています。分離壁や厳しい検問があって、イスラエルのいやがらせもあって、人や物が自由に移動できない状況のパレスチナの人々が、それでもユーモアを忘れないでたくましく生活している様子がよくわかります。




_p___X_`_i
オリーブオイルの生産者団体である「ガリラヤのシンディアナ」では、ユダヤ人とアラブ人が一緒に働いています。考えてみれば、私がフェアトレードショップを始めるきっかけとなったのは「ガリラヤのシンディアナ」を立ち上げたユダヤ人のハダスさんとアラブ・パレスチナ人のサーミヤさんが来日した時の講演集『パレスチナ/イスラエルの女たちは語る』という本を読んで感動したからでした。








パレスチナ・オリーブからはオリーブオイルの他に、このエクストラバージンオイルで作ったオリーブオイルせっけんが入荷します。頭のてっぺんから足の先まですべて洗えるしっとり使い心地のよいせっけんです。ちいさないとなみの本の中ではせっけん工場主のマジュタバさんのことも紹介されています。





パレスチナ刺繍
イドナ村という村では女性たちが組合を作ってこんな美しい刺繍を作っています。エスペーロ能勢にもフラワー刺繍のポーチがいく つかありますよ。大学を出ても、イスラエルの抑圧の中でなかなか仕事につけない女性たちにとって、大切な収入源になっているということです(写真はパレスチナ・オリーブのHPより)。






9月のカレンダー calendar of Sep.
2019/08/29(Thu) | お店日記 | page top↑
9月のカレンダー暑い夏が終わったら、今度は雨続きですね。雨の降り方もスコールのように激しく降るので、やはり気象の変化を感じざるを得ません。

さて、9月はしょっぱなから臨時休業で申し訳ありません。31日から1日にかけて私の郷里に墓参り帰省です。雨の天気予報で残念ながら花火大会は延期になってしまいましたが、せっかく姉弟ファミリーが集まるのだから、と予定通り決行になりました。


それ以外は通常通りの営業ですが、2日ほど貸切の日があります。

9月16日(月祝)佐藤真史さんのイラク報告会 http://espero0osaka.blog118.fc2.com/blog-entry-1369.html
里の秋コンサート(縮小)
9月29日(日)古民家 里の秋コンサート 

どちらもお申込み受付中です。




 

21,22,23日は屋根裏シアターです。9月はちょっとおしゃれで素敵な映画ですよ。『台北カフェ・ストーリー』。美人姉妹が台北で始めたカフェに人と物が行き交い、思わぬ展開になっていきます。今回は3日間ありますのでご都合のよい日でお申込みください。
https://www.cinemo.info/25m



9月16日(月祝)は佐藤さんのイラク報告会 report from Iraq
2019/08/28(Wed) | イベント | page top↑
パンフレットきょう「国境なき医師団」からパンフレットがたくさん届きました。9月16日の「佐藤真史さんイラク報告会」に配布するための資料です。

医療を専門にする人道援助団体として国境なき医師団は、いまも世界で活動中です。人々の命が危機にさらされているところ、特にほかからの支援がないところは、どこにでもかけつけます(パンフレットより)

国境なき医師団のチームでは、医師や看護師、助産師、薬剤師などのほかに、スタッフや資金を管理するアドミニストレーターや物資の手配から診療所やトイレの建設までするロジスティシャンと呼ばれる専門家たちが活動しています。

どんな地域で活動しているか。

たとえば、難民キャンプで。パンフレット1



 





パンフレット2たとえば、紛争地で。









命のうでわ
貧困や飢餓で子どもたちの命が危機にさらされている地域でも。この「命のうでわ」は子どもたちの上腕部に巻きつけて子どもたち の栄養状態を判別します。UNICEFのテレビ広告で見られたことがあると思います。赤色は重度の栄養失調で命が危険な状態を示しています。





一日あれば地球の裏側まで行けるほどに世界は狭くなりました。しかし、世界各地には生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人々がたくさんいて、そこで彼らを助けるために国境なき医師団のような人々が奔走しているという現実を、私たちはもっと知らなければならないと思います。とりわけこれから社会に船出していく若い人たちに知ってほしいなと思います。

佐藤さんのイラク報告 9月16日には国境なき医師団の看護師である佐藤真史さんにエスペーロ能勢に来ていただいて、今年前半6か月を過ごされたイラクのモスルでの活動についてお話いただきます。いろいろ質問もしてみてください。みなさまのご参加お申込みをお待ちしております。

















 
今週末は金曜と月曜のみの営業です Sat.&Sun closed
2019/08/27(Tue) | お店日記 | page top↑
吾亦紅 あんなに暑かった夏がパタンと終わった感じで急に秋の気配ですね。写真は先日訪れた六甲植物園の吾亦紅(われもこう)です。

吾もまた紅(くれない)なりとひそやかに 高浜虚子











「TOKK」8月号表紙に載せていただTOKK.pngいたおかげで、8月はたくさんの新しいお客様がご来店くださいました。 多くの方々が古民家の造りに興味を持ってくださり、この家を上手に残してくれた「ie工房」さんにあらためて感謝しました。









TOKKを見て来てくださったお客様に出したクイズがあります。「表紙の写真には実際と違う点がありますが、それは何でしょう?」という、まちがいさがしの問題です。わかりますか?今のIT技術ではいかようにもできるということです。わからない方はエスペーロ能勢に来てモデルさんの位置から眺めてみてくださいね(笑)


さて、今週末は30日(金)と2日(月)のみの営業で31日(土)と1日(日)は、勝手ながら臨時休業させていただきます。店長の郷里である広島県三次市に墓参り&花火大会帰省です。お間違えのないようによろしくお願いいたしますm(__)m




8月16日(金)カレーの壺part2 retort pouch curry
2019/08/16(Fri) | 食品 | page top↑
カレーの壺レトルト今朝のブログに引き続き、カレーの壺part2です。こちらはマリオさんが開発したカレーの壺を使ったレトルトカレー。温めるだけで本格的なスリランカカレーが召し上がれます。

疲れて帰宅してカレーを作る元気もない時ってありますよね。そんな時に大活躍です。エスペーロ能勢のカレーメニューはこのレトルトカレーにサラダとマンゴーヨーグルトのデザートがつきます。

きょうは家へ帰ってからこのレトルトカレーを使ってカレードリアを作ってみました。とっても簡単で美ドリア味しいです。

①耐熱の皿にご飯を入れて上からカレーの壺のレトルトカレーを回しかける。
②その上にピザ用チーズをのせる。
③200℃のオーブンで10分~15分焼く。できあがり。

ぜひお試しください。

カレーの壺レトルト チキン、ポーク2種 各421円






8月16日(金)夏はカレー! spicy curry paste
2019/08/16(Fri) | 食品 | page top↑
安心・安全ページヘッダ夏はカレー!カレーの夏!というわけで、最近よく売れているのが「カレーの壺」3種です(写真は第三世界ショップのHPより)。

マイルド、ミディアム、スパイシーとだんだん唐辛子の量が増えていきますので、お好みによって選んでいただけるし、2種類をミックスしてもよいです。


エスペーロ能勢のカフェではスパイシーを使ってタンドリチキンを、ミディアムを使ってなすのカレーを作っています。そのままストレートでも美味しいですが、ヨーグルトやココナツミルクを混ぜてマイルドにすることもできます。

カレーの壺はスリランカのマリオさんが考案しました。マリオさんは毎年来日して第三世界ショップの展示会でカレーを作ってくださいます。ぱっぱっとほんとうに手際よく美味しいカレーができます。マリオさんによると「日本のカレールーがヒントになった。スパイスを一から作るスリランカ女性の労働を楽にしたかった。スリランカのカレーの壺は日本のよりもっと辛いよ(笑)」だそうです。

化学調味料、添加物、動物性材料、小麦粉の入っていない安心安全のカレーの壺について詳しくは↓
http://www.p-alt.co.jp/index.php/food/curry/


きょうはお客様からよくご質問を受けるタンドリチキンの作り方をご201904ランチ紹介します。

①とりもも肉(むね肉でもよい)300gを唐揚げ用ぐらいの大きさに切る。
もも肉はどうしてもかたまりになるので、細かい切れ目を入れておくと火が通りやすい。
②ビニール袋にチューブのにんにくとしょうがをそれぞれ3cmくらい入れる。
③ヨーグルトを大さじ2杯、カレーの壺を大さじ1杯入れて袋の外からよくもんで混ぜる。
④①のとり肉を袋に入れてさらによくもんで混ぜる。2時間以上置いてなじませる。
⑤フライパンに油を熱して両面を焼く。中までよく火を通す。焦げ目がついた方が美味しい。

(写真はエスペーロランチ。ごはんの手前にあるのがタンドリチキン。ガラスの器がナスのカレー)

カレーの壺(3種)各626円(税込)

8月14日(水)台風前日 super large typhoon
2019/08/14(Wed) | お店日記 | page top↑
超大型の台風10号がやってくけやきの里るという予報です。きょうの午前中はまだ風も強くなかったので、いろいろと雑用をするために店に出かけました。急がない時には茨木まわりで山越えで行きます。
 

明日と明後日はある研究会の合宿があるので明日の夜の食事のために店の近所にある「けやきの里」に野菜を買いに行きました。といっても、もしかしたらこの台風でキャンセルになるかもしれないので、青菜類はやめて土曜日にも使えそうな野菜を数種類買いました。

そして店に着いて気が付いたことに、ああ、なんとしたことか、店のカギを忘れて来ていました!ということは店の中に入れない。がっかりしましたが、そこは気を取り直して戸外の仕事をすることにしました。外だっていろいろやることはあるのです。20190814台風への備え

まず台風に備えて立て看板を蔵の中にしまいました。そして毎年の台風で折れてしまう皇帝ダリアに添え木をしました。少々心もとな い感じで気休め的ではありますが。

ひまわりも今いちばんきれいに咲いていて台風が心配なのですが、せめてもと 20190814ひまわり写真を撮ってきました。





20190814タイタンビカス 玄関側と裏庭の草刈りをして、そのあと庭をぐるりとひと巡り。楽しい時間です。タイタンビカスは主がいようといまいと、お客様があろうとなかろうと、美しい花を咲かせてくれています。

20190814江戸絞り 上の段の萩は「江戸絞り」という上品なお名前です。











20190814栗 テリーが丹精込めて世話をしている栗の木には実がたくさんついていますが、この台風でまたたくさん落ちてしまうかもしれません。



20190814トマト 畑のトマトが赤くなっていたので収穫しました。しっかりとした美味しいトマトです。





帰りはまた山越えで帰りました。1ヶ月前にこの道の野間峠でばったり鹿に遭遇したことがあります。私の車の前を優雅に横断していきました。また会いたいな。

午後になって明日と明後日の合宿は取りやめになったという連絡が入りました。妥当な判断だと思います。というわけで明日と明後日は私たちも休業日になりました。台風が通り過ぎるのをじっと見守ることにします。各地に被害が出ませんように。








佐藤真史さんのイラク報告会(9月16日)MSF nurse Mr.Sato
2019/08/14(Wed) | イベント | page top↑
佐藤さんのイラク報告 佐藤真史さんはMSF(国境なき医師団)の看護師です。MSFは1971年にフランスで設立されて以来、世界中どこでも生命の危機に直面している人々に直接医療が届けられるよう独立・中立・公平の立場で医療・人道援助活動を行ってきました。1999年にはノーベル平和賞を受賞しています。

現在は70ヵ国以上で援助活動を行い、年間1000万人以上に医療を提供しています。世界各国から約4万5000人のスタッフが働いていますが、佐藤さんもそのおひとりです。

生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人々を救うために命がけで活動しているスタッフの方々に対しては尊敬と感謝の念しかありません。

佐藤さんは昨年はパレスチナのガザで活動されており、帰国後エスペーロ能勢で報告会をしていただきました。今回はイラクに約半年行かれていました。イラクのモスルといえば過激派組織IS(イスラム国)に占領され、略奪や殺戮が繰り返された町です。2017年7月にモスルはISから奪還されましたが、町は破壊され難民となっている人々も多いと聞きます。

最近はニュースにも取り上げられることが少なくなったモスルは、今どうなっているのか。医療の実態はどうなのか。現地で半年間勤務した佐藤さんのお話を伺いたいと思います。ぜひ聴きに来てください。


   日時:2019年9月16日(月祝)
   場所:エスペーロ能勢
   参加費:大人1000円 高校生以下500円(1ドリンク付き)
       経費以外はMSFへの寄付となります。
   お申込み:エスペーロ能勢 ☏080-3764-7905 ✉info@espero-osaka.com

お申込みをお待ちしております。




前のページ ホームに戻る  次のページ